メインメニューを開く

深尾 隆太郎(ふかお りゅうたろう、1877年(明治10年)1月9日 - 1948年(昭和23年)4月17日)は、日本実業家貴族院議員大阪商船副社長、南洋拓殖社長、日本サッカー協会会長などを歴任し、2005年に第1回日本サッカー殿堂入り。

履歴編集

現在の高知県佐川町近辺に1万石を領し、土佐藩筆頭家老であった、佐川深尾家の第13代当主。佐川領主10代深尾重先は祖父[1]大阪市天王寺出身。

東京府尋常中学校を経て、1899年高等商業学校(現・一橋大学)を卒業する。同年に大阪商船に入社し、本社近海課長東京支店長等を歴任。1912年朝鮮郵船取締役。1917年海外興業取締役。1920年に大阪商船専務取締役、1923年に大阪商船副社長に就任[1][2]。1929年副社長を退任し、高等商業1年後輩の村田省蔵(のちに逓信大臣等)と代わった[3]。同年日清汽船社長に就く。さらに1936年南洋拓殖社長、1937年南洋アルミニウム鉱業会長[2]。東洋電化工業会長、阪堺電鉄相談役も務める。

1925年に男爵を襲爵し、1928年に貴族院議員に選任され[2]、1928年金杯一個[4]。1930年正五位。1934年勲四等旭日小綬章[2]。1937年勲三等瑞宝章。1940年勲三等旭日中綬章[4]大日本体育協会理事、議院制度調査会委員[2]内閣調査会参与、海軍協会理事、電信協会理事などを歴任した。1946年5月8日、貴族院議員を辞職[5]公職追放となった[6]

1935年から第2代日本サッカー協会会長を務め、1936年ベルリンオリンピック参加のための資金集めなどに尽力し、第二次世界大戦が終結した1945年に辞任した[2]。2005年第1回日本サッカー殿堂入り[4]

親族編集

佐川領主10代深尾重先は祖父。父深尾需の代に分家となったが、従兄深尾重孝男爵に嗣子がなかったことから、宗家を継いだ。母まきは深尾蕃條長女[1]。長男深尾重光、次男深尾重正ともに第五高等学校サッカー選手[2]。妻浪江は岸田幸雄参議院議員の姉。長女富子は弘前大学教授を務めた農学者田町以信男の妻[1]。哲学者の小島威彦明星大学名誉教授も娘婿。妹壽ゑは川添玄平二男川添清麿に嫁いだ。清磨の養子に後藤象二郎孫の川添浩史がおり、子は音楽プロデューサー川添象郎[7][8]

脚注編集

  1. ^ a b c d 「深尾隆太郞 (男性)」人事興信録データベース第4版 [大正4(1915)年1月](名古屋大学大学院法学研究科
  2. ^ a b c d e f g 「華族で貴族院議員。ベルリン五輪へ代表を送り成果を挙げた、第2代JFA会長 深尾隆太郎」月刊グラン2008年6月号 No.171
  3. ^ 大阪商船(株)『大阪商船株式会社五十年史』(1934.06)渋沢社史データベース
  4. ^ a b c 日本サッカー殿堂公益財団法人 日本サッカー協会(JFA)
  5. ^ 『官報』第5803号、昭和21年5月22日。
  6. ^ 公職追放の該当事項は「南洋拓殖社長」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、63頁。NDLJP:1276156 
  7. ^ 深尾隆太郞 (男性)人事興信録データベース第4版 [大正4(1915)年1月](名古屋大学大学院法学研究科)
  8. ^ 「川添家(キャンティ)」

参考文献編集

  • 『良い国良い人(東京に於ける土佐人)』沢翠峰、尾崎吸江共著、青山書院、1917年(大正6年)
  • 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970年

外部リンク編集


日本の爵位
先代:
深尾重孝
男爵
深尾家第2代
1925年 - 1946年
次代:
深尾重光
ビジネス
先代:
森弁治郎
日清汽船社長
1926年 - 1936年
次代:
堀新