メインメニューを開く

深川検車区行徳分室

深川検車区行徳分室(ふかがわけんしゃくぎょうとくぶんしつ)とは東京地下鉄車両基地である。2009年(平成21年)度に行徳検車区から深川検車区に組織統合され、深川検車区行徳分室となった[1]

1969年に下妙典留置線として完成、1981年に行徳検車区として業務を開始した。そして、2009年度には深川検車区行徳分室となった。主な業務は、東西線用車両の列車検査と営業線対応である。

深川検車区行徳分室
入庫する列車。左端に見える高架の軌道は後に増設されたもの。

敷地面積:59,860m2 車両留置能力:130両 

入出庫線は当初2本で、本線のB線の下をくぐって妙典駅(旧・下妙典信号所)の中線に至る構造だったが、後に本線B線をアンダークロスせずに妙典駅に至る線が1本増設された。

廃車車両の解体は当検車区内で行われている。

目次

沿革編集

  • 1969年昭和44年)3月 - 下妙典留置線完成。
  • 1981年(昭和56年)8月1日 - 行徳検車区発足。
  • 1997年平成9年)3月 - 深川検車区に車輪転削業務を移管。
  • 2002年(平成14年)6月 - 深川検車区に車両清掃を移管。
  • 2009年(平成21年)度 - 深川検車区に組織統合され、深川検車区行徳分室となる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東京地下鉄「東京メトロハンドブック2009」参照。

所属車両編集

なし

関連項目編集