メインメニューを開く

淡輪 重政(たんのわ しげまさ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将豊臣氏の家臣。

 
淡輪重政
Tannowa Rokurobee bosho.jpg
淡輪六郎兵衛墓所
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 不明
死没 慶長20年4月29日1615年5月26日
別名 通称:六郎兵衛
墓所 大阪府泉佐野市南中樫井
主君 豊臣秀吉小西行長豊臣秀頼
氏族 淡輪氏
父母 父:淡輪隆重
兄弟 重利重政
小督局(豊臣秀次側室、お菊母)

略歴編集

淡輪氏和泉国淡輪荘の国人で本姓は橘氏。

水軍衆として活躍した淡輪徹斎(淡輪隆重/良重)の次男として誕生。

妹・小督局(お菊の母)は豊臣秀次の側室であったが、秀次は豊臣秀吉切腹を命じられ(秀次事件)、その際に小督局は三条河原で処刑され、淡輪家も連累して所領が没収された。次いで同郷の小西行長に仕えたが、関ヶ原の後に同家も改易されて浪人。

慶長19年(1614年)から始まる大坂冬の陣では、兄・重利が浅野家に仕えていた一方で、重政は旧領回復を目指して豊臣方に属した。翌年の大阪夏の陣では大野治長に従い、紀州攻めの一員として加わったが、樫井の戦いで徳川方の浅野長晟軍と戦って討死し、永田治兵衛に首を取られた。

出典編集