清水マリ

日本の女性声優

清水 マリ(しみず まり、1936年昭和11年〉6月7日[5][11] - )は、日本声優女優YouTuber埼玉県浦和市(現:さいたま市浦和区)出身[4]81プロデュース所属[6]。父親は俳優の清水元[7][8]。本名は山内 鞠(やまのうち まり)[1][2]

しみず まり
清水 マリ
1958年
1958年
プロフィール
本名 山内 鞠
(やまのうち まり)[1][2]
愛称 マリちゃん[3]
性別 女性
出身地 日本の旗 日本埼玉県浦和市
(現・さいたま市浦和区[4]
生年月日 (1936-06-07) 1936年6月7日(88歳)
血液型 O型[5]
職業 声優女優
事務所 81プロデュース[6]
清水マリ事務所(個人事務所)
配偶者 あり
著名な家族 清水元(父)[7][8]
公式サイト 清水マリ - 81プロデュースの公式サイト
公称サイズ(時期不明)[9]
身長 / 体重 154 cm / 48 kg
声優活動
活動期間 1963年 -
デビュー作鉄腕アトム』(アトム)
女優活動
活動期間 1957年[10] -
デビュー作 『つり竿とハンドル』[10]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ
清水マリ
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年5月1日-
登録者数 460人
総再生回数 13,966回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年7月21日時点。
テンプレートを表示

経歴

編集

浦和市立仲本小学校浦和市立原山中学校埼玉県立浦和西高等学校卒業[2]

劇団俳優座付属養成所7期、劇団新人会高松事務所青二プロダクションぷろだくしょんバオバブを経て[12]2016年7月1日から[13]81プロデュースに所属[6]

2003年から個人事務所である清水マリ事務所でも活動している[2]

キャリア

編集

中学1年時に父親の劇団で『ピノキオ』の舞台を上演することになったが、劇団に子役がいなかったため、清水がピノキオ役で出演することになり、それがきっかけで役者の道に進む[14]。父親は役者になることについては反対していた[14]

高校では演劇部に所属し、卒業後に俳優座の養成所に入所[14]。卒業後は劇団新人会に入団[12]。女優業のほか、渡辺美佐子の付き人や、演出助手などを経験[14]。日本初の30分アニメの主役、『鉄腕アトム』のアトム役を演じる。これは虫プロに清水元の劇団の出身者だった穴見薫がおり、手塚治虫からアトムのモチーフがピノキオであると聞かされたことから、中学生時代にピノキオを演じた清水を推挙したとされる[14][15]。その後もほぼ一貫してアトム役を演じていたが、2003年4月6日をもってアトム役を降りることを決める[4]

虫プロダクションの『アトム』の仕事が終わったあとは劇団の活動を中心にするつもりだったが、番組放映期間中に子供が生まれて舞台活動を続けていくことが困難になり[16]1966年に新人会を退団[2]大山のぶ代の誘いで[16]、高松事務所に所属[2]。声優に転身した[16]

バオバブの附属養成所 B・A・Oや[2]音響芸術専門学校演習・演劇研究講師の講師でもある[17]。弟子に子安武人間宮くるみがいる[18]

現在まで

編集

2006年、第5回東京アニメアワード功労賞を受賞[12]。2009年、第3回声優アワードシナジー賞(『鉄腕アトム』)を受賞[19]。2017年、第11回声優アワード功労賞を受賞[20]

2021年、自身のYouTubeを開設。

人物

編集

声種メゾソプラノ[21]

父親の清水元が出演していた[8]『マグマ大使』の主題歌の歌詞のなかで、「SOS SOS カシン カシン カシン」の声を担当していた[22]。夫は桐朋学園大学の講師をしていた[23]

オーディションを受けた経験が無いという[24]

趣味・特技は織物陶芸昔話の語り部[6]

アトムに関して

編集

アトム役に抜擢されるまで漫画をほとんど読んだことがなく、手塚の存在も知らなかったという[15]。だが、収録を続けていく内に思う所があり台本を保管していくようになった[14]

