深沢恵雄

深沢 恵雄(ふかざわ よしお、1955年5月30日 - )は、山梨県南巨摩郡中富町(現:身延町)出身の元プロ野球選手投手)。

深沢 恵雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県南巨摩郡中富町(現:身延町
生年月日 (1955-05-30) 1955年5月30日(62歳)
身長
体重
175 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1975年 ドラフト5位
初出場 1977年4月17日
最終出場 1988年5月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

峡南高校2年生時の1972年には、主戦投手として夏の甲子園予選西関東大会決勝に進出。熊谷商の鎗田英男投手(法大日本石油)と投げ合う。鎗田は頭部への死球で3回退場、試合は接戦の末2-1で峡南が競り勝ち、甲子園への出場を決める。甲子園では1回戦で、岡村隆則外野手のいた柳井高に0-3で敗退した。柳井高はこの大会で準優勝。翌年もエースとして活躍するが、甲子園には届かなかった。

高校卒業後は日本楽器に入社。1974年都市対抗では2試合に先発するが、両試合ともKOされ結果を残せなかった。翌1975年河合楽器の補強選手として都市対抗に出場。1回戦で電電東海を完封し注目される。同年11月、ドラフト5位で阪神タイガースに指名され、翌1976年都市対抗出場後に入団。

阪神では主に中継ぎとして起用されるが目立った成績は残せなかった。1981年シーズン途中、福間納との交換トレードでロッテオリオンズに移籍。ロッテでは1982年から先発陣の一角を占め、その能力を発揮することとなる。1983年にはチーム1位の12勝、1984年には15勝を記録。1985年には低迷し規定投球回にも届かなかったが、翌1986年には復活し10勝をあげる。仁科時成投手と共にアンダースローの二本柱として1980年代のチームを支えた。1988年限りで現役引退。

四死球が多いという弱点はあったが、アンダースローからのスライダーカーブシュートシンカーなど、多彩な変化球を武器に活躍した。

現役引退後は、横浜市の弁天通りにてパブ「いまいち」を経営している。2016年学生野球資格回復研修を受講した上で、翌2017年2月7日に日本学生野球協会より学生野球資格回復の適性認定を受けたことにより、学生野球選手への指導が可能となる[1]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1977 阪神 13 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 101 20.0 21 3 15 0 5 11 0 0 20 17 7.65 1.80
1978 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 51 10.1 19 0 4 0 1 3 0 0 8 8 6.97 2.23
1979 24 1 0 0 0 0 1 1 -- .000 129 29.0 28 1 14 2 4 24 2 0 13 12 3.72 1.45
1980 23 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 149 35.0 34 3 10 0 2 22 2 0 18 16 4.11 1.26
1981 ロッテ 12 1 0 0 0 0 1 1 -- .000 99 20.1 20 3 18 0 4 11 0 0 14 11 4.87 1.87
1982 27 21 11 0 0 9 11 0 -- .450 667 152.0 146 16 75 1 18 97 0 0 85 82 4.86 1.46
1983 27 22 5 1 0 12 8 0 -- .600 703 155.0 149 19 99 6 12 82 0 0 82 78 4.53 1.60
1984 29 29 16 2 0 15 8 0 -- .652 898 212.0 175 31 95 1 17 103 1 1 94 88 3.74 1.27
1985 15 14 3 0 0 2 6 0 -- .250 340 71.0 90 22 35 0 9 31 1 0 56 48 6.08 1.76
1986 24 22 6 3 0 10 8 0 -- .556 575 135.0 132 26 53 0 10 70 1 1 76 74 4.93 1.37
1987 12 10 2 0 0 2 6 0 -- .250 216 46.1 53 11 22 0 4 34 1 0 37 32 6.22 1.62
1988 2 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 32 6.0 9 0 5 0 0 6 0 0 7 7 10.50 2.33
通算:12年 217 124 43 6 0 51 53 2 -- .490 3960 892.0 876 135 445 10 86 494 8 2 510 473 4.77 1.48

記録編集

  • 初登板:1977年4月17日、対広島東洋カープ4回戦(広島市民球場)、4回裏より3番手で救援登板、1回1失点
  • 初先発:1977年4月24日、対ヤクルトスワローズ5回戦(阪神甲子園球場)、1回1/3を3失点(自責点2)で敗戦投手
  • 初奪三振:同上、1回表に永尾泰憲から
  • 初セーブ:1979年8月1日、対ヤクルトスワローズ17回戦(阪神甲子園球場)、7回表に2番手で救援登板・完了、3回無失点
  • 初勝利:1980年4月28日、対ヤクルトスワローズ3回戦(明治神宮野球場)、8回裏に4番手で救援登板、1回無失点
  • 初先発勝利・初完投勝利:1982年5月12日、対西武ライオンズ前期6回戦(川崎球場)、9回2失点(自責点1)
  • 初完封勝利:1983年9月2日、対近鉄バファローズ21回戦(川崎球場)、5回1/3を無失点(6回表1死雨天コールド)
  • オールスターゲーム選出:1回 (1984年)
  • 初登板で対戦した第1打者に被本塁打:上記「初記録」の「初登板」の項を参照 ※セ・リーグ10人目

背番号編集

  • 12 (1977年 - 1981年途中)
  • 17 (1981年途中 - 1988年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 元ヤクルト宮本慎也氏ら132人が学生野球資格回復 - 大学・社会人”. 日刊スポーツ (2017年2月8日). 2017年2月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集