メインメニューを開く

清水 英次(しみず えいじ、1947年12月14日 - 2005年7月5日)は、京都府京都市出身の元騎手

叔父は元調教師の清水茂次。

目次

経歴編集

1965年馬事公苑短期騎手課程に第4期生として受講し、1967年阪神佐藤勇厩舎所属の騎手としてデビュー。同年にデビューした者には岡部幸雄柴田政人伊藤正徳らがいる[1]。2年目の1968年は病気で全く騎乗することができないなど苦労したが、牝馬として史上初の年度代表馬を受賞するトウメイと出会ってから成績が安定し、20~30勝の勝ち星を挙げる中堅上位騎手となる。1978年にはテンメイに騎乗して史上初の天皇賞母仔制覇を成し遂げ、1982年には関東馬のリーゼングロスに騎乗して桜花賞を制覇。このほかメジロモンスニーなどでの活躍が知られている。晩年は騎乗回数こそ減少したものの、デビュー間もない厩舎期待の若駒に騎乗してレースを教えるなど、自らの熟練の技術を生かした騎乗を行い、「英次の脚決めが終わった」という言葉があった。

しかしながら、1994年4月23日の阪神競馬場での競走中に落馬し、頸部損傷の重傷を負う。全治は3か月という診断であったが、予後が思わしくなく、結局復帰することはできずに1996年6月13日をもって騎手を引退した。以後は長らくリハビリ生活を続けていたが、怪我の影響によって、2005年7月5日に57歳で死去した。

優駿1988年4月号の記事によると「世間ではトウメイの清水と言われているが、俺はメジロモンスニーの清水と言われて欲しかった」と語っている。

通算成績編集

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 550 568 505 3,946 5,569 .099 .201
550 568 505 3,946 5,569 .099 .201
  • 初騎乗:1967年3月4日ノルニオー(6着) 
  • 初勝利:1967年3月5日ライリキ
  • 重賞競走23勝(うちGI級競走4勝)

主な騎乗馬編集

※括弧内は清水騎乗による優勝重賞競走。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ ただし、清水は短期騎手課程を修了後、騎手試験に合格した騎手であり、長期騎手課程を修了してこの年にデビューした、いわゆる「馬事公苑花の15期生」とは、騎手になるまでの過程が異なる