メインメニューを開く

清水 勇人(しみず はやと、1962年〈昭和37年〉3月25日 - )は、日本政治家埼玉県さいたま市長(3期)、元埼玉県議会議員(2期)。

清水 勇人
しみず はやと
Hayato Shimizu (清水勇人).jpg
生年月日 (1962-03-25) 1962年3月25日(57歳)
出生地 日本の旗 埼玉県戸田市
出身校 日本大学法学部政治経済学科
前職 土屋品子衆議院議員秘書
埼玉県議会議員
所属政党自由民主党→)
無所属
称号 法学士
公式サイト さいたま市長 清水勇人 絆ネットワーク ホームページ

Flag of Saitama, Saitama.svg 第3・4・5代 さいたま市長
当選回数 3回
在任期間 2009年5月27日 - 現職

選挙区 南第6区(見沼区
当選回数 2回
在任期間 2003年4月30日 - 2009年3月26日
テンプレートを表示

来歴編集

埼玉県戸田市生まれ。その後旧大宮市(現西区水判土)、中学時代からは旧浦和市(現浦和区常盤緑区中尾)で過ごし、結婚後は見沼区に居住している。さいたま市立植水小学校明治学院中学校・明治学院東村山高等学校卒業。

日本大学法学部政治経済学科在学中、タイの難民キャンプでボランティアに従事したのをきっかけに、世界各国の紛争地域を回る。日大法学部卒業後、松下政経塾に入塾し、1988年(昭和63年)に卒塾(第7期生)。1995年(平成7年)4月、埼玉県議会議員選挙に上尾市選挙区から立候補したが、落選。その後、土屋品子衆議院議員公設第一秘書を務める。

2003年(平成15年)4月、埼玉県議会議員選挙に自由民主党公認で南第6区(見沼区選挙区)から立候補し、同区でトップ当選を果たした。県議時代は、拉致議連幹事を務める。2007年(平成19年)に再選されたが、2009年(平成21年)2月、自民党を離党し、さいたま市長選挙への出馬を表明。翌3月26日、埼玉県議会議員を辞職した。

1期目編集

2009年(平成21年)5月24日投開票のさいたま市長選挙で、清水は渡辺喜美江田憲司らが結成した国民運動体 日本の夜明け(後のみんなの党)の推薦を受けた他、独自候補の擁立を断念した民主党の埼玉県連の支持を受け、無所属で出馬。民主党埼玉県連代表の枝野幸男埼玉県第5区選出)が選挙対策本部長に就任し選挙対策を取り仕切った。

現職の相川宗一さいたま市長は、自民党埼玉県連と公明党埼玉県本部の推薦を得て、3選を目指して無所属で出馬。民主党埼玉県連幹事長の武正公一埼玉県第1区選出)は、これまでの選挙で相川の支援を受けていたため、清水の積極的な支援は行わなかった。同じ県連に所属する国会議員が別々の候補を支援する分裂選挙の様相を呈した。

この他、自民党を離党し、衆議院議員を辞職して2005年(平成17年)の市長選挙に続いて出馬した中森福代、旧大宮市長の新藤享弘の支援を受けた前さいたま市議の候補者、日本共産党が推薦する元埼玉県議の松下裕土屋義彦埼玉県知事の特別秘書をかつて務め、2001年(平成13年)の市長選挙に続いて出馬した候補者の総勢6人が立候補した[1]

民主党はこのさいたま市長選挙を第45回衆議院議員総選挙の前哨戦に位置づけ、党本部推薦候補並みの支援体制を敷いて清水を支援。小沢一郎民主党代表の辞任を受けて就任した鳩山由紀夫代表が就任後初の地方遊説を行った他、菅直人前原誠司名古屋市長河村たかしら、民主党幹部らが頻繁に選挙応援に入った。清水は次点の相川を大差で破り、初当選。投票率は42.78%[2]。5月27日、さいたま市長に就任[3]2010年(平成22年)12月21日地域政党埼玉改援隊」を設立し[4]、代表に就任したが、活動の形骸化が指摘され2012年に解散。

