深谷 賢治(ふかや けんじ、1959年3月12日 - )は日本の数学者ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校教授。日本学士院会員。 専門は幾何学で、リーマン多様体の崩壊、アーノルド予想の解決、ミラー対称性予想への貢献、深谷圏(A∞圏)の定義等の業績がある。

来歴編集

神奈川県生まれ。東京大学卒(1981年)。同大学院修士課程修了(1983年)。博士号取得(1986年)。

専門は、最初のころは大域リーマン幾何学(空間の「曲がり方」を調べる分野)、その後、ゲージ理論(数学的側面は近年位相幾何学にも応用されている)も研究し、現在の専門はシンプレクティック幾何学(解析力学の数学的基礎でその大域的な側面を研究)。

受賞・講演歴編集

著作編集

  • 『ゲージ理論とトポロジー』伊藤 雄二(編)、シュプリンガー・フェアラーク東京〈シュプリンガー現代数学シリーズ〉、2012年。
  • 『数学者の視点』岩波書店〈岩波科学ライブラリー〉、1996年。
  • 『これからの幾何学』日本評論社、1998年。
  • 『電磁場とベクトル解析』岩波書店〈現代数学への入門〉、2004年。
  • 『解析力学と微分形式』岩波書店〈現代数学への入門〉、2004年。
  • 『双曲幾何学』岩波書店〈現代数学への入門〉、2004年。
  • 『シンプレクティック幾何学』岩波書店、2008年。

関連項目編集

外部リンク編集