メインメニューを開く

清水 信次(しみず のぶつぐ、1926年4月18日 - )は、日本実業家である。株式会社ライフコーポレーション代表取締役会長兼CEO(最高経営責任者)。日本スーパーマーケット協会および国民生活産業・消費者団体連合会(生団連)会長。

しみず のぶつぐ
清水 信次
生誕 (1926-04-18) 1926年4月18日(93歳)
日本の旗 日本 三重県
出身校 旧制 大阪貿易語学校
職業 経営者、実業家

人物編集

三重県津市生まれ。両親は大阪市・天満で乾物、缶詰、青果などを販売する食料品店を営んでいた[1]。旧制大阪貿易語学校(現在の開明中学校・高等学校)卒業。

食品スーパーマーケットライフ」を興し、売上高4,700億円という日本最大の食品スーパーマーケットチェーンを一代で築いた。中内功鈴木敏文岡田卓也らとともに戦後の流通業界を牽引した人物である。現在も業界の重鎮として知られており、新聞雑誌に多数登場。講演活動も行い、数多くの提言・発言を行っている。

生い立ち編集

学校を卒業した翌年である1944年昭和19年)、陸軍に入隊して中国に出征した。このときの戦友には、後に不動産会社秀和を起こしてバブル期には世界有数の富豪となった実業家、小林茂がいた。小林との関係は小林が2011年平成23年)に死去するまで続き、秀和が1980年代後半に行った流通株買占めの背景にも清水と小林との関係が関与した。

日本の敗戦に伴って1945年昭和20年)、清水が戻った大阪は一面の焼け野原となっていた。当時19歳だった清水は、生き延びるため闇市食品を売ったが、これ以降清水は終生食品流通・販売に携わることになった。1946年、大阪市天満に15坪の店舗兼自宅を構え、家業の食品卸売業 「清水商店」を継いで代表となった。東京のアメ横で買い占めた占領軍の横流し物資を大阪で販売しはじめ、東京大阪を行き来するうちにGHQと直接取引するようになった[1]

貿易関連事業編集

1950年昭和25年)、朝鮮戦争が始まると、貿易の増加による物流需要の拡大を予測し単身上京。パイナップルバナナの輸入業で利益を上げ、「パインちゃん」の異名をとる。又この仕事を通じて蓮舫の父で台湾人バナナ貿易商を営んでいた謝哲信と知り合い、家族ぐるみの交友を深めた[1]。現在も台湾財界人に知己が多い。

1954年昭和29年)、同志社大学を卒業した弟清水三夫が清水商店に入社し支配人となる。1955年には謝らとバナナを輸入するための組合「日本バナナ輸入協会」などを設立[1]。同年財閥解体令が廃止され、次第に財閥商社が復権したため、競合する貿易業から新事業への転換を図り[1]、食品スーパーを創業した。

ライフ・コーポレーション編集

1956年昭和31年)、清水商店を母体に株式会社清水実業を設立し代表取締役社長となる。欧米視察をもとに、1961年にライフストア(現、ライフコーポレーション)を設立し代表取締役社長に就任。三夫が専務となる。バナナの輸入業を続けながら10年がかりで10店舗まで増やし、以降軌道に乗る[1]1982年昭和57年)2月 ライフコーポレーション株式上場を機に、社長職を三夫に譲り代表取締役会長となる。

1986年昭和61年)、日本チェーンストア協会会長に就任。また、同年に藍綬褒章を受章している。1988年昭和63年)3月、三夫が取締役に退いたため社長を兼務。1999年平成11年)には、日本スーパーマーケット協会を設立して初代会長に就任した。1993年から2006年まで国策研究会の理事長、2012年から2015年までは会長を務めた[2]

