深水 藍(ふかみ あい)は、2000年にナムコ(後のバンダイナムコゲームス)から発売されたゲームソフト『リッジレーサーV』のイメージガール(イメージキャラクター)である。

概要編集

コンピュータグラフィックスで作成された『リッジレーサーV』のイメージキャラクターで、『リッジレーサー』シリーズ作品のイメージキャラクターとしてオープニングムービーなどに登場していた永瀬麗子に代わり起用された。キャラクターデザインは松尾行恵。『リッジレーサーV』はPlayStation 2ローンチタイトルとして発売され、新たな試みとしてゲーム本体とムービーのシステムの区分けが無く、深水の登場シーンはリアルタイムで処理されている[1]。なお、永瀬と異なり深水が登場するゲームソフトは『リッジレーサーV』のみであり、以降の作品のイメージキャラクターには再び永瀬が起用されている。

当時ナムコでは、深水の活動をゲーム外へも広げることを考えており[1]、2000年6月にはトヨタが販売するカーナビゲーションのための雑誌等の広告に使用する宣伝キャラクターに採用された[2][3]。広告宣伝キャラクターの活動に際しては、深水はバーチャルアイドルと紹介されている[2]

プロフィール編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「夢を生み出す力-深水藍が誕生するまで」『CG i Cupid』第1号、ユニークデジタル、2000年3月、 46-49頁。
  2. ^ a b “トヨタ、バーチャルアイドル「深水藍」を広告に”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 19. (2000年6月5日) 
  3. ^ ナムコのPS2ソフト「リッジレーサーV」のバーチャルイメージガール「深水 藍」、他企業広告に初進出” (日本語). ナムコ (2000年5月31日). 2008年3月16日閲覧。[リンク切れ]

関連項目編集

外部リンク編集