清國 勝雄(きよくに かつお、1941年11月20日 - )は、秋田県雄勝郡雄勝町(現・湯沢市)出身で荒磯部屋(後に伊勢ヶ濱部屋)所属の元大相撲力士。最高位は東大関。本名は佐藤 忠雄(さとう ただお)。現役時代の体格は182cm、133kg。得意手は左四つ、寄り、押し。 元十両玉ノ国、元関脇玉乃島の兄弟は甥。二男の嘉由生は2009年3月に落語家の林家木久扇に入門して林家木りん(はやしや きりん)の名前を貰う。

清國 勝雄 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 若い國 忠雄→梅ノ里 忠雄→清國 忠雄→清國 勝雄→清國 忠雄→清國 勝雄
本名 佐藤 忠雄
生年月日 (1941-11-20) 1941年11月20日(76歳)
出身 秋田県雄勝郡雄勝町(現在の湯沢市
身長 182cm
体重 133kg
BMI 40.15
所属部屋 荒磯部屋伊勢ヶ濱部屋
得意技 左四つ、寄り、押し
成績
現在の番付 引退
最高位 大関
生涯戦歴 706勝507敗32休(103場所)
幕内戦歴 506勝384敗31休(62場所)
優勝 幕内最高優勝1回
殊勲賞3回
技能賞4回
データ
初土俵 1956年9月場所
入幕 1963年11月場所
引退 1974年1月場所
引退後 年寄楯山伊勢ヶ濱部屋師匠
備考
2015年8月14日現在

目次

人物編集

中学3年時に同郷の元横綱照國の荒磯部屋から熱心に勧誘され、夏休み中の体験入門だけのつもりで上京したが両親の同意や住民票の移転など根回しされたことで観念して入門を正式決定。1956年9月場所初土俵。横綱・大鵬とは同期だった。のち親方の名跡変更(6代伊勢ヶ濱)で伊勢ヶ濱部屋所属となった。まだ幕下時代の1962年5月場所、「梅ノ里」より「清國」に改名(「清」は5代伊勢ヶ濱の元関脇・清瀬川より、「國」は師匠の照國より)。素質はあるにもかかわらず当初は相撲が嫌いであったためあまり稽古熱心とはいえず師匠から「運ちゃん」[注 1]というありがたくないニックネームを付けられていたが、後輩の淺瀬川に十両昇進で先を越されて発奮し、そこから稽古に打ち込み、1963年5月場所に十両に昇進、3場所で十両を突破して同年11月場所に新入幕を果たした。その翌場所の1964年1月場所は初日から14連勝、横綱・大鵬とともに勝ち放し、同期生の優勝決定戦かと騒がれた。しかし、千秋楽に関脇・大豪に当てられて敗れ14勝1敗、優勝はならなかった。この活躍から北の富士若見山と「若手三羽烏」と称された。なおこの場所で前場所優勝の大関・栃ノ海の横綱昇進がかかっていたが清國のよもやの大健闘で2敗ながらも次点にすらもなれないという珍事が起きたが、場所後栃ノ海は横綱に推挙されている。直近場所が優勝、相星、次点いずれにもあてはまらないというケースは年6場所制以後ではこのケースのみである。翌3月場所には前頭13枚目から一気に関脇に昇進し、その後も上位に定着、1967年11月場所からは三役を10場所連続で務め大関候補として評判になった。1969年5月場所で12勝3敗の好成績を挙げ、場所後に大関に昇進した。

新大関で迎えた1969年7月場所では千秋楽に大鵬との相星決戦を制して12勝3敗の成績を挙げ優勝決定戦に進出、前頭5枚目・藤ノ川を破り初優勝を果たした。新大関の優勝は1959年11月場所の若羽黒以来の快挙、この場所横綱・柏戸が引退して大鵬の一人横綱となっていただけに一気に横綱昇進の絶好の好機となったが、翌9月場所2日目の小結・麒麟児(後の大関・大麒麟)戦で頸椎を故障。それが結果的には大関どまりになる原因の一つとなった。

きちんと両手をついて立合いを行う力士であり、1970年前後の、手をつかないことが常態化していた時代に、清國の立合いは賞賛された[1]。また、それを生かした〈後の先〉の立合いで横綱・玉の海に勝ったこともある。腕力が非常に強く、それを生かしたおっつけ小手投げは大鵬はじめ相手力士の腕を痛めることがたびたびあり「壊し屋」の異名をとった。[2]時折もろ差しになられても両腕(かいな)で閂(かんぬき)に極め、豪快に極め出すこともあった。四つは左でも右でもとれる『なまくら四つ』でもあった。錦絵から抜け出したような風貌で「綺麗なお相撲さん」として巡業では大鵬以上の人気があった。なお、横綱・北の富士との幕内通算対戦は52回を数え、当時の大相撲歴代最多記録だった(2016年3月場所終了現在の史上最多記録は大関・琴奨菊-大関・稀勢の里戦の59回)。

