メインメニューを開く

清塚 信也(きよづか しんや、1982年11月13日 - )は、日本のピアニスト東京都出身。トライストーン・エンタテイメント所属[1]、レーベルはユニバーサルミュージック。

清塚信也
きよづか しんや
生誕 (1982-11-13) 1982年11月13日(36歳)
出身地 日本の旗 東京都
学歴 桐朋女子高等学校音楽科(共学)
モスクワ音楽院(留学)
ジャンル クラシック
サウンドトラック
職業 ピアニスト
作曲家
俳優
担当楽器 ピアノ
活動期間 1998 -
レーベル ユニバーサルミュージック
事務所 トライストーン・エンタテイメント
公式サイト トライストーン
ユニバーサルミュージック

目次

経歴編集

人物編集

両親が音楽好きで特にクラシック音楽は家の中でよく流れていた[3]。特に母は小さい頃にピアノやヴァイオリンをやってみたかったが祖母がそれには否定的で、それもあって自分の子供には学ばせようと姉にヴァイオリン、清塚にピアノを習わせた[15]。清塚は5歳でピアノを始め、2歳上の姉が桐朋学園の「子供のための音楽教室」へ通うことになり、まだ小さかった清塚は留守番ができないためレッスンはしないが連れられて行き、姉を見ていた[3]。そうしていくうちに音楽感覚が養われ、レッスンや練習は嫌いながら7歳で自分も通うことになる[3]

将来は野球選手にになること夢見て運動したり[16]、小学6年生からプロのピアニストになることを考えたが中学生になってから受けたコンクールで予選落ち、今までの頑張りが全てなしになったことでこのままでは負け犬になってしまう思い、練習を1日のうち半日は費やすようになり、練習時間のために学校を早退したり練習していないと不安だったがそんな頃に出会った指導者から自分を全否定されたりもしたが目標を見失いことにない経験になり、1年後の1996年第50回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部で1位となる[3]

大学は高校からなじみのある人がいる桐朋学園大学へ進んだが、自分が正しいと思ったことが周りに受け入れられず裏切られたような形で何もかも捨てたくなり、自分がピアノマシーンのようになっていると気付き、入学して日が浅いながら自分を誰も知らない世界へ行こうと音楽の勉強のためとしてモスクワ音楽院へ留学、セルゲイ・ドレンスキーに師事、周りにはデニス・マツーエフニコライ・ルガンスキーらがいる中で演奏をしてミスをすると失笑が漏れる環境は自分を鍛えられたが、何もすることがない自由時間が一番辛く、映画鑑賞や飲酒、ときには放浪の旅に出るも2年間過ごして何も得られず帰国した[3]

帰国してからは家族以外に話し相手がおらず、以前の伝でコンサートの依頼はあり、ピアノさえも嫌いになっていたそんな中で人間性を改善しようと思い立ち、今まで世話になった人々に挨拶に行って人脈を築いていった[3]


[備考]

周知の人間関係としては、大人気ユーチューバ―2bro.(兄者、弟者、おついち)との友好的な関係が知られている。

2019年7月15日 兄者弟者のYouTubeチャンネルにて、月1放送されてる2broRadio【vol.120】にゲスト出演。

メディア出演編集

脚注編集

  1. ^ https://archive.li/0P8lR”. twitter.com. 2018年12月30日閲覧。
  2. ^ 1月号特集 インタビュー 清塚信也さん”. ヨコハマ・アートナビ. 2008年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 清塚 信也 | アーティストインタビュー | 指導者の声 | PSTA
  4. ^ 人気ピアニスト清塚信也さんが伝授! 子どもにやる気をおこさせるピアノレッスンの極意6
  5. ^ a b 日本イタリア協会 第1回イタリアピアノコンコルソ 受賞者リスト”. musicarte.xsrv.jp. 2018年11月20日閲覧。
  6. ^ 日本ショパン協会について
  7. ^ 出演者プロフィール|清塚 信也(ピアノ)|響ホール 北九州市の音楽ホール
  8. ^ 『のだめカンタービレ』で玉木宏、『神童』で松山ケンイチの 吹き替え演奏を担当した人気ピアニスト清塚信也が俳優デビュー 『さよならドビュッシー』利重剛監督&清塚信也インタビュー - インタビュー&レポート|ぴあ関西版WEB
  9. ^ 公演スケジュール - 神戸新聞 松方ホール
  10. ^ 特集:【清塚信也】初のライヴDVD発売記念企画 “女子クラ部”からの質問をぶつけてみました! - CDJournal CDJPUSH
  11. ^ “のだめ”でもお馴染みのピアニスト・清塚信也が『龍馬伝紀行』新テーマ曲担当 | ORICON NEWS
  12. ^ 乙黒えり「のだめ」演奏者の清塚氏と結婚 SANSPO.COM(サンスポ)、2012年4月1日
  13. ^ 清塚信也、『さよならドビュッシー』、いっぱい弾きます | BARKS
  14. ^ 清塚信也、改修前ラスト武道館でソロ公演 邦人男性クラシック・ピアニストで史上初
  15. ^ 「最後まで絶対このパワーで弾き続けるぞっ」DVD『THE LIVE』が2月5日(水)発売!ピアニスト清塚信也インタビュー! - asobist.com
  16. ^ 人気の職業早わかり! マスコミ・芸能・創作の仕事 68ページ PHP研究所 2011年
  17. ^ 俳優としてライブハウスマネージャー滝賢太郎役も務めている。

外部リンク編集