メインメニューを開く

清久 素延(きよく もとのぶ)は、日本撮影監督日本映画撮影監督協会(J.S.C.)所属[1]

目次

経歴編集

1985年『火宅の人』から撮影助手として木村大作に師事[2]。 2003年『ロボコン』で撮影監督デビュー後、日本映画テレビドラマと幅広く活躍。ステディカム撮影での起用が多い。 2013年『のぼうの城』で第36回日本アカデミー賞優秀撮影賞を江原祥二と共同受賞。

主な撮影作品編集

映画編集

撮影助手
撮影

テレビドラマ編集

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ 日本映画撮影監督協会メンバーリスト”. J.S.C. (2012年5月12日). 2013年4月13日閲覧。
  2. ^ a b のぼうの城 プロフィール”. 東宝. 2013年4月13日閲覧。
  3. ^ 清久素延”. 日本映画データベース. 2013年4月13日閲覧。
  4. ^ ドラマ&人名検索「清久素延」”. テレビドラマデータベース. 2013年4月13日閲覧。

外部リンク編集