深芳野 (斎藤道三側室)

戦国時代の女性。土岐頼芸の愛妾、のち斎藤道三の側室

深芳野(みよしの/生没年不詳)は、戦国時代女性稲葉通則の娘で一鉄の姉[1]とも、または一色左京大夫義清の娘ともされ、母は一色義遠の娘[2]。『美濃国諸家系譜』によれば、土岐頼芸の愛妾でのちに斎藤道三側室となったといわれる。斎藤義龍の母。斎藤喜平次も深芳野の子[注釈 2]とも。

『美濃国諸家系譜』によれば、美濃国一の美女であったとされ、身長は六尺二寸(約187cm)もあったという。初め美濃守護・土岐頼芸の愛妾であったが、大永6年頃(1526年)"12月[3]"、長井新左衛門尉の子長井規秀(のちの斎藤道三)に下贈され、規秀の側室となる。大永7年6月10日1527年7月8日[注釈 3]に20歳で豊太丸(のちの斎藤義龍)を産む。

一説に、道三が深芳野を拝領する前から土岐頼芸の子を懐妊していたとされ、子の義龍は落胤とされるが、江戸時代に編纂された『美濃国諸家系譜』の記述であるため定かではない。

木下聡は、深芳野は江戸時代に、斎藤義龍が父の道三を討ったのは実の父が土岐頼芸だったからだという物語のためにこしらえられた架空の人物だとしている[4]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 一色義有土岐成頼の姉妹にあたる。
  2. ^ 一色右兵衛大輔と名乗っていることから
  3. ^ 美濃国諸家系譜では5月10日

出典編集

  1. ^ 『岐阜市史』
  2. ^ 美濃国諸旧記[注釈 1]
  3. ^ 『美濃国諸旧記』
  4. ^ 木下聡『斎藤氏四代―人天を守護し、仏想を伝えずー』ミネルヴァ書房、2020年