深きものども(ふかきものども、英語:Deep Onesディープ・ワンズ)とは、クトゥルフ神話作品に登場する架空の生物である。

概要編集

ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説『インスマスの影(The Shadow Over Innsmouth)』で初登場したが、先行作品『ダゴン』において存在が暗示されて来た半人半魚の生物、亜人である。ほぼ人型で脚を持って二足歩行が出来、があり海中や海底都市で生活している。知能も人間と同程度で、人間と交配もできる。混血した個体は、成長によって姿が変化する不完全変態を行う。

英語ではDeep ones(深きものども)と、複数形が種族名となるが、本項では以下「深き者」と表記する。

作中の描写編集

主に『インスマスの影』の描写から解説する。

ゾス星系から地球に飛来した旧支配者クトゥルフの眷属(奉仕種族)。彼らの長である父なるダゴンと母なるヒュドラと海底に沈んだ古代都市ルルイエに封印されたクトゥルフに奉仕するために活動する。彼らは、主に海底で生活している。その理由は、あらゆる水棲動物の支配者、大いなるクトゥルフを崇拝すると同時に彼に仕え、必要とあらば、どんな用向きにもすぐに応じるためである。この信仰は、「ダゴン秘密教団」と言われ組織化されている。

生物的特徴編集

まず、ほぼ人間と同じ体型をしている。人間との差異として表情は、ほとんど変化せず、眼窩から大きく隆起した眼球のためが下がらず、まばたきできない。多くは、二足歩行が可能だが、四つん這いでなければ歩行できない個体もいる。歩き方は、ガニ股で身体を左右に振り、頭を上下させ、カエルのようにピョコピョコと跳ねるように行う。頭部や顔の様子は、魚かカエル、主に水棲生物に似た姿である。鼻や耳は、低く広がり目立たない。頭髪はない。肌は、鮫肌のようにザラザラ、ゴワゴワした状態になり、カサブタのような質感になる。肌の色は、薄灰色、青白い色、薄い緑色、暗緑色などである。特に腹部は、魚やカエルをモチーフとし、白くぬめぬめと光沢があって輝いている。対する背中には、魚鱗があり背鰭がある。臀部・尾骨辺りから魚の尾びれサンショウウオのような尻尾が生えている個体もいる。首には、肉の垂れ下がったシワのような状態が出来、肩とアゴの間が完全に埋まって、この間に鰓がある。手足の指の間には、水かきのようなものがある。唸るような鳴き声で会話する。老化で死ぬ事が無く、暴力的手段、外的要因でしか命を落とす事がない。

これらの醜い容姿、歩き方、話し方により近隣の住民からは、酷く嫌われており彼らの住むインスマスに近寄るものは、殆どいないとされる。ただしインスマスでも昼間から深き者が歩き回っている訳ではなく、あくまで彼らも深き者に変化していく途中の住民たちである。

なおラヴクラフトは、性的な言及を避ける傾向にある為、外性器および性行為の様子に関しては、不明である[1]。また黒人[2]、黄色人種と混血した深き者も『インスマスの影』で言及されない為、明らかになっていない。

次に人間と深き者が交配して生まれる混血の個体は、生まれてから一定の期間は、全く人間と同じ姿で成長する。ただしある程度、親の形質をはじめから表している個体もいるようである。その後、同族との接触あるいは、過度のストレスなどによって「インスマス面」と呼ばれる深きもの特有の顔に近づいて行く。ただし、この速度や変化の現れる順番は、個体差が大きく一概に断言できない。また『インスマスの影』でも深き者としての形質を表すことなく人間と同じように老衰によって死亡する個体も描写された為、外部からの刺激が必要不可欠な要素であることは、断定できる。

隔世遺伝のような現象を起こす個体もおり、親が深き者に変化していない場合でも当人は、深き者になる場合がある。ここから一度、深き者と混血した人間の子孫は、上記の条件により変態が発生する可能性から逃れ得ないと推察できる。

深き者の長ダゴンは、深き者の太古から生きる長老あるいは、全く別の生物とされている。これは、深き者が人間と同じ大きさであるのに対し、ダゴンが数十mは、下らない巨体だからである。もし経年により巨大化するのであれば、大型個体が他にも登場しなければならないと指摘されている。またダゴンは、深き者と違い、マーメイドのように下半身が魚になっているとも言われる。

