メインメニューを開く

清水健太

日本のサッカー選手

清水 健太(しみず けんた、1981年9月18日 - )は、千葉県出身のプロサッカー選手Jリーグカマタマーレ讃岐所属。ポジションはゴールキーパー。愛称はシミケン。

清水 健太 Football pictogram.svg
名前
愛称 シミケン
カタカナ シミズ ケンタ
ラテン文字 SHIMIZU Kenta
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-09-18) 1981年9月18日(38歳)
出身地 千葉県松戸市
身長 184cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 カマタマーレ讃岐
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2006 柏レイソル 5 (0)
2005-2006 モンテディオ山形 (loan) 48 (0)
2007-2014 モンテディオ山形 239 (0)
2015- カマタマーレ讃岐 125 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

市立松戸高校卒業後の2000年柏レイソルに入団。柏時代は南雄太が正GKとして定着していたこともあり、出場機会は少なかった。

2005年4月、柏からモンテディオ山形(当時J2)へレンタル移籍。その年の第40節、当時の正GK桜井繁の退場処分を受け、途中出場。以降、最終節までゴールマウスを守った。

2006年シーズンは第6節からスタメン出場。以降、正GKとして活躍している。2007年から2009年とリーグ戦3年連続フル出場を果たし、2008年シーズンは平均失点0点台を達成するなど山形の守護神として定着し、J1昇格に貢献。昇格後も正GKとしてチームのJ1残留に貢献したが、2011年植草裕樹の控えに甘んじ、後半戦ではレギュラーに復帰したが4年ぶりのJ2降格となってしまった。

2012年は、植草が退団したため正GKとして全試合フル出場を果たしたが1年でのJ1昇格はならなかった。2013年もレギュラーとして迎えたが自身のミスもあって開幕2連敗を喫し、その後は新加入の常澤聡にポジションを譲った。2014年は、常澤等を抑え開幕から全試合フル出場を続けていたが、5月31日の第16節大分トリニータ戦で試合中に負傷し、右膝半月板損傷と診断された[1]。6月20日付けで登録から抹消され[2]、7月18日付けで追加登録された[3]。その後、山岸範宏が加入し正GKに収まると控えは兼田亜季重が務めたため、一気に第3GKまで転落した。

2015年、カマタマーレ讃岐へ完全移籍[4]

2017年5月21日、第15節のザスパクサツ群馬戦で、史上31人目となるJ2リーグ通算300試合出場を達成した[5]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2000 21 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2001 0 0 0 0 0 0 0 0
2002 0 0 0 0 0 0 0 0
2003 3 0 1 0 2 0 6 0
2004 2 0 1 0 0 0 3 0
2005 0 0 0 0 - 0 0
山形 27 J2 5 0 - 1 0 6 0
2006 21 43 0 - 1 0 44 0
2007 1 48 0 - 1 0 49 0
2008 42 0 - 1 0 43 0
2009 J1 34 0 4 0 0 0 38 0
2010 32 0 0 0 3 0 35 0
2011 18 0 1 0 0 0 19 0
2012 J2 42 0 - 1 0 43 0
2013 7 0 - 0 0 7 0
2014 16 0 - - 16 0
2015 讃岐 42 0 - 1 0 43 0
2016 42 0 - 1 0 43 0
2017 37 0 - 0 0 37 0
2018 41 0 - 0 0 41 0
2019 J3 -
通算 日本 J1 89 0 7 0 5 0 101 0
日本 J2 365 0 - 7 0 372 0
日本 J3 -
総通算 454 0 7 0 12 0 473 0

脚注編集

関連項目編集