メインメニューを開く

清水 一幸(しみず かずゆき)は、フジテレビ編成制作局ドラマ制作センター所属のドラマプロデューサー[1]埼玉県浦和市(現さいたま市)出身。

目次

来歴・人物編集

埼玉県立浦和西高等学校を経て、上智大学理工学部化学科卒業。1996年朝日放送[2]に入社し、2005年フジテレビに移籍。

編成制作局ドラマ制作センターのプロデューサーとして活躍後、2013年1月編成制作局編成部に異動。

2014年再び編成制作局ドラマ制作センターに異動[3]

2016年6月にFODを運営する総合事業局コンテンツ事業センターコンテンツデザイン部に異動となり、企画担当部長に就任。現在、同局コンテンツ事業室企画担当部長。

プロデュースした『最高の離婚』で2013年日本民間放送連盟賞[4]番組部門 テレビドラマ番組 最優秀賞、ギャラクシー賞第50回 テレビ部門 選奨[5]、第76回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞・作品賞などを受賞している。

また翌年放送の『最高の離婚Special 2014』は東京ドラマアウォード2014で作品賞〈単発ドラマ部門〉優秀賞を受賞。

のだめカンタービレ』『CHANGE』『最高の離婚[6][7]問題のあるレストラン[8]が代表作。

FODでは、オリジナルドラマ『パパ活』や『花にけだもの』、『彼氏をローンで買いました』、『ポルノグラファー』などのヒット作を企画・プロデュースしている。

担当したドラマ編集

フジテレビ編集

BeeTV編集

dTV×FOD編集

FOD×Netflix編集

出典編集

外部リンク編集