清塚信也

日本のピアニスト

清塚 信也(きよづか しんや、1982年11月13日 - )は、日本のピアニスト作曲家編曲家俳優である。

清塚信也
きよづか しんや
生誕 (1982-11-13) 1982年11月13日(39歳)
出身地 日本の旗 東京都
学歴 桐朋女子高等学校音楽科
モスクワ音楽院(留学)
ジャンル クラシック
サウンドトラック
職業 ピアニスト
作曲家
編曲家
俳優
担当楽器 ピアノ
活動期間 1998年 -
レーベル ユニバーサルミュージック
事務所 トライストーン・エンタテイメント
公式サイト トライストーン
ユニバーサルミュージック

東京都出身。トライストーン・エンタテイメント所属[1]、所属レーベルはユニバーサルミュージック。妻は女優タレント乙黒えり

経歴編集

1982年に東京都に生まれる。日本人の父、韓国人の母をもつ[2]1996年調布市立第四中学校2年生在学時に「第50回全日本学生音楽コンクール」中学生ピアノ部門で入賞している[3]1998年東京交響楽団との共演でデビュー[4]。同年3月に行われた第3回浜松国際ピアノアカデミー「アカデミー国際ピアノコンクール」では第1位を獲得している[4][5]

2000年、第1回ショパン国際コンクールin ASIAで1位となる[6]2001年桐朋学園大学付属ソリストディプロマコースに入学し、ロシアのモスクワ音楽院に留学もしている[4][7]2004年に日本イタリア協会第1回イタリアピアノコンコルソボローニャ部門でボローニャ大賞に次ぐ金賞受賞者の一人となる[7]2005年に日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位[8]2006年にはザイラー国際ピアノコンクールで第3位を獲得している[9]2007年公開の映画『神童』で、ワオ(演:松山ケンイチ)のピアノ演奏シーンの吹き替え担当する[10]。同年12月にワーナーミュージック・ジャパンから3枚目のアルバムで自身初のクラシックアルバム「熱情」を発売した[11]

2010年のNHK大河ドラマ龍馬伝では、第2部から龍馬伝紀行のBGMとして龍馬伝の主題曲をピアノで演奏[12]。2012年に女優の乙黒えりと結婚し、6月4日に妻の第1子妊娠を発表すると、11月24日に長女が誕生した。2014年11月8日には妻の第2子妊娠を発表し、2015年4月16日に次女が誕生した[13]。2013年に公開の映画『さよならドビュッシー』の岬洋介役で俳優デビュー[14]。2019年8月16日に、日本人男性クラシックピアニストとしては初の日本武道館公演を開催した[15]

人物編集

両親が音楽好きで、特にクラシック音楽は家の中でよく流れていた[4]。母は小さい頃ピアノやヴァイオリンをやってみたかったが祖母がそれには否定的で、自分の子供には学ばせようと、姉にヴァイオリン、清塚にピアノを習わせた[16]。清塚は5歳でピアノを始め、2歳上の姉が桐朋学園の「子供のための音楽教室」へ通うことになり、まだ小さかった清塚は留守番ができないため連れられて行き、姉を見ていた[4]。そのうちに音楽感覚が養われ、レッスンや練習は嫌いながら7歳から通うことになる[4]

将来は野球選手になることを夢見て運動していた[17]。小学6年生からプロのピアニストになることを考えたが、中学生になってから受けたコンクールで予選落ちし今までの頑張りがすべて無駄になり、このままでは負け犬になってしまうと思い、毎日半日ほどを練習に費やすようになった。1年後の1996年第50回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部で1位となる[4]

大学は高校からなじみのある人がいる桐朋学園大学へ進んだが、自分が正しいと思ったことが周りに受け入れられず自分がピアノマシーンのようになっていると気付いた。入学して日が浅いながら自分を知る者がだれもいない世界へ行こうとモスクワ音楽院へ留学し、セルゲイ・ドレンスキーに師事。周りにはデニス・マツーエフニコライ・ルガンスキーらがいる中で演奏をしてミスをすると失笑が漏れる環境に鍛えられたが、何もすることがない自由時間が一番辛く、映画鑑賞や飲酒をしたり、ときには放浪の旅に出たりしながら2年間過ごし、何も得られず帰国した[4]

帰国してからは家族以外に話し相手がいなかった。ピアノさえも嫌いになっていたが、以前の伝でコンサートの依頼はあった。思い立ち、今まで世話になった人々に挨拶に行き人脈を築いていった[4]

クラシックのコンサートとしては異例といえる長尺のMCタイムをとるほどの喋り好きであり、松本人志などお笑い芸人をリスペクトしていると公言する。そのためバラエティ番組の出演も多く、毎日放送主催の「歌ネタ王決定戦」では審査員を務めている[18]

