メインメニューを開く

清水 英克(しみず ひでかつ、1965年9月24日 - )は、日本中央競馬会美浦トレーニングセンターに所属している調教師

清水英克
Hidekatsu-Shimizu20100115.jpg
2010年シンザン記念表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県市川市
生年月日 (1965-09-24) 1965年9月24日(54歳)
所属団体 JRA
初免許年 2005年(2006年開業)
経歴
所属 石栗龍雄/厩務員(1984.4 - 1984.11)
石栗龍雄/調教助手(1984.11 - 1993.2)
土田稔/調教助手(1993.3 - 2004.7)
大久保洋吉/調教助手(2004.7 - 2004.9)
土田稔/調教助手(2004.10 - 2005.2)
美浦T.C.(2005.3 - )
テンプレートを表示

来歴編集

当初は騎手を目指したが、体格が大きくなりすぎて厩務員に路線変更をした。

土田稔厩舎で厩務員と調教助手を務め、2005年2月に調教師試験に合格し、調教師免許を取得。

前田禎調教師の死去に伴い、旧前田厩舎の一部を引き継ぐ形で厩舎を開業[1]。管理馬の初出走は2006年1月22日、中山競馬第8競走のマイネルグロッソ(12着)。

初勝利は同年の4月16日、中山競馬第1競走のブンブンブン(のべ32頭目の出走だった)[2]

2010年1月10日ガルボシンザン記念を制し、重賞初勝利。また、同レースを関東馬が制したのは史上初[3]。翌11日にはコスモネモシンフェアリーステークスに優勝し、2006年音無秀孝調教師以来(日経賞リンカーン、その翌日に高松宮記念オレハマッテルゼで優勝)となる同一週2日連続で重賞を制覇した[4]

2012年8月26日、新潟競馬第3競走をフォースライトで制し、中央競馬通算100勝を達成[5]

調教師成績編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2006年1月22日 1回中山8日8R 4歳上500万下 マイネルグロッソ 16頭 5 12着
初勝利 2006年4月16日 3回中山8日1R 3歳未勝利 ブンブンブン 10頭 3 1着
重賞初出走 2006年11月5日 5回東京2日11R アルゼンチン共和国杯 トレオウオブキング 14頭 11 7着
GI初出走 2009年12月20日 5回中山6日11R 朝日杯FS ガルボ 16頭 12 4着
重賞初勝利 2010年1月10日 1回京都3日11R シンザン記念 ガルボ 16頭 4 1着

おもな管理馬編集

  • ガルボ(2010年シンザン記念、2012年東京新聞杯、ダービー卿チャレンジトロフィー、2014年函館スプリントステークス
  • コスモネモシン(2010年フェアリーステークス、2013年新潟記念)

脚注編集

  1. ^ 清水英克、中川公成調教師が新規開業へ”. netkeiba.com. 2017年7月24日閲覧。
  2. ^ 清水英克調教師、JRA初勝利”. netkeiba.com. 2017年7月24日閲覧。
  3. ^ “【シンザン記念】ガルボ完勝!クラシック参戦も”. スポーツニッポン (Sponichi Annex). (2010年1月11日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2010/01/11/kiji/K20100111Z00001510.html 2017年7月24日閲覧。 
  4. ^ “【フェアリーS】新星誕生!ネモシン“快挙”V”. スポーツニッポン (Sponichi Annex). (2010年1月12日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2010/01/12/kiji/K20100112Z00001380.html 2017年7月24日閲覧。 
  5. ^ “清水師 新潟3RのフォースライトでJRA通算100勝達成”. スポーツニッポン (Sponichi Annex). (2012年8月27日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2012/08/27/kiji/K20120827003981910.html 2017年7月24日閲覧。 

関連項目編集