メインメニューを開く

株式会社淡路屋(あわじや)は、兵庫県神戸市東灘区に本社を置く食品会社。

株式会社 淡路屋
AWAJIYA Co.,LTD
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
658-0025
兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3-6-18
本店所在地 650-0041
兵庫県神戸市中央区新港町8-2
(登記上の本店)
設立 1949年12月26日
業種 小売業
法人番号 3140001006021
事業内容 弁当の製造・販売
代表者 代表取締役社長:寺本督(てらもと ただし)
資本金 5千万円
売上高 36億4500万円(2014年12月)
関係する人物 寺本秀次郎(創業者)
外部リンク http://www.awajiya.co.jp/
テンプレートを表示

沿革編集

明治時代初期には、曾根崎新地料亭を営んでいた。屋号は「淡宇」[1]

1903年に、阪鶴鉄道の構内営業許可を取得して駅弁の販売を開始。拠点は、池田駅(現・川西池田駅)・生瀬駅などを転々とする。1911年には「鮎寿し」を開発[1]

第二次世界大戦敗戦後の食糧難期には、ふすま小麦の皮)を使った蒸しパンを使った弁当を考案する[1]。また、神戸駅の駅弁店が戦災のために廃業していたことから、同時期に当時の運輸省より神戸駅の駅弁店となることを要請され、それを受けて神戸駅へ移転。なお、登記上本店は神戸駅近くの中央区新港町8-2(新港貿易会館内)だが、実際の本社機能は東灘区魚崎南町3丁目6番18号にある[2]

1949年株式会社化。

山陰本線園部駅の駅弁業者も同じ「淡路屋」の屋号を名乗っているが、これは1910年にこの会社の支店として発足したもので、のち1924年に独立している。こちらも1958年に株式会社化している。かつては双方で「鮎寿司」を販売していたこともがあったが、2013年現在は全く別の駅弁を販売している。

営業内容編集

かつては六甲道駅三ノ宮駅元町駅明石駅など神戸市周辺の主要駅で駅弁を手広く販売していたが、これらの駅からは撤退し、2016年11月現在直営店があるのは神戸駅・新神戸駅西明石駅のみとなっている。また、新神戸駅に停車する下り列車の普通車指定席・グリーン車を利用する場合に限り、座席まで配達するというサービスが行われている。なお、以前は大阪市内の交通科学博物館においても駅弁販売や食堂運営を行っていたが、2014年4月の交通科学博物館の閉館に伴い館内での駅弁販売及び食堂運営は終了した。

主な商品編集

駅弁編集

 
蛸壺弁当 ひっぱりだこ飯
肉めし
1965年発売。サフラン炊き込みご飯に牛のもも肉のローストを載せたもの。
神戸ワイン弁当
ワインボトルをつけた弁当として有名になった。
あっちっちすき焼き弁当
全国で初めての加熱式駅弁として1988年に発売開始。日本の加熱式のすき焼き駅弁では唯一殺菌済みの生卵を使用しているのが特徴で、のちにこの弁当にならった加熱式駅弁が次々と販売されるようになった。
さばずし
さば押し寿司。限定生産品。
タンゴランチ
丹後地方の郷土料理を盛り合わせた幕の内弁当
神戸食館
神戸のイメージを盛り込んだ幕の内弁当。
ひっぱりだこ飯
蛸壺風の陶器の容器に蛸飯と穴子・季節の野菜を盛り付けたもの。1998年に明石海峡大橋の開通を記念して販売を開始。
主力商品の一つとされる。
新幹線車両をモチーフとした弁当
2016年11月現在、0系500系(TYPE EVA含む)・923形W7系の4種類が発売されている。これらはすべて、先頭車両をかたどった容器に入れられている。
W7系が走行する北陸新幹線沿線では淡路屋の駅弁は基本的に販売されていないが、W1編成が神戸市内(川崎重工業兵庫工場)で製造された縁もありラインナップされている。

駅弁以外の商品編集

イベントランチ
各種イベント向けの幕の内弁当。複数のグレード・メニューが用意されている。
お重弁当
慶弔に対応した弁当類で、一重のもの、複数のお重のものなど、各種のグレードが用意されている。
パーティセット・オードブル
パーティなどのための仕出し料理。
トワイライト特製2段重
大阪発のトワイライトエクスプレス車内でのみ、当日の19時まで数量限定で販売(事前予約も可能)。2014年5月1日販売開始、2015年3月12日販売終了。

丹波牛めし編集

備考編集

駅弁誕生説のひとつ、明治10年(1877年)神戸駅説については、淡路屋が主張しているもの。ただしこの明治10年神戸駅説に登場する駅弁は淡路屋のものではない。

出典編集

  1. ^ a b c 会社沿革”. 株式会社淡路屋. 2015年11月28日閲覧。
  2. ^ 会社概要”. 株式会社淡路屋. 2015年11月28日閲覧。

外部リンク編集