深田恭子

日本の女優、歌手

深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日[2][3] - )は、日本女優。かつては歌手としても活動していた。本名同じ。愛称は、深キョン(ふかキョン。表記揺れフカキョン)、きょーこりん表記揺れ恭子りん[4]

ふかだ きょうこ
深田 恭子
深田 恭子
2007年の「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」ジャパンプレミアにて
本名 深田 恭子[1]
生年月日 (1982-11-02) 1982年11月2日(38歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都北区
身長 163 cm[2]
血液型 O型[2]
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1996年 -
事務所 ホリプロ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
神様、もう少しだけ
to Heart 〜恋して死にたい〜
ストロベリー・オンザ・ショートケーキ
ファイティングガール
南くんの恋人
富豪刑事』シリーズ
天地人
平清盛
セカンドバージン』シリーズ
専業主婦探偵〜私はシャドウ
ダメな私に恋してください
初めて恋をした日に読む話
ルパンの娘』シリーズ
映画
リング2
死者の学園祭
下妻物語
ヤッターマン
空飛ぶタイヤ
こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜
ルームメイト
超高速!参勤交代』シリーズ
 
受賞
日本アカデミー賞
優秀主演女優賞
2004年下妻物語
優秀助演女優賞
2018年空飛ぶタイヤ
新人俳優賞
2001年死者の学園祭
ブルーリボン賞
助演女優賞
2008年『ヤッターマン
その他の賞
受賞歴参照
テンプレートを表示

東京都北区出身[3][5]ホリプロ所属。

来歴

1996年、中学2年生の時に歌手・華原朋美に憧れ、第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRLオーディション」で2万人近い応募者の中からグランプリを受賞し[1][6]、芸能界入り。1997年、ドラマ『海峡』で女優デビュー[3][注 1]

1998年、スカウトキャラバンの出身者を中心に結成されたアイドルユニットHiP」に参加(翌年夏の「HiP」卒業までラジオ番組やイベントなどに出演)。同年夏に放送された、金城武主演ドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ)でHIVに感染する女子高生を演じ、一躍脚光を浴びた[3][7]

1999年、『鬼の棲家』(フジテレビ)でドラマ初主演[3]。同年5月[8]、レコード会社11社の争奪戦の末、ポニーキャニオンから[9]最後の果実」をリリースし、歌手デビュー[8]。その後11月にはピアニストとしてミニ・アルバム『Dear…』を発表[8]

2000年赤川次郎原作の『死者の学園祭』で映画初主演[3]。主題歌「How?」を歌う。

2001年、同級生の加藤あい上良早紀らとともに堀越高等学校を卒業[10]

2003年、日本の女優として初めて[11]「2003春夏パリ・オートクチュールコレクション」に出演し、デザイナー桂由美のコーナーの最後で着物風のドレスを着て舞台に立ち、モデルを経験[12]

2004年、映画『下妻物語』においてロリータ少女・桃子役を演じ、第59回毎日映画コンクール主演女優賞を最年少受賞となったほか複数の賞を受賞[7]

2005年、主演した筒井康隆原作のドラマ『富豪刑事』(朝日放送)神戸美和子役が当たり役となる[13]。また、10月より『新堂本兄弟』(フジテレビ)で初のバラエティ番組レギュラー出演[14]

2009年、大河ドラマ天地人』(NHK)に役で出演[7]。初めての大河ドラマ出演となる[15]

2010年4月公開の映画『アリス・イン・ワンダーランド』のアン・ハサウェイが演じる白の女王の声の日本語吹替[16]、2011年公開の映画『豆富小僧』でアニメ声優[17]にそれぞれ初挑戦する。

2012年大河ドラマ平清盛』(NHK)で自身初となるヒロイン・平時子役で出演[7]

2015年8月、『100万回生きたねこ』で舞台に初挑戦[18]

2021年5月26日、医師から適応障害と診断され治療に専念するため活動を休止することが発表された[19]。前年春ごろから体調を崩しがちになったといい、今月に入って医師から「適応障害」と診断されたという。同社は「これにより当面の間、治療を優先し、お仕事をお休みさせていただきます」とした。また今回の休養によって、7月期に出演予定だったフジテレビ系連続ドラマ『推しの王子様』も降板となった[20]

