清宮 海斗(きよみや かいと、1996年7月17日 - )は、日本プロレスラー埼玉県さいたま市出身。プロレスリング・ノア所属。

清宮 海斗
清宮 海斗の画像
プロフィール
リングネーム 清宮 海斗
本名 清宮 海斗
ニックネーム スーパーノヴァ
身長 180cm
体重 98kg
誕生日 (1996-07-17) 1996年7月17日(24歳)
出身地 埼玉県さいたま市
所属 プロレスリング・ノア
スポーツ歴 サッカー[1]
トレーナー 原田大輔
小峠篤司
デビュー 2015年12月9日
テンプレートを表示

経歴編集

2015年3月に埼玉県立南稜高等学校を卒業。三沢光晴に憧れ、卒業後にプロレスリング・ノアへ入門[2]

12月9日、ディファ有明大会にて熊野準を相手にデビュー。

2016年5月19日、『LION''S GATE』新宿大会で新日本プロレス川人拓来を相手に逆エビ固めでシングル初勝利を収めた。

6月18日、『We are SUZUKI GUN 3』後楽園ホール大会のロイヤルランブルにて優勝。鈴木みのるとシングルマッチを行う権利を得る。

7月16日、後楽園ホール大会で鈴木とシングルマッチを行うが、両軍乱入によりノーコンテンストとなり急遽8人タッグマッチへと変更、奮闘するものの杉浦貴のオリンピック予選スラムを受けて敗北した。

10月23日、横浜文化体育館大会で鈴木とのシングルマッチを行うも、鈴木のゴッチ式パイルドライバーを受けて敗北を喫した。

2017年1月9日、後楽園ホール大会で無党派の杉浦貴と結託。

7月、拳王戦後に海外遠征のためカナダへ出発[3]

12月22日、後楽園大会で帰国し、GHCヘビー級王座挑戦に名乗りを挙げた[4]

2018年1月6日、拳王のもつGHCヘビー級王座に挑戦し新技を披露するも敗北。また試合後拳王と杉浦に張り手を見せ杉浦軍からの離脱を表明。

4月11日、グローバル・タッグ・リーグ戦決勝でパートナー潮崎豪と共に拳王・杉浦組を倒し優勝する。

11月25日、グローバル・リーグ戦決勝で中嶋勝彦を倒し優勝する。

12月16日、横浜文化体育館大会で王者 杉浦貴と激しい攻防の末、タイガースープレックスホールドで倒し、GHCヘビー級王座に戴冠する。(尚、戴冠最年少記録も更新)

得意技編集

フィニッシュ・ホールド編集

タイガー・スープレックス・ホールド
憧れの三沢光晴が使用していた技の一つ。清宮の場合はホールドをするのが特徴。2018年にグローバルリーグ戦 決勝戦で中嶋勝彦をこの技を使い勝利した。
ストレッチ・プラム式フェイスロック
三沢光晴フェイスロック川田利明ストレッチ・プラムを組み合わせたオリジナル技。変型チキンウィング式フェイスロックを相手に決めたまま、自らの右足で長座状態にさせた相手の右足をフックして、ストレッチプラムの体勢で相手の体をねじる。2018年10月に初披露した時は、変型チキンウィングフェイスロックだったが、2019年3月で桜庭和志との合同練習で胴締め式変型チキンウィング式フェイスロックに進化。さらに10月に川田利明に直接アドバイスを受けて現在の形になった。
リバースネルソン・デスロック
2020年5月9日から新技使用。元々三沢光晴全日本プロレス時代に決め技で使用している技を清宮選手が新技として使用。相手の下半身をインディアン・デスロック(リバース・インディアンデスロック)に極め、相手の上半身を引き起こしてリバース・フルネルソンの体勢で固めて、そのまま立ち上がって宙吊り状態になった相手の肩、足に絞り上げる。

その他得意技編集

垂直落下式リバースDDT
清宮の場合ノーザンライト・ボムのような形で担ぎ上げ、相手の体勢を反転させて背中からマットに叩きつけるのが特徴。
タイガードライバー式DDT
相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の身体を水平以上に持ち上げて尻もちをつき、相手の体をサイドにフェースバスター気味に落とすインプラント式DDT。清宮のオリジナル技。
TFC(トルネード・フェイス・クラッシャー)
相手の攻撃をよけると同時に右腕に絡みついて、相手の背中側で旋回して最終的にフェイス・バスターを決める。清宮のオリジナル技。
アームドラッグ
プレイメーカー(オーバードライブ)
雪崩式リバースDDT
主に大一番でしか見せない技。
リバースDDT
いろいろな場面で繋ぎの技として使う。仰向けではなくうつ伏せでマットに倒れるようにして相手の後頭部を叩きつける。
相手の両足をロープに乗せての一撃を放つバージョンも使用。
ミサイルキック
ドロップキック
ジャーマン・スープレックス
フィッシャーマンズ・スープレックス
ボストンクラブ
ネックブリーカー
オーバースロー
ファイヤーマンズ・キャリーで相手を両肩に担ぎ上げ、上半身を右手で押し上げることで相手180度後方回転させながら右サイドに落とし、背中からマットに叩きつける変型サイド・スラム。技名は英語で「打倒」「征服」といった意。
変形パイルドライバー
2019年11月2日GHCヘビー級選手権で対拳王戦で披露した技。
相手の両腕を固定し、背中で相手を逆さまに担ぎ上げて、そのまま尻餅をつくように落とす、リバース・ゴリースペシャルから垂直落下で落とすような技。逆さまで腕を固定され脳天から落とされるという、受身の取れない体勢から繰り出される危険技。

タイトル歴編集

プロレスリング・ノア
パートナーは潮崎豪
パートナーは潮崎豪。
プロレス大賞
2018年 敢闘賞
2019年 敢闘賞

人物編集

  • 子供の頃にテレビで見た三沢光晴に憧れてプロレスラーを目指した。タイツの色も三沢と同じ緑色である。ただし杉浦と共闘していた際にはパンツを黒にしていた時期もある。
  • 実祖母がフジテレビ系列のフルタチさんに出演した。その際に清宮の試合映像も少しながら流れた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『週刊プロレス』2018年12月9日号増刊、プロレスラー写真名鑑号 2019、頁24。
  2. ^ 12月9日(水)ディファ有明大会にて清宮海斗選手デビュー プロレスリング・ノア 2015年11月12日
  3. ^ すべての壁をブチ壊す(清宮) 海外遠征決定!清宮海斗選手記者会見の模様【遠征期間中は欠場となります。ご理解賜りたく重ねてお願い申し上げます。】”. プロレスリング・ノア公式サイト (2017年6月5日). 2017年12月24日閲覧。
  4. ^ ノア・拳王がGHC初戴冠!サプライズ凱旋の清宮が挑戦名乗り”. デイリースポーツ (2017年12月23日). 2017年12月24日閲覧。

外部リンク編集