本放送が決まった際に改めてオーディションが行われるも清水は呼ばれなかった。清水はその件を知り落胆するも手塚の強い意向を受け正式にアトム役に決まった[25]。芸名を漢字1字の鞠から片仮名のマリに変えたのも鉄腕アトムが子供向き番組だから易しい字をという手塚治虫からの要望であった。

アトム役は当初は2年契約で請けており、2年目に妊娠、番組が延長されたため田上に引き継がせて降板する予定だった。だが、放送を見た子供たちから「アトムの声が違う」と問い合わせがフジテレビに相次ぎ、ディレクターの要請を受け続投した[15]

アトムを地声でやってしまったため、『妖怪人間ベム』のベロを担当した際は声帯のどこを使って声を出せばいいのか悩んだという[24]

40歳を過ぎた頃、両親の他界、他の現場で「アトムの声を出さないで欲しい」とダメ出しを受けたり、自分だけが子供役を続けている点に焦りを感じていた。その頃、小沢重雄に誘われ昔話の語りに参加。舞台女優志望だった清水には生き甲斐になった[26]

手塚の存命時は手塚の意向もありアトムを演じ続けたが、手塚没後の2003年、『アストロボーイ・鉄腕アトム』製作時にスタッフから「(アトム役は)新しい人でいきたい」と告げられる[27]。清水は、可能な限り演じ続ける意向を持っていたためショックを受ける一方で、「『アトム役です』っていってこんなお婆さんが出てくるのもイメージが崩れるだろうし、そろそろ若い人に席を譲ることも必要なのではないか」と思い降板を受け入れ、アトムの誕生日の前日である2003年4月6日をもってアトム役を勇退した[27][4]。この際、手塚プロダクションには清水の降板に関する問い合わせが相次いだといい、「新キャストの方も、そういう声を跳ね返すのは大変なことだったと思いますが、それだけの大役を続けて来られたというのは私にとっての誇りになっています」と述べている[4]

なお、降板後もイベントなどで請われてアトムの声を披露する機会はあるといい、清水は「本当に長い付き合いになります」と語っている[25]

代役

編集

清水の産休中、代役を務めた人物は以下のとおり。

代役 役名 作品 後任の初出演 復帰時期
田上和枝 アトム 鉄腕アトム 第97話 第107話

出演

編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

編集
1963年
1968年
1969年
1971年
1972年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1989年
2000年
2004年

劇場アニメ

編集

映画

編集
  • 漫画誕生 劇中アニメ(2019年、茶目坊)
  • 自主映画 ザ・シノハラステージング『Undergroundー13』(2023年)

吹き替え

編集

映画

編集

ドラマ

編集

アニメ

編集

舞台

編集
  • ピノキオ 表現座 夏休み公演。※中学1年の時。主役ピノキオ。
  • スターワルツ朗読劇『銀河鉄道の夜』(2009年 築地、2010年 永田町、2013年 白金台、2019年 神保町) 主演・ジョバンニ
  • スターワルツ朗読劇『星の王子さま』(2010年 永田町 星陵会館)主演・王子さま役 - (共演:西塔紅美、古谷敏、水垣洋子土屋嘉男木澤雅博、他)
  • La・Moon主催 四谷於岩稲荷田宮神社勧進奉納舞台なぞらえ屋〜不思議底七歌〜(2011年4月1日 - 3日、吉祥寺 前進座劇場) - 坂東火月 役
  • 劇団B.E.M. 朗読劇『銀河鉄道の夜』(2022年 東京 新橋 TCC試写室)主演  (共演: 団時朗、古谷敏、きくち英一、西塔紅美、高野浩幸、大月ひかる、山村哲夫、西京利彦、三留まゆみ、佐藤麻子、月元映里、鈴木茉吏奈、末田佳子、他)
  • 劇団B.E.M. 朗読劇『名探偵ホームズ』(2022年 東京 新橋 TCC試写室)ハドソン夫人 主演 (共演: 古谷敏、きくち英一、西塔紅美、高野浩幸、西京利彦)
  • 劇団B.E.M. 朗読劇『ホープレス・メイン』(2023年 兵庫県 宝塚市立文化芸術センター) 主演 サラマンドラ役 (共演 星光子、森功至、兼田玲菜)