2021年9月2日、適応障害による休養を終え、活動を再開することを自身のインスタグラムで報告した[21]。 

人物

6歳年下の妹がおり[22]、甥もいる[23][24]

2歳から始めた水泳が「前世はイルカ[25](だったかも)」と言う程に大好き。その水泳好き・プール好きな所から公式ファンクラブの名称は自身で「pool」と命名。ドラマ『華麗なるスパイ』、『神様、もう少しだけ』のタイトルバックや「ロッテ・ミントブルー」「キリン氷結ZERO」のCMでも実際に本人が泳いでいる映像が使用されている。また、30を過ぎてから趣味でサーフィンもやっている[26]

4歳からピアノを始め[14]、作曲も行う。1999年リリースのピアノアルバム『Dear…』に収録されているタイトル曲と「Into The Light」は自作曲[27]。初バラエティ番組レギュラーとなった『新堂本兄弟』でも、堂本ブラザーズバンドの一員としてピアノを担当している[14]

「前々世はマリー・アントワネット」[25]と自負するほどフランス王妃マリー・アントワネットに憧れていて、2002年にはフジテレビ系特番『深田恭子が行く! 王子様探しの旅・私をベルサイユに連れてって』でフランス行きも果たす[28]

インスタグラムもしており、開始して1か月もしないうちにフォロワー100万人を突破した[29]

2021年7月に行われ、300人が投票に参加した「色気がすごい女優ランキング」では、吉高由里子や井川遥らを凌ぎ2位を獲得した[30]

受賞歴

出演

テレビドラマ

映画

舞台

音楽番組

  • ありがとう尾崎豊 リクエストで甦る永遠の詩(1998年4月、NHK BS2) - 司会アシスタント
  • 新堂本兄弟(2005年10月 - 2011年3月、フジテレビ)[14]
  • 第60回NHK紅白歌合戦(2009年12月31日、NHK、ゲスト審査員)

ドキュメンタリー

  • スーパープレミアム「日仏友好160年 とことんフランス!魅惑の5時間SP」(2018年9月15日、NHK BSプレミアム) - メインパーソナリティー[65]
  • とことんフランス!深田恭子のジャポニスム2018(2018年9月24日、NHK総合)[66]

バラエティ番組

ラジオ番組

ゲームソフト

テレビアニメ

劇場アニメ

吹き替え

CM

音声ガイド

作品

シングル

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 備考
1st 1999年5月19日 最後の果実 CD PCCA-01338
CCA-01339
限定盤にはボーナストラック、通常盤には表題曲のインストを収録。
2nd 1999年9月1日 イージーライダー CD PCCA-01355 角川文庫'99夏の名作150 CMソング。
3rd 2000年2月2日 煌めきの瞬間 CD PCCA-01406 ドラマ『イマジン』主題歌。
4th 2000年7月19日 How? CD PCCA-01451
PCCA-01451
映画『死者の学園祭』主題歌。
5th 2001年6月6日 スイミング CD PCCA-80004 コーセーファシオCMソング。
6th 2001年10月3日 キミノヒトミニコイシテル CD PCCA-80006 コーセーファシオCMソング。
7th 2002年5月22日 ルート246 CD+DVD
CD
PCCA-01686
PCCA-70005
「深田恭子&The Two Tones (ザ・ツートーンズ)」名義[98]。プロデュースは小西康陽。コーセーファシオCMソング。
初回限定盤はMV収録のDVD付き。

アルバム

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 備考
ミニアルバム
1st 1999年11月17日 Dear… CD PCCA-01395 深田恭子によるピアノ演奏を中心としたインストゥルメンタル・ミニアルバム[99]。タイトル曲「Dear…」と「Into The Light」の2曲では自ら作曲も手がけている[99]。プロデュースは編曲・チェロ演奏の溝口肇[99]
フルアルバム
1st 2000年3月15日 moon CD PCCA-01422
2nd 2001年11月21日 Universe CD PCCA-01594 サウンド・クリエーターとして小西康陽、織田哲郎周水 (canna)、朝本浩文他が参加。
リミックスアルバム
1st 2002年8月21日 Flow 〜Kyoko Fukada Remixes〜 CD PCCA-01732

