メインメニューを開く
車両

添田町バス(そえだまちバス)は、福岡県田川郡添田町が運行するコミュニティバスである。

目次

概要編集

2003年(平成15年)4月1日運行開始。添田町では西日本鉄道(西鉄)が町内で路線バスを運行していたが、モータリゼーションや過疎化の進行などにより1988年に町内路線が分離子会社の添田交通(のち西鉄グループ会社再編により西鉄バス筑豊となる)に移管された。しかし利用客の逸走が進み、西鉄バス筑豊は2003年3月末で一部を残して町内路線を廃止する方針を示したため、代替交通として2003年4月1日から町営バスが運行されることとなった。

運行開始当初は添田町中心部(北西部)と町南部の英彦山などの山間部を結ぶ彦山線、添田町中心部と町中西部の中元寺(ちゅうがんじ)地区を結ぶ中元寺線、添田町中心部(北西部)と町北東部の津野地区を結ぶ津野線の3路線があったが、2017年(平成29年)9月30日限りで中元寺線と津野線をデマンド型乗合タクシー「まちいこカー」に転換して廃止し、彦山線1路線のみとなった。

車両は町側が保有し、実際の運行業務は大新東が行っている。道路運送法第78条の2の適用を受けた自家用自動車による輸送(自家用有償旅客運送)であり、車両のナンバープレートは白色である。

添田町役場における事業の所管は、まちづくり課施策推進係である。

運賃編集

10km以内の区間は200円、10kmを超える区間は300円。中学生以下は半額、4歳未満の乳幼児は保護者同伴時に限り無料。

12枚綴りで10枚分の金額の回数券がある。

路線編集

 
添田町バスのバス停

以下、 - および → は停留所乗降区間、 = および ⇒ はフリー区間(停留所以外でも乗降できる区間)。

彦山線編集

経路
バス車庫 - 役場 - 添田駅 - 添田小学校口 - 歓遊舎ひこさん前 - 桝田駅( = 一の宮) = 柳原 = 屋形原( = 駒啼) - 彦山駅( = 別所河内 = 深倉) - 中河原( = 唐ヶ谷) - 銅の鳥居( = 北坂本) - ひこさんホテル入口 - 豊前坊
※主要停留所のみ表記、( )内は一部の便のみ経由する停留所

駒啼は月・水・木曜日に1往復のみ経由。唐ヶ谷、北坂本は火・金曜日に1往復のみ経由。

土日祝日および12月31日から1月3日までは彦山駅~豊前坊間のみ運行され(別所河内・深倉は経由しない)、それ以外の区間は運休する。12月29日・30日は全区間運休する。

廃止路線編集

以下の2路線はデマンド型乗合タクシーに転換された。いずれも土日祝日および年末年始(12月29日から1月3日まで)は運休していた。

中元寺線編集

経路
バス車庫 → 役場 → 添田駅 → 添田小学校口 → 中元寺口 → 中元寺小学校口 → 猿渡 → 中元寺小学校口
陣屋 → 諏訪神社前 ⇒ 英彦山病院口 ⇒ 諏訪神社前 → 中元寺口 → 添田小学校口 → 添田駅 → 役場 → バス車庫
※主要停留所のみ表記、矢印方向のみ運行

津野線編集

経路
バス車庫 - 役場 - 添田駅 - 添田小学校口 - 上添田 = 神田 = 津野学校前 = 油木 = 下井 = 油木 = 津野学校前 = 奥山 = 神田 = 惣仏口 = 松平 = 惣仏口 = 山口
※主要停留所のみ表記、( )内は一部の便のみ経由する停留所

車両編集

三菱ローザ(4WD車)を使用する。車体塗装はクリーム色、山吹色、橙色の三色塗装である。

外部リンク編集