メインメニューを開く

清水 喜一郎(しみず きいちろう、1924年5月10日 - 1964年2月28日)は、東京都出身のプロ野球選手二塁手遊撃手)。

清水 喜一郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1924-05-10) 1924年5月10日
没年月日 (1964-02-28) 1964年2月28日(39歳没)
身長
体重
164 cm
56 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手
プロ入り 1946年
初出場 1946年7月19日[1]
最終出場 1947年9月11日[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

京王商業学校(現・専修大学附属高等学校)在学中は、1941年第27回全国中等学校優勝野球大会日中戦争悪化により中止)東京府大会で準優勝[3](決勝で帝京商業学校〔現・帝京大学中学校高等学校〕に0-14で大敗)。翌1942年戦時下の甲子園大会に出場した(初戦で、この大会優勝の徳島商に延長14回の激闘の末、1-2で惜敗)。京王商業時代のチームメイトに貫井丞治がいる。京王商卒業後は、貫井と共に明治大学でプレーした。

1946年、貫井、大下弘と共に明治大学出身者を獲りたいチーム方針から、セネタースに入団した。同年7月19日パシフィック戦(西宮球場)でデビューした[1]。打撃面ではやや難があったが、守備で活躍。「ペンギン」のあだ名で、飄々としたプレーで人気を博した。当時選手兼任監督だった苅田久徳との二遊間は「鉄壁の内野」と謳われたが、本人は苅田の名プレーに自信喪失気味だったと伝わる[4]1947年シーズン終了後、現役引退した。

引退後は、世田谷区太子堂ネクタイ店「神崎商店」に勤務した。その後、ネクタイの外商、宝石商を営むがいずれも失敗し、1964年2月28日玉川上水入水自殺した。39歳没。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1946 セネタース
東急
59 202 168 15 31 1 2 0 36 11 4 5 5 -- 27 -- 2 28 -- .185 .305 .214 .519
1947 52 165 147 4 28 5 1 0 35 8 1 3 2 -- 16 -- 0 16 -- .190 .270 .238 .508
通算:2年 111 367 315 19 59 6 3 0 71 19 5 8 7 -- 43 -- 2 44 -- .187 .289 .225 .514
  • セネタースは、1947年に東急(東急フライヤーズ)に球団名を変更

背番号編集

  • 21 (1946年 - 1947年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集