その他

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
朗読アルバム 2005年8月24日 日本昔ばなし〜フェアリーストリーズ 第3巻 CD COCX-33343 コロムビアミュージックエンタテインメント ホリプロ45周年・TOKYO-FM35周年を記念した、ホリプロ所属タレント総出演による朗読番組『フェアリー・ストーリーズ』(2005年4月 - )をCD化した企画アルバムの第3巻(全10巻)。2番目の「雪女のおくりもの」を朗読。

Video & DVD

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
1998年12月18日
1999年1月20日
for me VHS
DVD
PCVE-10873
PCBE-00001
ポニーキャニオン
1999年2月17日
1999年3月17日
to me VHS
DVD
PCVE-10884
PCBE-00003
ポニーキャニオン
1999年12月17日
1999年12月17日
for you VHS
DVD
PCVG-10640
PCBG-00086
ポニーキャニオン
2001年6月20日
2001年6月20日
to you VHS
DVD
PCVG-10756
PCBG-50202
ポニーキャニオン
2002年11月2日 二十歳記念盤 深田恭子 「時間の国のアリス」 VHS
DVD
PIVS-7416
PIBW-7153
パイオニアLDC
2002年11月2日 二十歳記念盤 深田恭子 「素顔の国のアリス」 VHS
DVD
PIVS-7417
PIBW-7154
パイオニアLDC
2002年11月2日 二十歳記念盤 深田恭子 「時間の国のアリス」&「素顔の国のアリス」 プレミアムセット DVD PIBW-7155 パイオニアLDC
2003年12月17日 女優ノンフィクション The Lost Treasure 同潤会アパート〜記憶の継承〜 DVD PCBE-50799 ポニーキャニオン
2004年5月21日 深田恭子 in 下妻物語 メイキングDVD DVD ASBY-2490 アミューズソフトエンタテインメント
2006年1月14日 深田恭子「天使」になる方法 メイキングDVD DVD BIBJ-5884 ハピネット・ピクチャーズ

書籍

写真集

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 一部媒体では『FiVE』(日本テレビ)が女優デビュー作であるとされている[7]
  2. ^ 北海道地方のみ。全国放送は7月15日。

