深作 光貞(ふかさく みつさだ、1925年9月27日 - 1991年10月24日)は、日本の文化人類学者評論家歌人

京都大学文学部仏文科卒、東京大学大学院で石田英一郎文化人類学を学ぶ。パリ留学、東南アジアでのフィールドワークの後、ワシントン州立大学客員教授、京都精華短期大学教授、学長、京都精華大学教授、奈良女子大学教授などを歴任した。カンボジア地域研究を専門とした。

歌人でもあり、初期には短歌評論も書いた。プロレタリア短歌の雑誌「人民短歌」などに作品を発表。中井英夫と組んで伝説的な歌誌「ジュルナール律」の編集兼発行人となり、村木道彦を世に出すなどの功績を残した。自ら資金を提供して寺山修司塚本邦雄菱川善夫などに執筆の場を与え、前衛短歌のフィクサーとして活動した。また、岡井隆を京都精華大学教授に招いた。

著書編集

  • アンコール・ワット角川文庫 1965
  • 『メキシコのすべて』角川文庫 1967
  • 『新宿考現学』角川書店 1968
  • 『日本文化および日本人論 猿マネと毛づくろいの生態学』三一書房 1971
  • 『反文明の世界 現代カンボジャ考』三一書房 1971
  • 『呪術のすすめ』読売新聞社 1973
  • 『海上の道他界への道 与那国沖縄からマダガスカルまで』世界思想社 1975
  • 『日本人の笑い』玉川大学出版部・玉川選書 1977
  • 『ミイラ文化誌』朝日選書 1977
  • 『伝統のこころと視点』伝統的工芸品産業振興協会 1982
  • 『「衣」の文化人類学 「下半身の装い」に探る人間の本性と変身への願望』PHP研究所 1983 21世紀図書館

共著編集

  • 『コアレス世代 現代っ子の生活心理』斎藤光共著 創拓社 1980
  • 『続・「衣」の文化人類学』相川佳予子共著 PHP研究所 1983 21世紀図書館

参考編集

  • 『衣の文化人類学』著者紹介