現役末期は心臓疾患に苦しみ、これ以上現役を続けると命に関わると判断した末に1974年1月場所中に引退。その後はしばらく年寄楯山を襲名していたが、1977年の師匠・伊勢ヶ濱の死去により7代伊勢ヶ濱を襲名して部屋を継承した。親方としては前頭筆頭まで出世した若瀬川らの関取を輩出し、日本相撲協会では理事として、主に地方場所部長(九州場所担当)として活躍した。

親方時代は様々な災難に遭遇した。1985年8月12日には前妻と長男、長女を日本航空123便墜落事故で失い[注 2]、その後再婚して1989年に二男・嘉由生(林家木りん)をもうけるも、現妻を追い出そうとした親方の近親者が週刊誌に捏造記事を売り、現妻の名誉を傷付け、さらに文京区白山の土地5億円を詐欺により詐取されたりした。後に本事件は詐欺を行った者が逮捕され、現妻の名誉も回復した。ホテルを転々とするなど部屋運営に苦労したが、夫人の尽力もあって千葉県柏市台東区に部屋を創設した。

1996年2月に理事から役員待遇に退いたが、2004年9月に週刊ポスト誌上で一門の総帥でありながら甥の玉乃島[注 3]をはじめとした現役力士の無気力相撲を批判したことで役員待遇を解かれ、同年11月場所より監察委員に就任した。

2006年11月場所中に定年退職。伊勢ヶ濱部屋は部屋付きの10代・若藤(元前頭・和晃)が清國と名跡交換して、8代・伊勢ヶ濱を襲名し部屋を継承。清國自身は、11代・若藤を1日だけ襲名し定年を迎えている。しかし、この継承は暫定的なものであり8代も半年ほどで定年を迎えるため、直ちに後継者擁立を進めたが、適任者が見つからず翌2007年1月場所後に一時的に伊勢ヶ濱部屋は閉鎖となった。8代・伊勢ヶ濱は定年直前に既に退職していた清國と名跡交換を行ったため、「年寄・伊勢ヶ濱」は再び清國の所有になった。

同年11月、清國は後継に4代・安治川(元横綱・旭富士)を指名し、9代・伊勢ヶ濱を襲名。安治川部屋が部屋名を改称する形で伊勢ヶ濱部屋を再興した。

エピソード編集

  • 脱臼をはめることが非常にうまく、横綱・千代の富士が取り組み中に肩を脱臼したとき(1989年3月場所14日目、対横綱大乃国戦)に、肩をはめる応急処置を施したことがある[注 4]
  • 新大関で優勝を果たした1969年7月場所の時に乗っていた車の番号は「75-81」だった。「ナゴヤ1番」で語呂がいいと話題にされたが、語呂合わせの通りに本当に優勝した。
  • 天理教の信徒としても有名だった。

略歴編集

  • 1956年9月 - 初土俵(前相撲
  • 1963年5月 - 新十両
  • 1963年11月 - 新入幕
  • 1969年7月 - 新大関、初優勝
  • 1974年1月 - 引退、年寄楯山襲名
  • 1977年4月 - 伊勢ヶ濱部屋継承
  • 2006年11月 - 定年(定年、以下同)退職

主な成績編集

  • 通算成績:706勝507敗32休 勝率.582
  • 幕内成績:506勝384敗31休 勝率.569
  • 大関成績:233勝147敗31休 勝率.613
  • 現役在位:103場所
  • 幕内在位:62場所
  • 大関在位:28場所
  • 三役在位:19場所(関脇12場所、小結7場所)
  • 各段優勝
    • 幕内最高優勝:1回(1969年7月場所)
  • 三賞:7回
    • 殊勲賞:3回(1965年7月場所、1968年1月場所、1969年1月場所)
    • 技能賞:4回(1964年1月場所、1965年1月場所、1965年3月場所、1969年5月場所)
  • 金星:7個(栃ノ海3個、柏戸2個、佐田の山2個)

