メインメニューを開く
 
清水谷実業
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 慶安元年3月4日1648年4月26日
死没 宝永6年9月10日1709年10月12日
官位 正二位権大納言
主君 霊元天皇東山天皇
氏族 堀氏三条西家清水谷家
父母 父:堀親昌
母:浄心院(三条西実条の娘)
養父:三条西公勝清水谷公栄
兄弟 堀親貞実業
養兄弟:三条西実教押小路公音
広橋綏光
雅季小倉有季[1]、石子[2]
テンプレートを表示

清水谷 実業(しみずだに さねなり)は、江戸時代前期から中期にかけての公卿歌人官位正二位権大納言

経歴編集

信濃飯田藩主・堀親昌の子として誕生。母方の叔父である三条西公勝の養子として三条西家で育つ。25歳の時、公勝の次男で清水谷家を継いだ従兄の公栄の養嗣子となる。

元禄元年(1688年)、霊元院から和歌てにをは口伝を受け、中院通茂武者小路実陰と共に霊元院歌壇の中心的な歌人の一人として活躍した。

狂歌をよくした。蕃山四天王の一人でもある。

作品・著書には元禄15年(1702年)の百首歌、宝永2年(1705年)の到着百首歌、寛文12年(1672年)の『高雄紀行』などがある。

脚注編集

  1. ^ 小倉熙季の養子
  2. ^ 中御門天皇典侍

関連項目編集