テレビ番組

編集

ラジオ

編集
  • 東京REMIX族(聞き役)
  • NHK-FM アニソン・アカデミー 第16回でゲスト講師

著書、エッセイなど

編集

脚注

編集
  1. ^ a b 清水, マリ, 1936-”. Web NDL Authorities (国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス). 国立国会図書館. 2019年9月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g プロフィール”. 清水マリ公式ホームページ. 2013年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月28日閲覧。
  3. ^ 「声優クローズ・アップ」『ジ・アニメ』1980年12月号、近代映画社、1980年11月、135頁。 
  4. ^ a b c d e 清水マリの声優道 感情を表現するにはたくさんの経験を積まないといけない”. 声優グランプリweb. 2015年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月28日閲覧。
  5. ^ a b 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、81頁。 
  6. ^ a b c d 清水 マリ - (さ行):株式会社81プロデュース‐声優プロダクション”. 2022年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月3日閲覧。
  7. ^ a b 「青春スクロール 母校群像記【県立浦和西高校】(3)アニメに魂吹込み テレビで語りかけ」『朝日新聞』2019年10月26日、埼玉 、32面。
  8. ^ a b c hashimotoichi23のツイート(831219968427503616)
  9. ^ 『日本タレント名鑑(2016年版)』VIPタイムズ社、2016年1月27日、586頁。ISBN 978-4-904674-07-9 
  10. ^ a b 清水 マリ”. 日本タレント名鑑. 2020年1月28日閲覧。
  11. ^ 清水マリ(インタビュアー:鵜野光博)「清水マリ(79)=声優=妊娠9カ月まで「鉄腕アトム」 代役に「声が違う」と子供たちから電話が…」『産経ニュース』、産経新聞社、8頁、2016年1月5日https://www.sankei.com/article/20160105-OT7C47A2QNJK3EBXPWGNLZIM7Q/8/2023年12月3日閲覧 
  12. ^ a b c 主な講師”. 音響芸術専門学校. 2013年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月28日閲覧。
  13. ^ インフォメーション - 81プロデュース(2016年7月8日時点のアーカイブ
  14. ^ a b c d e f 清水マリの声優道 みんなでひとつの舞台を作っていくという感覚が好きだった”. 声優グランプリweb. 2014年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月28日閲覧。
  15. ^ a b c INC, SANKEI DIGITAL (2016年1月3日). “【話の肖像画プレミアム】清水マリ(79)=声優=妊娠9カ月まで「鉄腕アトム」 代役に「声が違う」と子供たちから電話が…(1/8ページ)”. 産経ニュース. 2022年12月4日閲覧。
  16. ^ a b c 清水マリの声優道 不思議なご縁でさまざまな素晴らしい作品に巡り会えた”. 声優グランプリweb. 2015年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月28日閲覧。
  17. ^ 講師紹介”. 音響芸術専門学校. 2018年4月28日閲覧。
  18. ^ 『鉄腕アトム』『妖怪人間ベム』『宝島』 アニメ史に燦然と輝く声優・清水マリの足跡 - 2ページ目 (2ページ中)”. otocoto | こだわりの映画エンタメサイト. 2022年12月4日閲覧。
  19. ^ “第3回声優アワード 受賞者”. 声優アワード. https://www.seiyuawards.jp/winning/winning_03/index.php 2024年7月9日閲覧。 
  20. ^ “「第11回 声優アワード」受賞者の一部を先行発表! 小林清志さん・清水マリさん・堀絢子さん・中尾隆聖さん・島本須美さんが受賞決定”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年2月21日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1487652061 2017年2月21日閲覧。 
