清山 宏明(きよやま ひろあき、1968年3月13日 - )は、JRA栗東トレーニングセンターに所属していた元騎手で、現在は角居勝彦厩舎所属の調教助手鹿児島県出身。

来歴編集

1986年、第2期生としてJRA競馬学校騎手課程を卒業しJRAの騎手免許を取得しデビューする。同期には熊沢重文松永幹夫横山典弘らがいる。デビュー時は小原伊佐美厩舎所属だった。3月7日、JRA初騎乗となった中京競馬場での第1レースでは、サンエムリーダーに騎乗し8着で、4月5日小倉競馬場での第3レースに出走したブライトインターで勝利しJRA初勝利を挙げる。

1993年京阪杯をロンシャンボーイで制し重賞初勝利を挙げる。この年は年間17勝(うち重賞3勝)とキャリアハイの成績を残した。

1995年にフリーとなるも、1999年領家政蔵厩舎所属となる。

2002年1月にふたたびフリーとなるが、6月10日付で騎手を引退し、再度領家政蔵厩舎に戻り同厩舎所属の調教助手となった。騎手成績は、通算2178戦141勝(中央のみ)

2006年服部利之厩舎に移籍するも、翌2007年、角居勝彦厩舎に移籍する。 角居厩舎に所属後は、ウオッカキセキなどの調教を担当している。

また、2010年代に入ってからは多忙な調教師に代わって、評判馬や一流馬が多い同厩舎のスポークスマンとしてメディアに登場することもある。

おもな騎乗馬編集

おもな担当馬編集

関連項目編集