メインメニューを開く
清水長郷

清水 長郷(しみず ながさと、1888年明治21年)3月7日[1] - 1961年昭和36年)12月9日[2])は、日本の衆議院議員政友本党立憲民政党)。ジャーナリスト

目次

経歴編集

岡山県後月郡芳井村に長花利平の二男として生まれ、清水宗勝の養子となった[3]1908年(明治41年)、早稲田大学政治経済科を卒業した[1]。岡山県農会雑誌編集主任、『国民新聞』記者、『読売新聞』経済部長、『東京朝日新聞』経済部長を歴任し[3]、また神田銀行調査部長を務めた[4]

1924年大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第17回衆議院議員総選挙でも再選を果たした。

その他に民政社理事[5]、国政調査会理事長[1][3]、東京貿易会館社長などを務めた[2]

著書編集

  • 『北方観察』(1918年、南北社出版部)
  • 『農村財政』(1925年、日本評論社)

脚注編集

  1. ^ a b c 『早稲田大学紳士録』p.414
  2. ^ a b 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』
  3. ^ a b c 『大衆人事録』
  4. ^ 『衆議院要覧 大正十三年十二月』
  5. ^ 『衆議院要覧 昭和五年十二月』

参考文献編集

  • 『衆議院要覧(乙) 大正十三年十二月』衆議院事務局、1924年。
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和五年十二月』衆議院事務局、1930年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 早稲田大学紳士録刊行会編『早稲田大学紳士録』早稲田大学紳士録刊行会、1939年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。