幼少期に埼玉県所沢市に住んでいた時期があり、埼玉西武ライオンズの大ファンである。その縁で、埼玉西武ライオンズのビクトリーエンブレム「WE ARE ONE」のテーマ曲を制作している[19]

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • Romantic crime -the other side of classic music-(2007年2月7日発売 コナミデジタルエンタテインメント)
  • Qualia(2007年3月21日発売 コナミデジタルエンタテインメント)
  • 熱情~Appassionata~(2007年12月5日発売)
  • 清塚信也 plays 天国はまだ遠く [composed by 渡辺俊幸](2008年10月29日発売)
  • ラプソディ・イン・ブルー(2009年9月9日発売)
  • Autumn Special Night 2010 @ Ginza YAMAHA HALL(2010年2月14日発売) -Super Trio 3℃(石田泰尚(Vn)、金子鈴太郎(Vc)、清塚信也(Pf))
  • 夜ノショパン(2010年9月8日発売)
  • ぐっすり眠れるピアノ(2012年5月16日発売)
  • Charge Up (チャージ・アップ)(2012年7月25日発売)
  • THE LIVE(2014年2月日発売)
  • KIYOZUKA☆LAND -キヨヅカ☆ランド-(2014年9月3日発売)
  • あなたのためのサウンドトラック(2015年11月4日発売)
  • KIYOZUKA(2016年12月7日発売)
  • For Tomorrow(2017年10月18日発売)
  • connect(2018年12月12日発売)
  • SEEDING(2019年7月17日発売)

参加作品編集

  • 「のだめオーケストラ」LIVE!(2006年11月15日発売)
  • フィギュア・スケート ミュージック・セレクション 06-08(2008年3月5日発売)
  • Happy Running! / ハッピー・ランニング!(2008年9月24日発売)
  • フィギュア・スケート ミュージック・セレクション 08-09(2008年12月10日発売)
  • 映画「神童」オリジナル・サウンドトラック(2010年5月26日発売)
  • NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 龍馬伝 Vol.2(2010年5月26日発売)
  • 帝国ホテルのクラシック(2010年10月27日発売)
  • 中島美嘉「STAR」(2010年10月27日)
  • オリジナル・サウンドトラック TBS系 金曜ドラマ「コウノドリ」The Best Tracks(2017年12月20日発売)

作品編集

映画(作品)編集

テレビドラマ(作品)編集

配信ドラマ(作品)編集

舞台(作品)編集

ストレートプレイ編集

ミュージカル編集

その他(作品)編集

  • 埼玉西武ライオンズ ビクトリーエンブレム「WE ARE ONE」テーマ曲(2021年)[19]

編曲編集

メディア出演編集

テレビ番組編集

ラジオ番組編集

映画編集

テレビドラマ編集

配信ドラマ編集

舞台編集

ミュージカル ゴヤ -GOYA-編集

ミュージカル ゴヤ -GOYA-』はG2脚本・作詞、清塚信也作曲のミュージカル。2021年初演[38]

初演編集

キャスト編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b c d 俳優としても出演。
  2. ^ 大坪直樹との共同。
  3. ^ 木村秀彬との共同。
  4. ^ 2016年3月27日、2017年2月5日・9月17日・11月19日、2018年1月28日・2月25日・3月18日・5月6日・10月7日・10月28日、2019年3月3日・4月28日・9月15日・11月3日、2020年5月31日(リモート出演)・6月28日(リモート出演)・7月12日(リモート出演)、2021年10月27日(アンケート出演)、2022年4月17日、その他総集編にも多数出演。
  5. ^ 特番。2021年4月1日よりレギュラー化された。
  6. ^ 当初同日から「金曜ドラマ」枠で放送開始予定だった新連続ドラマ『MIU404(綾野・星野がダブル主演)が、新型コロナウイルス感染拡大で、撮影スケジュールに影響が出たことを受けて放送延期が決定されたため代替番組として暫定放送。第1・2シリーズの全21話の中から数話を抜粋して放送予定。