出典

  1. ^ a b “「タレントスカウトキャラバン」グランプリに深田恭子さん”. zakzak. (1996年10月21日). オリジナルの1997年7月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/19970714092336/http://www.zakzak.co.jp/geino/n_October/nws200.html 
  2. ^ a b c 深田恭子 プロフィール”. ホリプロ. 2016年4月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 深田恭子 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2018年7月26日閲覧。
  4. ^ 発行20年以上になるアイドル雑誌『BOMB』(学研)にて。
  5. ^ a b “「いい部屋ネット」 新テレビCMに深田恭子さんを起用 「運命の出会いはきっとある。お部屋にも。」” (PDF) (プレスリリース), 大東建託, (2013年7月16日), https://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2013/b146470000001lb5-att/20130716.pdf 2016年2月8日閲覧。 
  6. ^ 『ホリプロTSC』愛媛の中2・山崎玲奈さんがGP「映画やドラマに出られる女優さんになりたいです!」”. ORICON NEWS (2020年12月12日). 2021年1月8日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 深田恭子 (2017年12月31日). 【話題の写真集】「私は少し、慎重かも…」非常にきまじめな深田恭子さん 2017年のときめき. インタビュアー:石井健. 産経ニュース.. https://www.sankei.com/premium/news/171231/prm1712310027-n3.html 2018年7月26日閲覧。 
  8. ^ a b c 深田恭子”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2013年11月21日). 2018年7月26日閲覧。
  9. ^ “深田恭子が歌手デビュー”. SAMSPO.COM. (1999年3月23日). オリジナルの2001年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20010709002431/http:/www.sanspo.com/music/top/m9903/m0323.html#fukada 2018年7月26日閲覧。 
  10. ^ “深キョン 涙の卒業式 加藤あいらと堀越高巣立つ”. スポーツ報知. (2001年2月15日). オリジナルの2001年12月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20011218114917/http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/feb/o20010215_20.htm 
  11. ^ 日本女優初パリコレデビュー 深田恭子”. tv asahi 芸能&ニュース. テレビ朝日 (2002年12月21日). 2018年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月26日閲覧。
  12. ^ “深キョン、パリで作った20歳の思い出”. zakzak. (2003年1月23日). オリジナルの2003年7月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030711135356/http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2003_01/g2003012303.html 2018年7月26日閲覧。 
  13. ^ “若返り続ける”深田恭子、同性に嫌われないワケ”. ORICON STYLE (2016年8月4日). 2016年8月7日閲覧。
  14. ^ a b c d “深キョン「新・堂本兄弟」でバンド初体験”. Sponichi Annex. (2005年9月23日). オリジナルの2005年12月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051219201723/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/09/23/05.html 2014年8月12日閲覧。 
  15. ^ “小栗旬が09年大河「天地人」で大人の三成”. nikkansports.com. (2008年9月9日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080909-406388.html 2018年7月26日閲覧。 
  16. ^ 深田恭子、今度は"白の女王"に! - 「一歩間違えると妖怪みたい」”. マイナビニュース. マイナビ (2010年4月29日). 2018年7月26日閲覧。
  17. ^ 深田恭子、アニメ声優初挑戦で「豆富小僧」に変身!「自分の声で動き回るのが楽しみ!」”. シネマトゥデイ (2010年11月17日). 2018年7月26日閲覧。
  18. ^ 深キョン、20年目の舞台初挑戦「新しい世界知る素敵な出合いに」”. スポニチアネックス (2015年2月18日). 2015年2月18日閲覧。
  19. ^ 深田恭子が活動休止を発表…適応障害で 7月期フジテレビ連ドラは降板”. スポーツ報知 (2021年5月26日). 2021年5月26日閲覧。
  20. ^ “比嘉愛未、深田恭子の代役でフジ連ドラ初主演「最後まで全力」 渡邊圭祐との“逆マイ・フェア・レディ”描く”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年5月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2194953/full/ 2021年9月2日閲覧。 
  21. ^ 深田恭子が活動再開を報告「心と体も回復」 “適応障害”で5月に休養発表”. ORICON NEWS (2021年9月2日). 2021年9月2日閲覧。