2期目編集

2013年(平成25年)5月19日投開票のさいたま市長選挙に再選を目指して出馬[5]。前回の市長選では民主党の支援を受けたのに対し、特定政党の支援を受けず、埼玉県議時代の先輩議員で自民・公明両党が推薦した候補者、前さいたま市議で2001年(平成13年)の市長選挙に続いて出馬した吉田一郎、元岩槻市議で共産党が推薦した候補者ら3人の新人候補を破り、再選を果たした。投票率は37.98%で、これはさいたま市長選において2番目に低い投票率であった[6]。在任中には、活用方法が迷走していたさいたま新都心8-1A街区にさいたま赤十字病院および埼玉県立小児医療センターを移転させた一方、8年前から公約に掲げている埼玉高速鉄道岩槻駅延伸は実現できなかった。また、採算性に問題があるとされたさいたまトリエンナーレなどの赤字イベント岩槻人形博物館着工などのハコモノ重視の市政が2期目では目立ち、税金の浪費や職員の残業問題を巡って市議会等では参考人招致が行われるなど議論が活発化した[7][8]

3期目編集

2017年さいたま市長選挙民進党の支援を受けて出馬し[9]、初の女性市長を目指す元衆議院議員中森福代や、地区労組協議会の前島英男と選挙戦を戦った[10]。前回に引き続き埼玉高速鉄道線の延伸のほか、大宮駅浦和駅周辺の再開発推進、さいたま市立病院の建て替え、認可保育所の増設によって待機児童の解消を図ることの必要性を訴えた[11]

5月21日に投開票が行われ、民進党の支持層や無党派層に加え、候補者の擁立を見送った自民党の内選挙前に自民党より離反した旧大宮市系の自民真政の支持層からも支持を集め、203,953票を獲得し3選(中森は63,200票、前島は53,971票)[9]。なお、投票率は過去最低の31.44%(前回比6%下落)に終わった[12]

旧大宮市域からの支持を背景に、選挙中には「(浦和を含む)二都心四副都心の開発」を掲げていた方針を選挙後に翻し、当選当日より「大宮駅周辺を重視する」方針を宣言、大宮駅グランドセントラルステーション化構想や大宮駅周辺の都市再生緊急整備地域指定、大宮駅周辺だけで7地区の再開発推進など旧大宮への大規模な開発が顕著となった。

しかし大宮駅西口にMICEを誘致する目玉公約については、収益性に課題があり断念した。また、市庁舎を大宮区内に移転するかしないかについても一定の方向性を決めるとしているが、合併当時からの懸案事項である、旧浦和市と旧大宮市の「将来の市役所の位置」に関する対立に踏み込むことになり、浦和駅周辺地区の将来像や開発スケジュールに関して、全く具体策を示していないことも影響して、浦和・岩槻地区を地盤とする自民党市議団や浦和地域無所属議員との対立構造が激化している。

なお支持基盤層であった民進党は、2018年(平成30年)までに国民民主党立憲民主党に分かれ、市議会の会派としては分裂していないものの、大宮地域の全ての議員が立憲民主党に入党し、浦和地域の多くの議員が国民民主党に入党することで政党勢力としては分裂している。

脚注編集

  1. ^ さいたま市長に清水氏=民主、政令市選2連勝時事通信・2009年5月24日)
  2. ^ “民主支援の清水氏初当選 さいたま市長選”. 47NEWS 共同通信. (2009年5月24日). http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009052401000650.html 2013年9月27日閲覧。 
  3. ^ “さいたま市 絆”行動記録(初登庁)5月27日 (水)
  4. ^ http://www.saitama-np.co.jp/news12/22/02.html
  5. ^ “さいたま市長選告示、現新4人が立候補届け出”. 読売新聞. (2013年5月5日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20130505-OYT1T00160.htm 2013年5月7日閲覧。 
  6. ^ “さいたま市長に清水氏再選=自公推薦の新人ら破る”. 時事通信. (2013年5月20日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013051900233 2013年5月20日閲覧。 
  7. ^ 初の「トリエンナーレ」閉幕 問われる「あり方」 開催意義に疑問の声も - 東京新聞2016年12月14日
  8. ^ トリエンナーレ残業問題、関係者ら参考人招致 さいたま市長「重く受け止める」 - 東京新聞2016年10月28日
  9. ^ a b “さいたま市長選 現職の清水氏が3回目の当選”. NHK. (2017年5月22日). オリジナルの2017年5月22日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/uQ01B 2017年5月22日閲覧。 
  10. ^ “元自民衆院議員・中森さんが出馬表明 さいたま市長選”. 東京新聞. (2017年2月8日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201702/CK2017020802000180.html 2017年2月9日閲覧。 
  11. ^ “清水はやと マニフェスト2017”. (2017年5月10日). http://www.shimizu-hayato.jp/pdf/policy/170510_manifesto2017_summry_fix.pdf 2017年5月24日閲覧。 
  12. ^ “さいたま市長選 現職の清水勇人氏が3選果たす”. 朝日放送. (2017年5月22日). https://www.asahi.co.jp/webnews/ann_s_000101285.html 2017年5月22日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集