メインメニューを開く

清水 絵美(しみず えみ、1990年12月21日 - )は、日本の元カーリング選手。中部電力カーリング部所属。中部電力用地部勤務。

No image.svg 清水絵美 Curling pictogram.svg
Emi Shimizu
基本情報
出生国 日本の旗 日本
出身地 長野県北佐久郡軽井沢町
生年月日 (1990-12-21) 1990年12月21日(28歳)
チーム
所属 中部電力
オリンピック
4人制
出場大会
  • なし
世界選手権
4人制
出場大会  
最高成績 7位 *引退後のリザーブ登録
パシフィックアジア選手権
4人制
出場大会
最高成績 22位 銀メダル (2012)
日本選手権
4人制
1位 優勝
  • 6回
    • 2011
    • 2012
    • 2013
    • 2014
    • 2017
    • 2019*
    *引退後のリザーブ登録
 
獲得メダル
パシフィックアジア選手権
2012 ネーズビー 4人制
太平洋アジア 金 0 銀 1 銅 0
2019年7月9日現在
テンプレートを表示

目次

経歴編集

長野県北佐久郡軽井沢町出身。3歳で初めて氷に乗る。7歳の時に軽井沢町で行われた1998年長野オリンピックカーリング競技の大会ボランティアを父が務めたこともあり、10歳だった兄・清水徹郎と共に試合を観戦し、本格的に競技を始める[1]

2009年市川美余藤澤五月、佐藤美幸とともに同年創部された中部電力カーリング部のメンバーとなる[2]

市川美余の引退後はサードのポジションを引き継ぎ、主将としてもチームを引っ張った。

2017年にリザーブのポジションとなり、2018年に現役を引退。現在はチームのマネージャーを務めている[3](ただし、大会では現在もリザーブとして登録されることがある)。

人物・プレースタイル編集

  • 特技は人の顔と名前を覚えること[4]
  • 好きな食べ物は白米と鶏のから揚げ[4]
  • SC軽井沢クラブに所属する兄・清水徹郎[5]、軽井沢CCに所属する弟・清水芳郎[6]はどちらもカーリング選手である。
  • 現役時代は力強いスイープが持ち味で、安定感のあるショットを課題として挙げていた[7]

成績編集

日本代表編集

クラブチーム編集

脚注編集

外部リンク編集