メインメニューを開く
京都競馬場のバス停にて待機する淀競馬場線のバス

淀競馬場線(よどけいばじょうせん)とは、JR山崎阪急西山天王山から京都競馬場を結ぶシャトルバス路線で、京阪バスが京都競馬場開催日・場外発売日に運行している。

目次

担当営業所編集

京阪バスの公式サイトでは枚方営業所の運賃表に掲載されており、枚方営業所の臨時路線にも見えるが、枚方営業所をはじめ、高槻営業所交野営業所香里団地営業所男山営業所山科営業所の車両が運用されている。特に男山営業所の車両は、管轄開始の頃の2007年から翌2008年までは旧・京阪宇治交通ツーステップバス車両が主に運用され、旧・京阪宇治交通車両が阪急京都線沿線やJR京都線沿線に乗り入れる運用が見られた。現在は京阪バスで購入した車両を中心に運行されている。

なお、男山営業所車両は2007年11月10日の男山管内改正より運用が開始されたものである。また旧・京阪宇治交通のツーステップバス車両は2008年末までに全てが置き換えられた。なお旧・京阪宇治交通のノンステップバスについては淀競馬場線で運用される事例は極めて少ない。

運行系統編集

2014年1月までは阪急京都線と京都競馬場を結ぶバスは水無瀬駅から発着していたが、2月1日より西山天王山駅発着に変更となった[1]

これとは別に、京都競馬場シンザンゲート(旧・一号入場門前)/ステーションゲート(旧・二号入場門前)と駐車場を結ぶシャトルバスも運行されている(現在は山科営業所と男山営業所が管轄)。

2009年より水無瀬系統で運用される車両に関しては大阪府の流入車規制の関係上、適合車及び経過措置対応車の車両が限定運用された。現在は西山天王山系統と山崎系統のいずれも大阪府に入らないため、この規制の適用がなされなくなったことにより、運用車両に制限はない[2]

かつては四条大宮発着便も運行されていた時期があったが、1990年代中頃以降は廃止されている。

運賃編集

  • JR山崎~京都競馬場は大人270円・小児140円、阪急西山天王山[3]~京都競馬場は大人210円・小児110円である。原則として乗車時に支払いとなる。
  • 運賃支払いには現金のほか、スルッとKANSAIカード・京阪グループ共通バスカードも利用できる。
  • 駐車場シャトルバスは無料である。

その他編集

  • 京阪淀駅バス停が近くにあるが淀競馬場線は通過する。このため同バス停を発着する男山営業所が運行している淀長岡京線や京都南部線、京都京阪バスが運行している宇治淀線京都市バスとは接続していない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2014.01.30 阪急沿線と京都競馬場をつなぐシャトルバスの運行区間変更のお知らせ (PDF) 阪急電鉄 (2014年1月30日) 2014年2月2日閲覧。
  2. ^ 山科営業所の一部車両に大阪府の乗入適合車ステッカー(青丸タイプ)や経過措置対応車ステッカー(緑丸タイプ)が貼られていたのはこのためである。
  3. ^ 2014年1月まで運行された阪急水無瀬駅からの運賃はJR山崎駅からの運賃と同額であった。

参考文献・出典編集

  • 京阪バス社史「輝く明日へ -70年のあゆみ-」1992年