淡水区(ダンシュイ/たんすい-く;台湾語:Tām-tsuí-khu)は台湾新北市市轄区。近代には清朝条約港として台湾を代表する港町でもあった。

新北市 淡水区
別称: 滬尾
淡水紅毛城.jpg
地理
Tairei-tansuitin.svg
座標: 北緯25度10分 東経121度26分 / 北緯25.167度 東経121.433度 / 25.167; 121.433
面積: 70.6565 km²
各種表記
繁体字: 淡水區
日本語読み: たんすい
拼音: Dànshuǐ
通用拼音: Dànshueǐ
注音符号: ㄉㄢˋ ㄕㄨㄟˇ
片仮名転写: ダンシュイ
台湾語: Tām-chúi
Tām-súi
客家語: Thâm-súi
行政
国: 中華民国の旗 中華民国
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 新北市
下位行政区画: 42里694鄰
淡水区長: 巫宗仁
公式サイト: 淡水区公所
情報
総人口: 162,441 人(2016年1月)
世帯数: 70,441 戸(2016年1月)
郵便番号: 251
市外局番: 02

地理編集

 
Tansui (AMS, 1944)

台湾島最北部、淡水河の河口北側に位置し、北は三芝区,南は關渡及び台北市北投区と接し、西は台湾海峡に面する。東は淡水河を隔てて八里区である。

風光明媚な土地として知られ台湾八景の一つに数えられ「東方のベニス」と称され、現在でも淡水河の落日は台北地区を代表する風景となっている。

行政区画編集

八勢里、大庄里、中和里、中興里、屯山里、文化里、水源里、水碓里、北投里、北新里、正徳里、民生里、民安里、民権里、永吉里、竹囲里、沙崙里、協元里、坪頂里、幸福里、忠山里、忠寮里、油車里、長庚里、竿蓁里、崁頂里、草東里、埤島里、清文里、新民里、新生里、新春里、新義里、新興里、義山里、福徳里、賢孝里、鄧公里、学府里、樹興里、興仁里、蕃薯里

歴史編集

もともと台湾原住民平埔族ケタガラン族が住み、その言葉でホオベエと称され、台湾語音の漢字で滬尾(Hōo-bé)あるいは虎尾(Hóo-bué)と書かれた。

1624年マニラからスペイン人が進出し、この地を占領してサン・ドミンゴ要塞を築いた。しかし1642年には台湾南部を占領するオランダ東インド会社がこれを駆逐し、要塞を再建した。サン・ドミンゴ要塞は後の紅毛城である。

1661年鄭成功がオランダ人を駆逐したが、1683年の鄭氏王朝滅亡後は清朝の領土となった。

1858年天津条約で淡水港の開港が定められたが、同条約が批准されなかったため、1860年の北京条約によって、条約港として開港された。紅毛城にはイギリス領事館が設置された。これ以降各国の商館が集まるようになり、淡水は19世紀後半には台湾最大の港湾として繁栄した。

しかし日本による統治時代(1895年~1945年)になると、河口に砂が堆積してしまい大型船が入りにくくなってしまった。このため台湾総督府は基隆港を建設、台北と基隆の間には鉄道も敷設され、港の繁栄は基隆に移り、以降は小さな漁村となった。

戦後、紅毛城など歴史的観光資源を多数持つ淡水は次第に観光地へと変貌していった。特に台北捷運淡水線の開通により淡水方面へのアクセスが劇的に向上した後は、台北市民が気軽に出かけられる観光地として栄えるようになった。2010年12月25日には台北県が新北市に改編されたことに伴い淡水区と改編され現在に至っている。

政治編集

行政編集

区長編集

歴代区長

対外関係編集

姉妹都市・提携都市編集

国外編集

交通編集

種別 路線名称 その他
台北捷運 淡水線 淡水駅 紅樹林駅 竹囲駅
新北捷運 淡海軽軌緑山線 紅樹林駅 竿蓁林駅 淡金鄧公駅 淡江大学駅 淡金北新駅 新市一路駅 淡水行政中心駅 浜海義山駅 浜海沙崙駅 淡海新市鎮駅 崁頂駅
航路 フェリー 淡水-八里

教育編集

区分 名称
大学 3 淡江大学
真理大学
聖約翰科技大学
台北海洋科技大学
高中 1 私立淡江高級中学
高職 1 国立淡水高級商工職業学校
国中 4 新北市立正徳国民中学
新北市立淡水国民中学
新北市立竹囲国民中学
賢孝国中
国小 13 新北市立淡水国民小学
新北市立文化国民小学
新北市立鄧公国民小学
新北市立新興国民小学
新北市立竹囲国民小学
新北市立天生国民小学
新北市立水源国民小学
新北市立興仁国民小学
新北市立屯山国民小学
新北市立坪頂国民小学
新北市立忠山国民小学
新北市立中泰国民小学
新北市立育英国民小学

観光編集

名所・旧跡編集

観光スポット編集

ギャラリー編集

関連項目編集

外部リンク編集