メインメニューを開く

清水 望(しみず のぞむ、1924年大正13年)11月15日 - 2014年平成26年)12月3日 )は、日本法学者早稲田大学名誉教授

内村鑑三の弟子・清水繁三郎の子として長崎県長崎市に生まれる。1948年早大政経学部政治学科卒、助手、講師助教授、1960年教授。1970年「西ドイツの政治機構」で早大政治学博士。1995年定年退任、名誉教授。妻の義弟が松澤弘陽

目次

著書編集

  • 『西ドイツの政治機構 ボン基本法体制の成立とその展開』成文堂、1969
  • 『北欧デモクラシーの政治機構 議会主義体制の形成と展開』成文堂、1974
  • 『国家と宗教 ドイツ国家教会法の再構成とその展開』早稲田大学出版部、1991
  • 『東欧革命と宗教 体制転換とキリスト教の復権』信山社出版、1997
  • 『平和革命と宗教 東ドイツ社会主義体制に対する福音主義教会』冬至書房、2005

共編著編集

  • 『君主国における君主の地位と権能』小林昭三共著 憲法調査会事務局、1959
  • 『比較憲法講義』編 青林書院新社 青林講義シリーズ、1972

翻訳編集

  • ラーニッド・ハンド『権利章典 アメリカ最高裁判所の違憲審査について』牧野力共訳 日本評論新社、1960
  • M.R.コンヴィッツ『信教の自由と良心』滝沢信彦共訳 成文堂、1973
  • L.ウルフ=フィリップス『比較憲法論』渡辺重範共訳 早稲田大学出版部、1976 現代政治学入門講座
  • G.ライプホルツ『現代政党国家』渡辺重範共訳 早稲田大学出版部、1977 政治理論叢書
  • C.J.フリードリヒ『比較立憲主義』渡辺重範、大越康夫共訳 早稲田大学出版部、1979
  • E.コリンスキー編『西ヨーロッパの野党』監訳 行人社、1998

記念論集編集

  • 『憲法における制度と思想 清水望先生還暦記念』小林昭三編 成文堂、1984
  • 『憲法における欧米的視点の展開 清水望先生古稀記念』小林昭三ほか 成文堂、1995

参考文献編集

  • 『人事興信録』1995年版