清仁親王(きよひとしんのう、生年不詳 - 長元3年7月6日1030年8月7日))は、平安時代中期の皇族花山天皇の第一皇子官位四品弾正尹

経歴編集

誕生時には父・花山法皇は既に出家しており、母・中務は出自が低かった。更に花山法皇は中務の娘・平子も同時に寵愛して第二皇子・昭登親王を儲けるなど余りにも複雑な事情があったために、異母弟の昭登親王ともども祖父冷泉上皇の子(第五・第六皇子)として育てられた。このため世間では清仁親王を「親腹御子」、昭登親王を「女腹御子」と呼んだという。

一条朝寛弘元年(1004年)弟の昭登とともに親王宣下を受ける。執政の左大臣藤原道長は複雑な背景を有する清仁・昭登への親王宣下に消極的であったが、花山法皇の意向を受けてやむなく従ったという。

寛弘8年(1011年)8月に藤原実資加冠によって昭登親王とともに元服し、9月には四品に叙せられる。同年10月の三条天皇即位式では左の擬侍従に昭登親王、右の擬侍従に清仁親王が任命されるが[1]、結局清仁親王が左の擬侍従を務めた[2]。なお、長和5年(1016年)に行われた後一条天皇の即位式では、左方の侍従を昭登親王が、右方の侍従を清仁親王が務めている[3]

その後、弾正尹を務めるが、長元元年(1028年)に出家し、長元3年(1030年)7月6日薨去した。

官歴編集

系譜編集

注記のないものは『尊卑分脈』による。

  • 父:花山天皇
  • 母:中務(平祐之の娘)
  • 妻:源頼房の娘
  • 生母不詳の子女
    • 男子:延清王[8]
    • 男子:兼文王
    • 女子:永子女王
    • 女子:信子女王 - 藤原能長
    • 女子:寛意の母[9]
  • 養子女
    • 養子:康資王(?-1090) - 実は源延信の子

脚注編集

  1. ^ 『権記』『小右記』寛弘8年9月10日条
  2. ^ 『権記』寛弘8年10月16日条
  3. ^ 『小右記』長和5年2月7日条
  4. ^ 『御堂関白記』
  5. ^ a b c 『小右記』
  6. ^ 『尊卑分脈』
  7. ^ 『日本紀略』
  8. ^ 前田本『日本帝皇系図』附載「伯系図」
  9. ^ 『御室相承記』2「長和入道親王」(赤坂[2015: 36])

参考文献編集

  • 『尊卑分脈 第三篇』吉川弘文館、1987年
  • 赤坂恒明「冷泉源氏・花山王氏考:伯家成立前史」『埼玉学園大学紀要 人間学部篇 15』埼玉学園大学、2015年