メインメニューを開く

淮海省(わいかい-しょう)は汪兆銘政権に存在した。日本軍による占領後に設置された華北政務委員会管轄下の特別区をその前身とし、後に蘇淮特別区に改編され、1944年民国33年)に淮海省に改編された。この項目ではこれらの一連の行政区画について述べる。

汪兆銘政権 淮海省
1944年 - 1945年
簡称:



簡体字 淮海
繁体字 淮海
拼音 Huáihăi
カタカナ転記 フアイハイ
国家 汪兆銘政権
行政級別
政府所在地 徐州市
成立 1944年
消滅 1945年 
面積
- 総面積 km²
人口

目次

沿革編集

1938年(民国27年)、徐州が日本軍により占領されると蘇北及び皖東地区は日本軍及びその影響を強く受けた華北政務委員会による統治が行われた。

1940年(民国29年)に汪兆銘政権が成立すると蘇北行政専員の管轄とされたが、実質的には日本の軍政下におかれ、1942年(民国31年)1月に行政権が汪兆銘政権に移管されている。汪兆銘政権は1月15日に国民党中央政治委員会第78次会議で蘇淮特別区行政公署の設置を決定、公署を徐州市に設置、24日には『蘇淮特別区行政公署暫行組織条例』を発布、29日に郝鵬を行政長官に任命した[1]

1943年(民国32年)10月5日、行政院第181次会議で第1から第6行政督察区の設置が決定し行政組織の整備が進められ、1944年1月3日に中央政治委員会第131次会議により淮海省への改編が決定され、行政督察区は専員に改編された[2]

編集

  1. ^ なお、劉寿林ほか編『民国職官年表』、1107頁によると、1942年2月19日に、中央政治委員会において、蘇北行政専員公署を蘇淮特別区行政公署に改める決議がなされた、としている。また、郝鵬の行政長官任命を、1月27日としている。
  2. ^ 劉寿林ほか編同上、1107-1108頁によれば、淮海省省長として郝鵬挙が1944年1月15日に任命され、同月22日に淮海省政府は正式に徐州に成立したとしている。また、蘇淮特別区行政公署は、同年2月1日に正式に廃止されたとしている。

行政区画編集

汪兆銘政権崩壊直前の下部行政区画は下記の通り。

歴代行政長官・省長編集

蘇淮特別区行政長官編集

  • 郝鵬:1942年1月27日 - 1943年9月2日
  • 郝鵬挙:1943年9月2日 - 1944年1月15日

淮海省省長編集

  • 郝鵬挙:1944年1月15日 - 1945年8月〔廃止〕

関連項目編集

参考文献編集

  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1