メインメニューを開く

清水厚(しみず あつし、1964年 - )は、日本の映画監督山梨県出身。

実相寺昭雄監督に師事し助監督として『ウルトラQ・ザ・ムービー』『屋根裏の散歩者』等に参加。 1997年『ねらわれた学園』で劇場映画デビュー。同年TVシリーズ『エコエコアザラク』を演出。 以後映画『蛇女』を始め、日常に垣間見る非日常をモチーフに、狂気とノスタルジー漂う異世界を創り続けている幻想映画作家。夏目漱石『ユメ十夜』『ナナとカオル』など。2019年8月にはTV番組「パニパニパイナ!」のステージショー[1]で作・演出を務める。

人物編集

ジュヴナイルSF、NHK少年ドラマシリーズファン

角川スニーカー文庫『ねらわれた学園』の解説の中で、眉村卓氏との出会いと共にジュヴナイルSFとは『児童文学に近いファンタジーで、アルバムをめくっているようなSF』『空想と思い出は似たもので存在しない思い出づくり』とジュヴナイルSFへの思いを記している

フォトグラフ編集

角川文庫の米澤穂信「氷菓」以下、古典部シリーズの文庫装丁写真も清水監督によるもの

主な作品編集

映画編集

テレビ編集

ビデオ編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  • 角川スニーカー文庫「ねらわれた学園」解説