2006年平成18年)3月 三菱商事からライフコーポレーションに出向していた岩崎高治を代表取締役社長兼COOとし、自身は代表取締役会長兼CEOとなった。

80歳を超えてもなお現役の企業経営者である。自分が現役で働ける限り働き、子息などに世襲はしない意向であるという。

論客として編集

1986年昭和61年)の第3次中曽根内閣売上税構想に反対。テレビ番組に出演するなど売上税反対の陣頭に立ち、世論を盛り上げる。

1987年昭和62年)4月に放送が始まったテレビ朝日系討論深夜番組朝まで生テレビ!」に出演している。

2000年平成12年)、第26回経済界大賞特別賞受賞。

国政への意欲編集

2001年平成13年)、自由党党首(当時)小沢一郎の要請を受け、「最後のご奉公」と第19回参議院議員通常選挙自由党候補として比例代表区から立候補した。結果は落選であったが、自由党第4位として当選した大江康弘(得票43,801)とは僅差の第5位(43,027票)の次点であった。

この際、自由党4議席目は全議席確定直前まで当選者が決まらず、開票速報を一晩中見守った。翌日昼頃テレビ各局は大江に当選確実を出し、大江は「最後の当選確実者」となった。清水は落選が決まり、記者に心境を問われると「(やっと当選者が)決まってよかった」とのみ述べ、午後から本業に戻った。その後2007年平成19年)まで繰り上げ当選の可能性を有したものの、政治活動はしていなかった。

2009年平成21年)12月、民主党の参議院議員選挙比例代表第1次公認候補に内定し、83歳にして再び国会を目指すことになった。これを受けて2010年平成22年)7月に行われた第22回参議院議員通常選挙に比例代表区から立候補したが、結果は再び落選であった。

戦争体験とアジア観編集

清水は、折に触れて自身の戦争体験を語っている。

天皇内閣総理大臣閣僚らの靖国神社公式参拝を求めており、これを非難する中国韓国北朝鮮に対し「外国にとやかく言われる筋合いは無い」と反発していた。ただし、その後、著書『さらばアメリカ』においては中曽根政権時からの靖国参拝について批判的に書いている。

また、長らく台湾財界人との交流があり、台湾を支持していたが、近年は台湾への言及は無く、もっぱら中華人民共和国への言動が目立つ。

清水は岸信介が1969年昭和44年)に創立した日韓協力委員会の理事長を設立当初より続けている。2009年平成21年)6月には、韓国政府から修交勲章光化章を受章した[3]。 さらに、長年幹部を務める日韓協力委員会に比する団体として、日中協力委員会設立に向け2007年平成19年)8月以来、当日の中国の王毅駐日大使と会談を重ね、日本と中国の協力団体設立を実現する方向で約束をしたことを著書で述べている。また、日中協力委員会の設立には残りの人生すべてを賭ける覚悟とも述べた[4]

ビジネスにおいては、ヤオハンなど同業他社の中国等への進出も少なくないが、清水は「大東亜戦争の敗北によって、満州朝鮮日本人資産はことごとく失ってしまった。そういう歴史を見ているので進出はしない」と述べており、ライフの海外出店は行わない方針である。また周辺諸国との商慣行の相違にも注意を促している。

私生活編集

清水は、剣道六段教士である。

現職編集

  • 株式会社ライフコーポレーション代表取締役会長兼CEO(最高経営責任者)
  • 株式会社華屋与兵衛前代表取締役会長
  • 日本スーパーマーケット協会会長
  • 社団法人全国スーパーマーケット協会名誉会長
  • 日本チェーンストア協会常務理事(元会長)
  • 日本小売業協会常任理事
  • 国民生活産業・消費者団体連合会会長(初代)
  • 財団法人国策研究会理事長(元会長)
  • 税制国民会議議長
  • 日韓協力委員会副会長
  • 中内学園流通科学大学 理事

著書編集

テレビ出演編集

家族・親族編集

  • 清水三夫(弟) 株式会社ライフコーポレーション相談役(元社長)・株式会社ライフフーズ代表取締役会長・ライフエステート代表取締役会長・ライフビューティー代表取締役会長・財団法人ライフスポーツ振興財団名誉会長(兼理事)
  • 清水京子(姪。三夫の娘) 声楽家

外部リンク編集

脚注編集


先代:
中原功
亀井淳
日本チェーンストア協会会長
第6代:1986年 - 1988年
第23代:2011年 - 2018年
次代:
高丘季昭
小濵裕正
先代:
土方清
日本小売業協会会長
第8代:2015年 - 2019年
次代:
野本弘文