メインメニューを開く

深沢 一夫(ふかざわ かずお、1933年 - )は、日本シナリオ作家作家横浜市生まれ。中学を2年で中退。くつ屋店員、人形劇団員などをへて、『週刊朝日ミュージカル脚本募集に「アイヌ恋歌」が入選し、作家生活に入る。高畑勲の『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968)、『母をたずねて三千里』(1976)などのシナリオで知られる。横浜で「深沢一夫演劇教室」を開く。別名・原和男[要出典]

目次

著書編集

  • 『この壁をつきぬける ドキュメント・日本の労働災害』東邦出版社 1975
  • 藤木生存権訴訟 11年の歩みと戦後民主主義』汐文社 1979 同時代叢書
  • はだしのゲン 児童文学版』中沢啓治原作 汐文社 1980
  • 『遺品は語る』森下一徹写真 汐文社、1982
  • 『太陽の王子ホルスの大冒険 名作シナリオ』朝日ソノラマ 1982 アニメ文庫
  • 『今死をみつめる子らの周辺』汐文社 1983 同時代叢書
  • 『きい君今年もがんばったね』1983 汐文社・ジュニアノンフィクション
  • 『ミチコとクミ ヒロシマの二人』1986 汐文社ノンフィクションライブラリー

テレビドラマ編集

  • 春楡の上に太陽 人形劇、NHK 1959 
  • 判決 NET 1962-66  
  • ある勇気の記録 NET 1967
  • われら弁護士 日本テレビ 1968 

参考編集

  • 『藤木生存権訴訟』著者略歴 

外部リンク編集