  21. ^ 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、85頁。 
  22. ^ hashimotoichi23のツイート(831204764385898496)
  23. ^ いつでも楽しく、ハートを入れた演技をし続けたい。島本須美インタビューVol.4”. 声優になる!マガジン. 雷鳥社 (2006年1月18日). 2024年7月12日閲覧。
  24. ^ a b 『鉄腕アトム』『妖怪人間ベム』『宝島』 アニメ史に燦然と輝く声優・清水マリの足跡”. otocoto | こだわりの映画エンタメサイト. 2022年12月4日閲覧。
  25. ^ a b マンガの神様・手塚治虫が我を忘れて歓喜! 声優・清水マリがアトムに命を吹き込んだ - 2ページ目 (2ページ中)”. otocoto | こだわりの映画エンタメサイト. 2022年12月4日閲覧。
  26. ^ 清水マリ”. ヒーローズインタビュー! HeroesInterview. 2022年12月4日閲覧。
  27. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2016年1月3日). “【話の肖像画プレミアム】清水マリ(79)=声優=妊娠9カ月まで「鉄腕アトム」 代役に「声が違う」と子供たちから電話が…(7/8ページ)”. 産経ニュース. 2023年6月21日閲覧。
  28. ^ “鉄腕アトム”. 手塚治虫公式サイト. https://tezukaosamu.net/jp/anime/30.html 2016年5月3日閲覧。 
  29. ^ 妖怪人間ベム”. メディア芸術データベース. 2016年10月1日閲覧。
  30. ^ “ジェッターマルス”. 手塚治虫公式サイト. https://tezukaosamu.net/jp/anime/43.html 2016年5月3日閲覧。 
  31. ^ 宝島”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年5月11日閲覧。
  32. ^ “海底超特急マリンエクスプレス”. 手塚治虫公式サイト. https://tezukaosamu.net/jp/anime/56.html 2016年5月3日閲覧。 
  33. ^ “鉄腕アトム(1980年)”. 手塚治虫公式サイト. https://tezukaosamu.net/jp/anime/44.html 2016年5月3日閲覧。 
  34. ^ 手塚治虫物語 ぼくは孫悟空”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月20日閲覧。
  35. ^ “手塚治虫が消えた!? 20世紀最後の怪事件”. 手塚治虫公式サイト. https://tezukaosamu.net/jp/anime/152.html 2016年5月3日閲覧。 
  36. ^ a b 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、426頁。ISBN 4-87376-160-3 
  37. ^ 映画ニュース ベムたちが泣き叫ぶ激レアCMも収録!アニメ「妖怪人間ベム」がブルーレイボックスで登場”. MOVIE WALKER PRESS. 2022年6月12日閲覧。
  38. ^ “【話の肖像画】声優・清水マリ(1)「アトムに魂…」と喜んだ手塚治虫”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年10月12日). http://www.sankei.com/entertainments/news/151012/ent1510120003-n1.html 2018年4月28日閲覧。 
  39. ^ “【話の肖像画】声優・清水マリ(2)「ミテレコ」に悪戦苦闘”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年10月14日). https://www.sankei.com/article/20151014-DOABHOJ3GBONJEL7VVIXIAF77U/ 2018年4月28日閲覧。 
  40. ^ “【話の肖像画】声優・清水マリ(3)出産降板で「声違う」と局に殺到”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年10月15日). https://www.sankei.com/article/20151015-VIO5S5FVHROU5OWTQBKZDIEC4A/ 2018年4月28日閲覧。 
  41. ^ “【話の肖像画】声優・清水マリ(4)アトムに込められた警鐘”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年10月16日). https://www.sankei.com/article/20151016-IFUSRA3YMNO5BLVBXCCLASI4IU/ 2018年4月28日閲覧。 

外部リンク

編集