メインメニューを開く

清心院(せいしんいん、旧字体:淸心院寛文7年(1667年) - 元文4年11月19日1739年12月19日))は、江戸時代の5代将軍・徳川綱吉側室は不詳。通称は新典侍(しんすけ、新助とも)。

目次

生涯編集

公家豊岡家の祖である豊岡有尚の娘として生まれ、祖父の権大納言日野弘資の養女となる。はじめは綱吉の御台所鷹司信子付の女房だったが、江戸城本丸大奥の実力者・右衛門佐局によって綱吉の側室となったという。

宝永6年(1709年)、綱吉の没後に落飾して清心院と号し、以後は馬場先の御用屋敷に住んだ。ところが享保2年(1717年)に密通事件が発覚、飯田町新屋敷に蟄居の身となる。元文4年(1739年)、73歳で没した。戒名は淸心院貞岳妙瑌日証大姉。墓所は東京都台東区谷中の大円寺にある。

脚注編集

参考文献編集

  • 雲村俊慥『大奥の美女は踊る』 PHP研究所、2006年。
  • 高柳金芳『大奥の秘事』 雄山閣、2003年。

関連作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

漫画編集

  • 大奥(白泉社、よしながふみ)