メインメニューを開く

深谷シネマ(ふかやシネマ)とは、埼玉県深谷市にある映画館ミニシアター)。映画館を維持管理しているのは、NPO法人市民シアター・エフである。

深谷シネマ
Fukaya Cinema
Fukaya Fukaya Cinema 1.JPG
情報
正式名称 深谷シネマ
開館 2002年7月27日
開館公演 山の郵便配達
収容人員 57人
設備 ドルビーデジタル
デジタルシネマ
用途 映画上映
運営 特定非営利活動法人(NPO法人)市民シアター・エフ
所在地 366-0825
埼玉県深谷市深谷町9-12
位置 北緯36度11分45.2秒
東経139度16分41.3秒
座標: 北緯36度11分45.2秒 東経139度16分41.3秒
アクセス JR深谷駅北口より徒歩10分
外部リンク http://fukayacinema.jp/

概要・略歴編集

埼玉県北部に存在する、唯一のミニシアターである。深谷シネマの立地する七ツ梅酒造敷地内には、飲食店やお茶屋・古本屋など関連店舗もあり、映画を楽しんだ観客が歓談するスペースとなっている。また、七ツ梅酒造内ではドラマや映画作品のロケも数多く行なわれている。

それまで深谷市内には、豊年座・電気館・深谷会館・ムサシノ館と映画館が4つあったが[1]、映画の斜陽化で相次いで閉館。それ以降市内には映画館が一つもない状況が長らく続いた。

市内にミニシアターを立ち上げるためのサークルが、1999年3月発足。3,300人分の署名が集まり、2000年にNPO法人の認証を受け、同年、市内の洋品店「フクノヤ」の店舗2階に「フクノヤ劇場」としてスタートするも、わずか1年で撤退[2]。その後も市民会館での上映会を行いながら資金を集め、2002年7月27日、銀行店舗の跡地を改装してオープン(座席数は44席)。当初は「チネ・フェリーチェ」(イタリア語で“幸せな映画館”の意味)の名称であったが、地域の人々から「名称が覚えづらい」という声によって、半年後に深谷シネマという名称に変更。「チネ・フェリーチェ」はその愛称となっていた[3]

2010年4月16日、町の区画整理事業のためそれまでの深谷市仲町から、深谷市深谷町の七ッ梅酒造跡に移転して再オープン。座席数も57席に増え、映写機などの設備もリニューアルした。全国で唯一の造り酒屋を改装した映画館になる[3]

2013年8月デジタルシネマシステムが導入された。ただしこれまでのフィルム映写機も引き続き設置され、過去のフィルム作品も上映できる環境となっている。

年間入場者は2万3000人程度。ボランティア10人が運営の中心となっているため、年間経費約3500万円に対して収支トントンの経営という[4]。深谷シネマの活動が核となって、深谷市では2004年から映画祭[5]が開催され、映画やテレビドラマのロケーション撮影誘致も年50本程度に達している。

脚注編集

  1. ^ 昭和32年の埼玉県の映画館”. 中原行夫の部屋(原資料『キネマ旬報』). 2012年12月8日閲覧。
  2. ^ 深谷シネマ支配人に聞く”. デンリュウサイタマ〔傳流埼玉〕 (2009年5月30日). 2012年12月8日閲覧。
  3. ^ a b 深谷シネマ物語
  4. ^ 【地域力】深谷市「映画を核に にぎわい作り/ミニシアターやロケ誘致」『読売新聞』朝刊2018年2月22日。
  5. ^ 深谷映画祭(2017年)深谷観光協会、2018年3月16日閲覧。

外部リンク編集