  22. ^ “深田恭子、6歳下の妹に「ずるいなって思っていました」”. SANSPO.COM. (2016年7月10日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160710/geo16071014340019-n1.html 2017年7月13日閲覧。 
  23. ^ “深キョンが伯母さんに 甥っ子ミルク写真にファン悶絶「天使と天使」”. デイリースポーツonine. (2017年8月9日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/09/0010448105.shtml 2018年7月26日閲覧。 
  24. ^ 深田恭子、結婚しない理由を明かす”. モデルプレス (2018年7月24日). 2018年7月26日閲覧。
  25. ^ a b c “アントワネット風?金髪深キョン”. Sponichi Annex. (2001年5月18日). オリジナルの2001年6月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20010604053239/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2001/05/18/06.html 2015年1月24日閲覧。 
  26. ^ 白ビキニで波乗り 深田恭子、引き締まった美ボディで“32歳の今”を表現”. ORICON NEWS (2014年11月25日). 2018年2月24日閲覧。
  27. ^ “深田恭子がミニアルバム収録”. SANSPO.COM. (1999年11月1日). オリジナルの2001年12月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20011214035101/http://www.sanspo.com/music/top/m9911/m1101.html 2017年4月25日閲覧。 
  28. ^ “深キョン、ウエディングドレスでお姫様気分”. SANSPO.COM. (2002年1月31日). オリジナルの2003年10月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031003152728/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200201/g_top2002013105.html 2015年11月21日閲覧。 
  29. ^ 深田恭子、34歳誕生日に今年3冊目の写真集 美しいパーツの魅力に迫る”. オリコンニュース (2016年10月31日). 2020年8月17日閲覧。
  30. ^ 300人に聞いた!色気がすごい俳優女優ランキングベスト13!” (日本語). TVマガ (2021年7月5日). 2021年10月10日閲覧。
  31. ^ 深田恭子がネイルクイーン殿堂入り 「自分へのご褒美」”. ORICON STYLE (2010年11月29日). 2015年1月24日閲覧。
  32. ^ “深田恭子:結婚指輪は「予定ない」2度目のジュエリーベストドレッサー賞に喜び”. MANTANWEB. (2015年1月22日). http://mantan-web.jp/2015/01/22/20150122dog00m200084000c.html 2015年1月24日閲覧。 
  33. ^ 深田恭子、2017年“最も美しい顔”に選出 胸元ちらり美麗ドレス姿”. モデルプレス (2017年12月13日). 2018年7月26日閲覧。
  34. ^ 深田恭子、美バスト&美脚大胆披露 SEXYドレスで圧巻オーラ<第42回日本アカデミー賞>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年3月1日). 2021年4月14日閲覧。
  35. ^ 深田恭子. (インタビュー). “第100回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞 受賞インタビュー”. ザテレビジョン (KADOKAWA). https://thetv.jp/feature/drama-academy/100/awards/interview/3/ 2021年4月13日閲覧。 
  36. ^ “黒木メイサ成宮寛貴深田恭子北村一輝主演!”. とれたてフジテレビ. (2016年10月1日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/161001-i267.html 2016年10月3日閲覧。 
  37. ^ “光一と初共演ドラマ・深キョンは警官”. 大阪日刊スポーツ. (2002年10月3日). オリジナルの2002年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20021015022135/http://www.nikkansports.com/osaka/oet/p-oet-th07.html 2017年4月25日閲覧。 
  38. ^ 深田恭子,長瀬智也 (2003年8月14日). 夫婦役 息もぴったり. インタビュアー:福田淳. YOMIURI ONLINE.. オリジナルの2004-02-06時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040206050524/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/zipzap/interview/zi03081401.htm 2014年11月27日閲覧。 
  39. ^ “深田恭子、“試練のような恋”に関心示さず「自分が一番大切」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2010年10月8日). https://www.oricon.co.jp/news/80849/full/ 2021年9月27日閲覧。 
  40. ^ “連続ドラマW 東野圭吾「幻夜」  WOWOWで放送” (プレスリリース), 株式会社WOWOW, (2010年10月20日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000559.000001355.html 2021年9月27日閲覧。 
  41. ^ “「私はシャドウ」TVドラマ化、深田恭子が専業主婦探偵に”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年7月27日). https://natalie.mu/comic/news/53739 2021年9月27日閲覧。 
