清棲 敦子(きよすみ あつこ、1907年(明治40年)5月18日 - 1936年(昭和11年)3月24日)は日本の元皇族。伯爵清棲幸保夫人。伏見宮博恭王の第二王女(敦子女王)として生まれる。母は伏見宮妃経子。第三王女の知子女王とは一卵性双生児。1925年(大正14年)清棲幸保に降嫁。家隆、貞子、慶子、家治の4児を儲ける。

清棲 敦子
清棲幸保と家族 Kiyosu Yukiyasu and family.jpg
夫・二男二女との家族写真

身位 女王→(皇籍離脱)
敬称 殿下→(皇籍離脱)
出生 (1907-05-18) 1907年5月18日
日本の旗 日本東京府東京市麹町区
(現:東京都千代田区紀尾井町)伏見若宮邸
死去 (1936-03-24) 1936年3月24日(28歳没)
配偶者 清棲幸保
子女 清棲家隆
清棲貞子
清棲慶子
清棲家治
父親 伏見宮博恭王
母親 伏見宮妃経子
テンプレートを表示