メインメニューを開く
 
清原致信
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 寛仁元年3月8日1017年4月7日
官位 大宰少監
主君 後一条天皇
藤原保昌
氏族 清原氏
父母 父:清原元輔
兄弟 為成、戒秀致信正高清少納言
藤原理能室
テンプレートを表示

清原 致信(きよはら の むねのぶ)は、平安時代中期の官人肥後守清原元輔の子。妹に清少納言がいる。官職大宰少監

経歴編集

大宰少監などを務め、藤原保昌の郎党としても行動していたが、寛仁元年(1017年)3月8日の夕刻に平安京の六角福小路の邸宅を源頼親の指示する7-8騎の騎兵および10余名の歩兵に襲われ殺害された[1]。これは大和守を務めていた主君保昌が同国内の利権を巡り源頼親(保昌の甥)と競合した際、大和の在地領主で頼親の郎党であった右馬允当麻為頼を殺害したことに致信が関与したことに対する報復であったと考えられている。なお、源頼親はこの殺害の罪を問われて、右馬頭淡路守官職を解かれた[2]

なお、『古事談』(巻2-57)においては、致信を襲撃したのは頼親の実兄である頼光に仕えた頼光四天王の仕業とされ、この事件の背景に頼光と保昌の緊張・対立関係を反映していると考えられていた、とする見方もある[3]

脚注編集

  1. ^ 御堂関白記』寛仁元年3月11日条
  2. ^ 『御堂関白記』寛仁元年3月15日条
  3. ^ 外山信司「藤原保昌伝承と千葉氏-『千学集抜粋』の酒呑童子説話をめぐって-」(佐藤博信 編『中世東国の社会と文化 中世東国論:7』(岩田書院、2016年) ISBN 978-4-86602-981-8

参考文献編集