  42. ^ “深田恭子、平清盛の妻に抜擢! 大河ドラマ「平清盛」女性キャストついにお披露目”. cinemacafe.net (イード). (2011年5月26日). https://www.cinemacafe.net/article/2011/05/26/10637.html 2021年9月27日閲覧。 
  43. ^ “深田恭子:航空管制官役で主演 10月期のフジ日9連ドラ「TOKYOエアポート」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2012年9月1日). https://mantan-web.jp/article/20120831dog00m200052000c.html 2021年9月27日閲覧。 
  44. ^ “豪華出演陣が勢ぞろい!小泉孝太郎さん主演の月曜ミステリーシアター 「名もなき毒」が、2013年7月8日(月)より放送開始” (プレスリリース), パナソニック, (2013年7月3日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000759.000003442.html 2021年9月27日閲覧。 
  45. ^ 中山雄一朗 (2013年7月30日). “深田恭子、「24時間テレビ」ドラマ最多3度目のヒロインに決定!”. シネマトゥデイ. 2015年1月24日閲覧。
  46. ^ 深田恭子、連ドラでコミュニティソーシャルワーカーに 福祉の心芽生え「何か人のためになれれば」”. TVfanWeb (2014年2月12日). 2015年11月21日閲覧。
  47. ^ 深田恭子、初CA役でドラマ主演 ほぼ全編NYロケ敢行”. ORICON STYLE (2014年4月28日). 2014年11月27日閲覧。
  48. ^ 深田恭子 (2014年11月25日). 深田恭子さん「女はそれを許さない」. インタビュアー:田中誠. YOMIURI ONLINE.. オリジナルの2015-11-22時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20151122022007/http://www.yomiuri.co.jp/culture/tv/interview/20141115-OYT8T50026.html 2016年4月12日閲覧。 
  49. ^ “亀梨和也:深田恭子と激しい大人の恋 大石静脚本ドラマで「夜メロ」に挑戦”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2014年11月25日). https://mantan-web.jp/article/20141124dog00m200043000c.html 2021年9月27日閲覧。 
  50. ^ 深田恭子、“ダメ女”を熱演!「ダメな私に恋してください」ドラマ化決定”. シネマカフェ (2015年11月18日). 2015年11月18日閲覧。
  51. ^ 父娘の感動の実話「下剋上受験」がドラマ化!阿部サダヲ&深田恭子が夫婦に”. 映画.com (2016年11月23日). 2016年11月23日閲覧。
  52. ^ “瑛太、4年ぶり連ドラ主演 深田恭子、森田剛、山口智子と名作探偵漫画に挑戦”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2087922/full/ 2017年3月23日閲覧。 
  53. ^ “深キョン×松ケンが妊活に励む!大河「平清盛」以来の夫婦役タッグ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年11月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171109/geo17110905060021-n1.html 2017年11月9日閲覧。 
  54. ^ “深キョン、1月連ドラで主演 永山絢斗×横浜流星×中村倫也に囲まれラブコメ「なんともぜいたく」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年10月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2121983/full/ 2018年10月25日閲覧。 
  55. ^ “松本潤、NHKドラマ主演!探検家・松浦武四郎役で深田恭子と共演”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年6月28日). https://www.cinematoday.jp/news/N0101884 2018年6月29日閲覧。 
  56. ^ “深田恭子&瀬戸康史がドラマ「ルパンの娘」で共演、泥棒の娘と警官のラブコメディ”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月10日). https://natalie.mu/eiga/news/330780 2019年5月10日閲覧。 
  57. ^ ““Lの一族”が帰ってくる!「ルパンの娘」続編決定に深田恭子「大好きなドラマに再び出演、本当に幸せ」”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年7月23日). https://thetv.jp/news/detail/238845/ 2021年9月27日閲覧。 
  58. ^ “深田恭子、セリフなしの役に体当たり!…映画「天使」”. SANSPO.COM. (2005年7月7日). オリジナルの2005年11月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051128072113/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200507/gt2005070703.html 2017年4月25日閲覧。 
  59. ^ コスプレから声優までこなす深キョンが両さん相手に2つの初挑戦”. MovieWalker (2011年8月1日). 2015年1月24日閲覧。
  60. ^ “「超高速!参勤交代」続編、佐々木蔵之介らおなじみキャスト結集!念願の福島ロケ実現”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2015年9月28日). http://eiga.com/news/20150928/1/ 2015年11月15日閲覧。 
  61. ^ 中山雄一朗 (2014年10月25日). “深キョンが手を縛られ傷だらけ…衝撃のビジュアル公開”. シネマトゥデイ. 2015年11月21日閲覧。
