メインメニューを開く

清水 康之(しみず やすゆき、1972年2月11日[1] - )は、東京都生まれ、埼玉県出身の日本社会運動家NPO法人ライフリンク創設代表。元NHKディレクター

略歴編集

1972年、東京都に生まれる。高校1年次に中退して渡米し、レイクワシントン高等学校を卒業。国際基督教大学教養学部に進学し、姜尚中に師事。卒業後、1997年に日本放送協会に就職し、ディレクターとなる(初任地はNHK札幌放送局)。

2000年、あしなが育英会を取材し、クローズアップ現代「お父さん死なないで~親の自殺 遺された子供たち~」を製作。

2004年にNHKを退職、支援者を繋げるためライフリンクを設立する。2006年に署名活動を行い10万筆を集め、自殺対策基本法成立に結実。2009年に内閣府参与就任。

著書編集

共著編集

出演編集

映画編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.263

参考文献編集

  • 『「自殺社会」から「生き心地の良い社会」へ』(上田紀行との共著、講談社、2010年)

外部リンク編集