場所別成績編集

清國 勝雄
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1956年
(昭和31年)
x x x x (前相撲) x
1957年
(昭和32年)
西 序ノ口 #15
4–4 
東 序二段 #108
7–1 
西 序二段 #41
5–3 
x 西 序二段 #2
3–5 
東 序二段 #6
6–2 
1958年
(昭和33年)
西 三段目 #81
6–2 
西 三段目 #53
6–2 
東 三段目 #29
3–5 
東 三段目 #30
5–3 
西 三段目 #18
6–2 
西 三段目 #2
7–1 
1959年
(昭和34年)
西 幕下 #63
7–1 
東 幕下 #40
6–2 
東 幕下 #30
4–4 
西 幕下 #29
3–5 
西 幕下 #33
6–2 
西 幕下 #20
4–4 
1960年
(昭和35年)
西 幕下 #21
5–3 
西 幕下 #15
6–2 
西 幕下 #6
2–6 
東 幕下 #17
3–3–1 
西 幕下 #18
5–2 
西 幕下 #11
6–1 
1961年
(昭和36年)
西 幕下 #3
4–3 
東 幕下 #2
4–3 
西 幕下 #1
1–6 
西 幕下 #9
3–4 
西 幕下 #10
6–1 
東 幕下 #3
3–4 
1962年
(昭和37年)
東 幕下 #5
5–2 
西 幕下 #1
2–5 
西 幕下 #8
3–4 
東 幕下 #10
4–3 
西 幕下 #7
5–2 
東 幕下 #3
4–3 
1963年
(昭和38年)
東 幕下 #2
5–2 
東 幕下 #1
4–3 
東 十両 #17
10–5 
東 十両 #14
12–3 
西 十両 #3
10–5 
西 前頭 #14
8–7 
1964年
(昭和39年)
東 前頭 #13
14–1
西 関脇
6–9 
東 前頭 #2
7–8 
東 前頭 #2
8–7 
西 前頭 #1
5–10
東 前頭 #4
9–6
1965年
(昭和40年)
西 前頭 #1
10–5
東 小結
9–6
東 関脇
7–8 
西 小結
10–5
東 関脇
4–11 
東 前頭 #4
9–6
1966年
(昭和41年)
東 前頭 #2
7–8 
西 前頭 #3
9–6
東 小結
4–11 
西 前頭 #3
9–6
西 小結
8–7 
東 関脇
7–8 
1967年
(昭和42年)
東 小結
3–12 
西 前頭 #5
9–6 
西 前頭 #2
7–8 
西 前頭 #1
7–8 
西 前頭 #2
8–7
東 小結
8–7 
1968年
(昭和43年)
西 関脇
9–6
東 関脇
10–5 
東 関脇
8–7 
東 関脇
8–7 
東 関脇
8–7 
東 関脇
7–8 
1969年
(昭和44年)
西 小結
10–5
西 関脇
9–6 
西 関脇
12–3
東 大関
12–3[注 5] 
東 大関
9–6 
西 張出大関
9–6 
1970年
(昭和45年)
西 張出大関
10–5 
東 大関
7–8 
西 大関
10–5[注 6] 
東 大関
11–4 
東 大関
9–6 
西 大関
12–3 
1971年
(昭和46年)
東 大関
8–7 
西 張出大関
10–5 
東 張出大関
13–2 
東 大関
9–6 
西 大関
8–7 
東 張出大関
8–7 
1972年
(昭和47年)
西 大関
9–6 
西 大関
10–5 
西 大関
8–7 
西 大関
9–6 
東 大関
9–6 
東 張出大関
10–5 
1973年
(昭和48年)
東 張出大関
1–6–8[注 7] 
西 張出大関
9–6[注 6] 
西 大関
11–4 
東 大関
1–5–9[注 8] 
西 張出大関
11–4[注 6] 
東 大関
0–7–8[注 9] 
1974年
(昭和49年)
西 張出大関
引退
0–0–6[注 6]
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴編集

  • 若い國 忠雄(わかいくに ただお)1956年9月場所-1961年11月場所
  • 梅ノ里 忠雄(うめのさと -)1962年1月場所-1962年3月場所
  • 清國 忠雄(きよくに -)1962年5月場所-1964年3月場所
  • 清國 勝雄(- かつお)1964年5月場所-1965年1月場所
  • 清國 忠雄(- ただお)1965年3月場所-1967年9月場所
  • 清國 勝雄(- かつお)1967年11月場所-1974年1月場所(引退)

年寄変遷・改名編集

  • 楯山 忠雄(たてやま ただお)1974年1月-1977年4月
  • 伊勢ヶ濱 忠雄(いせがはま -)1977年4月-1985年1月
  • 伊勢ヶ濱 清之輔(- せいのすけ)1985年1月-1990年11月
  • 伊勢ヶ濱 忠雄(- ただお)1990年11月-1992年1月
  • 伊勢ヶ濱 清之輔(- せいのすけ)1992年1月-2006年11月
  • 若藤 清之輔(わかふじ- )2006年11月(定年)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 現役力士の自動車運転が当時認められていたため、取的時代には実際に部屋の運転係を務めていた。
  2. ^ 清國が東北地方へ地方巡業していたため、その間を利用して大阪出身の前妻が子供を連れて実家へ里帰りするため搭乗していた。
  3. ^ 義弟のタートル岡部と清國は不仲であり、特に清国は岡部の妻でもある妹と折り合いが悪いという。
  4. ^ 千代の富士は肩の脱臼癖対策に筋肉で関節を固めていたことで有名であるが、これが1度外れるとはめることが大変難しいという問題を起こすことになり、治せる人物は清國だけだった。
  5. ^ 藤ノ川と優勝決定戦
  6. ^ a b c d 角番(全4回)
  7. ^ 頸部挫傷後遺症により7日目から途中休場
  8. ^ メニエール病により6日目から途中休場
  9. ^ 低血圧心不全により7日目から途中休場

出典編集

  1. ^ 北の富士勝昭、嵐山光三郎『大放談!大相撲打ちあけ話』(新講舎、2016年)P186
  2. ^ ベースボールマガジン社『大相撲戦後70年史』18ページ

関連項目編集