  62. ^ 深田恭子、長瀬智也と夫婦役共演 映画『空飛ぶタイヤ』追加キャスト37名発表”. ORICON NEWS. オリコン (2017年8月31日). 2017年9月1日閲覧。
  63. ^ 深田恭子『Only My Venus』”. 週プレNEWS (2020年8月2日). 2020年12月26日閲覧。
  64. ^ 深田恭子 (2015年10月2日). 【深田恭子インタビュー:その1】熱演中の初舞台「100万回生きたねこ」が大阪へ. インタビュアー:高橋晴代. 関西ウォーカー.. https://www.walkerplus.com/article/65772/ 2016年4月12日閲覧。 
  65. ^ 深田恭子、フランス文化を堪能!セーヌ川でダバディさんと対談も…”. テレビドガッチ (2018年9月14日). 2018年9月20日閲覧。
  66. ^ NHKドキュメンタリー - とことんフランス!深田恭子のジャポニスム2018”. NHK (2018年). 2018年10月31日閲覧。
  67. ^ 声のゲスト出演”. 2020年 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公式サイト. 2020年3月26日閲覧。
  68. ^ 深田恭子「アリス」続編で再び白の女王に!平田広明&朴ろ美も続投”. 映画.com (2016年6月3日). 2016年6月3日閲覧。
  69. ^ “深田恭子:大照れのせりふCMに採用”. MANTANWEB. (2015年4月7日). http://mantan-web.jp/2015/04/07/20150407dog00m200051000c.html 2015年11月21日閲覧。 
  70. ^ “深田恭子、ラグビー部マネジャーで登場”. SANSPO.COM. (2002年3月13日). オリジナルの2003年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031210160800/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200203/g_top2002031314.html 2015年11月21日閲覧。 
  71. ^ “深キョンが関西限定CMに出演 NTTドコモ関西”. SANSPO.COM. (2002年12月10日). オリジナルの2003年6月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030622105155/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200212/gt2002121009.html 2017年4月25日閲覧。 
  72. ^ “深田恭子、ご飯よりファンデーション?”. nikkansports.com. (2005年6月28日). オリジナルの2005年6月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050630234852/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-050628-0017.html 2017年4月25日閲覧。 
  73. ^ 深田恭子・綾瀬はるか・石原さとみらが真っ赤なワンピ姿で豪華に競演!”. 東京ウォーカー (2010年12月2日). 2015年1月24日閲覧。
  74. ^ 深キョン“大人かわいい”ビスコ新CM”. Narinari.com (2017年3月17日). 2017年4月25日閲覧。
  75. ^ “新CM「じゃんけんグリコ」始まる!綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子、松山ケンイチ、高畑充希、池松壮亮らホリプロオールスター集結”. CMNOW WEB. (2018年2月20日). https://cmnow.jp/cm/2002193345/ 2020年2月20日閲覧。 
  76. ^ “【CMのツボ】30代になっても美貌健在 人魚姫になった深キョンにクラッ”. zakzak. (2014年8月11日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140811/enn1408110909002-n1.htm 2014年8月12日閲覧。 
  77. ^ “「♪ ニッシンボー、名前は知ってるけど~」と深田恭子さんが熱唱! テレビCM『ドッグシアター』 新シリーズ オンエアのお知らせ” (プレスリリース), 日清紡ホールディングス, (2015年4月13日), オリジナルの2015年11月22日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20151122123824/http://www.nisshinbo.co.jp/news/pdf/1243_1_ja.pdf 2021年9月2日閲覧。 
  78. ^ アリナミンA CM情報”. タケダ健康サイト. 武田薬品工業. 2018年1月31日閲覧。
  79. ^ CMキャラクターに女優の深田恭子さんを起用! TV-CM「FX LADYへの道」篇を1月26日から放映開始”. CM JAPAN (2016年1月29日). 2016年1月29日閲覧。
  80. ^ 深キョン、大好きな姉マツコと仲良くうなぎ屋さんへ!”. ザテレビジョン (2016年4月11日). 2016年4月12日閲覧。
  81. ^ “深田恭子&多部未華子&永野芽郁、新CMで仲良し3姉妹役”. ORICON STYLE. (2016年10月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2080397/full/ 2016年10月24日閲覧。 
  82. ^ “深田恭子さんが魅せる至極の癒し仕草に惹き込まれる…「ヱビス 華みやび」新TVCM 3月7日(火)より全国でオンエア開始!” (プレスリリース), サッポロビール, (2017年3月2日), http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000021558/index.html 2017年7月13日閲覧。 
  83. ^ “深キョンが“くんくん” 「ヱビス 華みやび」14日から新CMオンエア”. SANAPO.COM. (2017年7月11日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170711/geo17071105000007-n1.html 2017年7月13日閲覧。 