出典編集

  1. ^ https://archive.li/0P8lR”. twitter.com. 2018年12月30日閲覧。
  2. ^ 1月号特集 インタビュー 清塚信也さん”. ヨコハマ・アートナビ. 2008年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月10日閲覧。
  3. ^ 第41~50回”. 全日本学生音楽コンクール. 2021年3月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 清塚 信也 | アーティストインタビュー | 指導者の声 | PSTA
  5. ^ アカデミーコンクール入賞者|これまでの歩み”. 浜松国際ピアノアカデミー2021. 2022年4月16日閲覧。
  6. ^ 人気ピアニスト清塚信也さんが伝授! 子どもにやる気をおこさせるピアノレッスンの極意6
  7. ^ a b 日本イタリア協会 第1回イタリアピアノコンコルソ 受賞者リスト”. musicarte.xsrv.jp. 2018年11月20日閲覧。
  8. ^ 日本ショパン協会について
  9. ^ 出演者プロフィール|清塚 信也(ピアノ)|響ホール 北九州市の音楽ホール
  10. ^ 『のだめカンタービレ』で玉木宏、『神童』で松山ケンイチの 吹き替え演奏を担当した人気ピアニスト清塚信也が俳優デビュー 『さよならドビュッシー』利重剛監督&清塚信也インタビュー - インタビュー&レポート|ぴあ関西版WEB
  11. ^ 特集:【清塚信也】初のライヴDVD発売記念企画 “女子クラ部”からの質問をぶつけてみました! - CDJournal CDJPUSH
  12. ^ “のだめ”でもお馴染みのピアニスト・清塚信也が『龍馬伝紀行』新テーマ曲担当 | ORICON NEWS
  13. ^ 乙黒えり「のだめ」演奏者の清塚氏と結婚 SANSPO.COM(サンスポ)、2012年4月1日
  14. ^ 清塚信也、『さよならドビュッシー』、いっぱい弾きます | BARKS
  15. ^ 清塚信也、改修前ラスト武道館でソロ公演 邦人男性クラシック・ピアニストで史上初
  16. ^ 「最後まで絶対このパワーで弾き続けるぞっ」DVD『THE LIVE』が2月5日(水)発売!ピアニスト清塚信也インタビュー! - asobist.com
  17. ^ 人気の職業早わかり! マスコミ・芸能・創作の仕事 68ページ PHP研究所 2011年
  18. ^ かまいたち山内、フットボールアワー岩尾が「歌ネタ王決定戦」審査員に”. お笑いナタリー. 2022年4月16日閲覧。
  19. ^ a b ピアニストの清塚 信也さんが制作!オリジナルテーマ曲「WE ARE ONE」を本日発表!|株式会社西武ライオンズのプレスリリース”. PR TIMES. 2022年4月16日閲覧。
  20. ^ うつし世の静寂(しじま)に (2010):あらすじ・キャストなど作品情報”. シネマトゥデイ. 2022年4月16日閲覧。
  21. ^ a b ポプラの秋(映画)”. WEBザテレビジョン. 2022年4月16日閲覧。
  22. ^ 恋 (2014):あらすじ・キャスト・動画など作品情報”. シネマトゥデイ. 2022年4月16日閲覧。
  23. ^ 新宿スワンII(映画)”. WEBザテレビジョン. 2022年4月16日閲覧。
  24. ^ "壊れた家族を"陶芸"が繋ぐ「未来へのかたち」5月公開!主題歌はHAN-KUN、清塚信也が音楽を担当". 映画.com. エイガ・ドット・コム. 19 February 2021. 2021年2月19日閲覧
  25. ^ 音楽・主題歌を担当!NHK 土曜ドラマ「路 ~台湾エクスプレス~」”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2022年4月16日閲覧。
  26. ^ a b ピアニスト清塚信也が吉田鋼太郎主演舞台の音楽を担当 「楽士」として舞台への出演も”. SPICE. 2022年4月16日閲覧。
  27. ^ 清塚信也、鈴木愛理がMCを務める、クラシック音楽番組がレギュラー化!”. NHK (2021年3月19日). 2021年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月23日閲覧。
  28. ^ +music”. MBS. 2022年4月16日閲覧。
  29. ^ Yogibo presents FREE STUDIO”. MBS. 2022年4月16日閲覧。
  30. ^ 清塚信也の音楽考察バラエティ「キヨヅカライザー」今夜スタート、初回ゲストはimase”. 音楽ナタリー. 2022年4月16日閲覧。
  31. ^ 明治チョコレート効果 presents 清塚信也 Xタイム ラジオ”. TBSラジオ. 2022年4月16日閲覧。
  32. ^ さよならドビュッシー(映画)”. WEBザテレビジョン. 2022年4月16日閲覧。
  33. ^ 「コウノドリ」綾野剛演じる産科医のもう1つの顔・BABYのビジュアル解禁”. コミックナタリー. 2022年4月16日閲覧。
  34. ^ “綾野剛主演『コウノドリ傑作選』放送決定 全21話から選りすぐりの回を放送”. Real Sound映画部. (2020年4月2日). https://realsound.jp/movie/2020/04/post-533264.html 2020年4月10日閲覧。 
  35. ^ <メディア情報:TV>TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」第10話出演!”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2022年4月16日閲覧。
  36. ^ “ピアニスト清塚信也、心臓を患った女児の父親を熱演〈病室で念仏を唱えないでください〉”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年2月29日). https://thetv.jp/news/detail/225105/amp/ 2020年3月2日閲覧。 
  37. ^ ITSUZAI〜イツザイ〜”. テレビ東京. 2022年4月16日閲覧。
  38. ^ 『ミュージカル ゴヤ -GOYA-』、2021年、松竹(公演パンフレット)

外部リンク編集