ただし、クトゥルフ神話の設定は、作家の自由に委ねられており、ダゴンと深き者の関係性も絶対とするものはない。

活動・社会編集

クトゥルフを神と戴いて崇拝・奉仕し、また種族の長老でありほぼ神にもなっている父なるダゴンと母なるヒュドラに仕える。

地上では衣類や帽子などを身に着ける。家族・親族とは親しくし、愛情を抱いている様子が描写されている。さらに全く混血していない人間とお互いに尊重し合って同じ場所で生活している様子もある。例えばカナカイ人の酋長ワラキーは混血ではなかったが深きものどもを隣人として生活していた。

人間と契約し、生贄と引換に、黄金や豊漁を与える。人間と交配することによって地上侵略を目論んでいる。また敵対者を暴力で排除することが、『インスマスの影』や『永劫の探究』などでたびたび描写されている。

海底都市イハ=ントレイ編集

イハ=ントレイ」(Y'ha-nthlei)ないし「イハ=ンスレイ」は、ラヴクラフトによって著された唯一の深き者の海底都市である。この都市は、港町インスマスの海岸から約1マイル半(約2.4km)沖にある悪魔の岩礁の下に位置する。1927年にアメリカ海軍の爆発物によって破壊されたとされている。

この名前は、ラヴクラフトがダンセイニのキャラクター「Yoharneth-Lahai」からアイディアを得たとも言われる。

他の作者は、北大西洋上のトゥーレ(Thule 、アイスランドの火山島スルツェイ)とアルビオン(Albion 、コンウォール海岸)沖の中間に「G'll-Hoo」と「Ahu-Y'hloa」を設定した。この位置は、ラヴクラフトと違い伝説の地名を結んだ場所が基準になっている。

アンダース・ファーガー(Anders Fager)は、ストックホルム沖の岩礁の中に「Ya'Dich-Gho」を設定した。1982年

編集

ラヴクラフトの初期設定の頃から、混血による地上侵略を妨げようとする者は敵となる。後にクトゥルフ神話大系が成立して以降は、クトゥルフ復活を妨げる者も敵となる。主クトゥルフとハスターの対立から、陣営同士の対立もある(四大霊の水に属し、風と敵対するとも)。

生物として、海から離れることを嫌う。炎で焼き殺されることも多い。また「旧神の護り石」のパワーを嫌い、接触を避けようとする。

解説編集

ラヴクラフトは、『インスマスの影』で深き者の血を引く主人公が偶然にインスマスを訪れ、はじめ嫌悪感を抱きながらも物語の最後では、喜んで同族のもとに向かう決心をする姿を描いた。ここから逆の選民意識、嫌悪する対象と自分たちが同一であるカタストロフィを描いた。

ロバート・プライスは、『ダーレスが使った魚類人と両生類人という単語 by カーミット・マーシュ3世(Derleth's Use of the Words "Ichthic" and "Batrachian" by Kermit Marsh III)』で、もしラヴクラフトが「Deep ones」をフラッシュゴードンの「hawk-men」、「clay-men」のような名前を付けていたら、ここまでイメージが膨らまなかったと主張している。ラヴクラフトは、深き者を魚人、カエル人と書かず「the blasphemous fish-frogs(冒涜的な魚蛙)」などの表現もしているが分厚い唇、広がった顔、歩き方や身振りなど映像や臭いの描写に頼った。逆にダーレスが「Ichthic(魚類人)」や「Batrachian(両生類人)」という表現をしたことに対して「ダーレスは、インスマスの影を読んでないのでは?」と書いている。

またプライスは、『The Innsmouth Cycle』でダゴンとクトゥルフが実際には、同一の存在ではないかと考えたと書いている。

関連編集

マルケサス諸島でお守りとして身につけられているティキの偶像は、両生類の頭部を持った人間の姿をしている。またニュージーランドマオリ族が使用する彫刻入りの天井石等も物語の中では、これは深きものどもをかたどったものとして登場する。さらにダーレスの小説『永劫の探求』では、登場人物アンドルー・フェランが深き者を見てジョン・テニエルが『不思議の国のアリス』で描いた挿絵を思い浮かべたとしている。

登場作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 子供の頃に解剖の本でショックを受けたと語っていたり周囲の友人と話題を避けていた
  2. ^ 黒人に対する偏見がラブクラフトは強かった

関連項目編集