メインメニューを開く

淡海一家(おうみいっか[1])は、滋賀県大津市に本部を置く暴力団で、指定暴力団山口組の二次団体[2]

淡海一家
設立 2003年
設立者 高山義友希
本部 滋賀県大津市長等一丁目
首領 高山義友希
構成員数
(推定)
50〜60名
上部団体 Yamabishi.svg 山口組
Kodo-kai.png 弘道会(2003年 - 2009年)

目次

来歴編集

初代総長の高山義友希は会津小鉄会の会長であった高山登久太郎の実子[3]で、山口組弘道会に加入した2003年にこの淡海一家を設立[4]。2009年の2月に山口組の直系組織(二次団体)となった[5]

情勢編集

本部の所在地は滋賀県大津市長等一丁目[5]。高山義友希を総長とし、準構成員を含めた人員総数は50から60[6]名古屋弘道会との強い結び付きを有すると見られている[6]。総長の高山は2010年の暮れ頃に、その弘道会の会長たる髙山清司とともに恐喝容疑で逮捕されている[7]。捜査関係者によれば、弘道会は淡海一家を通じて京都への進出を図っていた[8]。これらの京都市の土木建築業者への恐喝事件などで2013年1月、総長の高山義友希は懲役10年の求刑を受けるに至っている[9]

高山義友希は、この間に腎臓病が悪化し、京都府立医科大学病院で生体腎移植を受けた。2015年6月に最高裁で上告が棄却されて懲役8年の実刑が確定したが、京都府立医科大学病院から健康状態に懸念があるとする診断書が出され、大阪高検は刑事訴訟法などの規定に基づき、刑の執行停止を決めて刑務所への収容を見送っていた。しかし、京都府警が高山元被告の身辺を改めて調べたところ、実際には服役が可能なほどの健康状態だったとの疑いが強まり、京都府警は、実際の容体とは異なる診断書が作成された疑いもあるとみて、京都府立医科大学附属病院などの家宅を強制捜査する一方、2017年2月14日には高山義友希総長自身が京都地方検察庁に出頭し収監された。

幹部陣編集

  • 総長:高山義友希(たかやまよしゆき[10]1957年[11]
    いわゆる渡世名は“髙山誠賢”[12]。本名“姜義幸”[13]京都会津小鉄会四代目会長・高山登久太郎の実子(長男[4])で、東海大学卒業後、地元の滋賀商銀へ入行[14]。父の威力を頼りに建設業や金融業を営んでいた[4]。やがて不動産事業を通して計画した石垣島でのリゾート開発が失敗したことで数百億円の借金をつくり、それが会津小鉄会内における父・登久太郎の権威の失墜を招き、結果、父を引退に追い込んでしまう[15]。そして1997年に父が引退すると地元有力関係筋との間で不和が多発するようになり、そこで意を決して2003年に弘道会へと加入、自ら淡海一家を設立[4]。弘道会では「舎弟頭補佐」の役を担った[11]
    高山は京都市の土木建築業者への恐喝事件などで2013年1月、懲役10年の求刑を受けるに至った[16]。一方、高山はこの間に腎臓病が悪化し、京都府立医科大学病院で生体腎移植を受けた。2015年6月に、最高裁で京都市の土木建築業者への恐喝事件の上告が棄却されて懲役8年の実刑が確定したが、京都府立医科大学病院から健康状態に懸念があるとする診断書が出され、大阪高等検察庁は刑事訴訟法などの規定に基づき、刑の執行停止を決めて刑務所への収容を見送っていた。しかし、京都府警が高山の身辺を改めて調べたところ、実際には服役が可能なほどの健康状態だったとの疑いが強まり,実際の容体とは異なる診断書が作成された疑いもあるとみて、京都府警は京都府立医科大学病院などの家宅を強制捜査する一方、2017年02月14日には高山自身が京都地方検察庁に出頭し収監された。
    提出された虚偽診断書類作成に関連して、京都府立医科大学の吉川敏一学長、吉村了勇病院長らとの不適切な関係が取りざたされている。

  • 若頭:上野隆
  • 若頭補佐:山田浩二[1]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 山口組淡海一家の幹部ら8人逮捕 滋賀県警』 2010年1月21日 産経新聞
  2. ^ 手配の山口組系総長を逮捕 500万恐喝容疑共同通信 2010年4月24日 47NEWS
  3. ^ 殲滅作戦(警察庁長官が大号令)で高まる山口組 内部抗争の危険性 溝口敦 2010年12月19日 現代ビジネス
  4. ^ a b c d 山口組No.2高山清司若頭逮捕の背景は、「京都利権」をめぐる壮絶な争い!伊藤博敏 2010年11月25日 現代ビジネス
  5. ^ a b 暴力団事務所撤去を 大津で住民ら総決起大会』 2010年5月24日 中日新聞
  6. ^ a b 山口組系組員ら8人逮捕 淡海一家、強盗致傷容疑で共同通信 2010年1月21日 47NEWS
  7. ^ 山口組ナンバー2の勾留を停止 病気理由の申し立て』 2011年7月20日 産経新聞
  8. ^ 山口組総本部を捜索 別の組長通じ恐喝か共同通信 2010年11月22日 47NEWS
  9. ^ 山口組系総長に懲役10年求刑 高山清司被告と恐喝共謀 京都』 2013年1月17日 MSN産経ニュース
  10. ^ 暴力団』 : “恐喝は割に合うのか?” (p.47) 溝口敦 2011年 新潮新書 ISBN 978-4-10-610434-3
  11. ^ a b 『実話時報 2012年3月号』 : “六代目山口組<大検証>「武」と「智」:六代目山口組「直系組長85人」:髙山誠賢” (特別付録) 2012年2月14日 竹書房
  12. ^ 『実話時報 2012年1月号』 : “待たれる正当な裁き:六代目山口組直参 髙山誠賢 淡海一家総長” (p.30) 2011年12月14日 竹書房
  13. ^ 『忘れかけたら初心にかえる』著者略歴
  14. ^ 暴力団』 : “恐喝は割に合うのか?” (p.48) 溝口敦 2011年 新潮新書 ISBN 978-4-10-610434-3
  15. ^ 『京都と闇社会 古都を支配する隠微な黒幕たち』 : “もう一つの「京都戦争」” (p.77) 一ノ宮美成+湯浅俊彦+グループ・K21 2012年 宝島社 ISBN 978-4-8002-0238-3 ― 初出は『関西に蠢くまだ懲りない面々』(1998年・かもがわ出版
  16. ^ 山口組系総長に懲役10年求刑 高山清司被告と恐喝共謀 京都』 2013年1月17日 MSN産経ニュース