  84. ^ 深田恭子「せーの、かんぱーい!」かわい過ぎる動画公開”. ザテレビジョン (2017年3月7日). 2017年7月13日閲覧。
  85. ^ 深田恭子が4K8K推進キャラクターに。画質向上にちょっと心配顔!?”. インターネットTVガイド. 東京ニュース通信社 (2018年6月4日). 2018年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月26日閲覧。
  86. ^ “深田恭子さんが『切れてる!サラダチキン』でリズミカルにクッキング” (プレスリリース), ニチレイフーズ, (2018年7月17日), https://www.nichireifoods.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/07/8548d5d70d08d81d2755608d6295922d.pdf 2018年7月26日閲覧。 
  87. ^ “「本格炒め炒飯®」の新CM放送開始” (プレスリリース), ニチレイフーズ, (2019年4月15日), https://www.nichireifoods.co.jp/news/2019/info_id7241/ 2019年6月16日閲覧。 
  88. ^ 『具材たっぷり五目炒飯』 CM「具材ゴロゴロ」篇”. ニチレイフーズ. 2020年3月31日閲覧。
  89. ^ 深田恭子さん、早口言葉CM「ニチレイ本格炒め炒飯」冷凍食品はニチレイ”. ことばと広告 (2020年3月24日). 2020年3月31日閲覧。
  90. ^ “深田恭子さん、エプロン姿で看板娘に挑戦!ニチレイフーズ新商品「極上ヒレかつ」の新CMが 2020年3月18日(水) より全国放映開始特別インタビュー「女優じゃなかったらやりたい職業は?」” (プレスリリース), 株式会社ニチレイ, (2020年3月18日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000055384.html 2020年3月19日閲覧。 
  91. ^ “深田恭子「特別で大胆」ポニーテール姿でダンス披露”. nikkansports.com. (2018年7月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807230000421.html 2018年7月26日閲覧。 
  92. ^ 深田恭子、ガリットチュウ福島の物まねにタジタジ「負けちゃいそうです」”. ORICON NEWS. オリコン (2018年10月16日). 2018年10月31日閲覧。
  93. ^ “「午後の紅茶」新CMに深田恭子さんとリリー・フランキーさん”. THE SANKEI NEWS. (2019年3月12日). https://www.sankei.com/entertainments/news/190312/ent1903120011-n1.html 2019年4月6日閲覧。 
  94. ^ “横浜ゴム、深田恭子さんが”雨の日の安全を願う”新テレビCMを1月より放映開始、深田恭子さんの「らしさ」満載の内容により”雨に強いヨコハマ”を継続訴求” (プレスリリース), 横浜ゴム, (2020年1月8日), https://www.y-yokohama.com/release/?id=3337&lang=ja 2020年2月9日閲覧。 
  95. ^ “きれいも、ラクも、一本で。新しいライフスタイルにフィットする「スマートパンツ」のTVCMに深田恭子さんが登場” (プレスリリース), ユニクロ, (2020年8月17日), https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/corp/press-release/2020/08/smartpants_20081711.html 2021年4月14日閲覧。 
  96. ^ 西日本シティ銀行【公式】 [@ncbank_official] (2021年2月19日). "🆕🆕🆕🆕🆕🆕 本日から放映スタート 🆕🆕🆕🆕🆕🆕 まさかの、深キョン😱😱😱 いや、#深田恭子 さん‼️‼️‼️ 興奮しすぎて企業のアカウントだと忘れてました🙇‍♂️ ♪カードローンの  お申し込みなら  西日本シティ銀行ッ!♪" (ツイート). Twitterより2021年9月2日閲覧
  97. ^ 「放置少女」深田恭子さんらが出演する新TVCM発表会のレポートが到着”. 4Gamer.net. Aetas株式会社 (2021年4月28日). 2021年5月5日閲覧。
  98. ^ 歌う女優たち〜Part 1 侮れない深田恭子”. All About. オールアバウト (2002年5月29日). 2019年5月18日閲覧。
  99. ^ a b c 吉田豪のギリギリレビュー!! Vol.10 深田恭子『Dear…』 深田恭子の実験的過ぎたインストアルバム”. ORICON STYLE. オリコン (2013年12月8日). 2019年5月18日閲覧。
  100. ^ 【オリコン】深田恭子の写真集が部門1位 ランジェリー姿も話題に”. ORICON STYLE (2014年3月20日). 2014年8月12日閲覧。
  101. ^ 小松芙未 (2014年11月25日). “サーファー深キョン、白ビキニの健康美がまぶしい!”. シネマトゥデイ. 2014年11月27日閲覧。
  102. ^ a b “深田恭子がセクシー&アクティブ写真集2冊同時発売”. 日刊スポーツ. (2016年7月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1673448.html 2016年7月5日閲覧。 
  103. ^ “深田恭子、34歳誕生日に今年3冊目の写真集 美しいパーツの魅力に迫る”. ORICON STYLE. (2016年10月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2080764/full/ 2016年10月31日閲覧。 
  104. ^ 深田恭子、ドレスを脱ぎ捨て美ボディあらわ “今年最多”の反響で発売前重版決定〈palpito〉”. モデルプレス (2017年12月9日). 2018年1月31日閲覧。
  105. ^ “今が一番美しい”深田恭子、ビキニでヘルシー美ボディ弾ける”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年8月27日). 2018年9月19日閲覧。
  106. ^ 深田恭子 2号連続登場の週プレで美ボディー披露”. 東スポweb (2020年5月11日). 2021年1月11日閲覧。

外部リンク