日本 > 群馬県 > 前橋市 > 清野町

清野町(きよのまち)は、群馬県前橋市の地名。郵便番号は370-3574[2]。面積は0.44km2(2013年現在)[4]

清野町
群馬県立前橋西高等学校
群馬県立前橋西高等学校
清野町の位置(群馬県内)
清野町
清野町
北緯36度25分15秒 東経139度0分13秒 / 北緯36.42083度 東経139.00361度 / 36.42083; 139.00361
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 群馬県旗 群馬県
市町村 前橋市の旗 前橋市
面積
 • 合計 0.44km2
人口
2017年(平成29年)8月31日現在)[1]
 • 合計 516人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
370-3574[2]
市外局番 027[3]
ナンバープレート 前橋

地理編集

前橋市の西部、榛名山の東南麓に位置する。ほぼ平坦地で東南に緩やかに傾斜している。町内の西側は榛東村である。

歴史編集

江戸時代からの地名は「野良犬村」を称した。はじめは安中藩領、天平2年幕府領元禄4年旗本酒井氏領、元禄16年幕府領、安政元年御三卿清水家領、文久元年から幕府領。明治元年岩鼻県、明治2年前橋藩管下となる。

年表編集

  • 1889年4月1日 町村制施行により、周辺の青梨子村、上青梨子村、池端村と合併し野良犬村は、清里村となる。
  • 1896年4月1日 郡の統合(西群馬郡と片岡郡の統合)により清里村は群馬郡に所属する。
  • 1955年1月20日 新高尾村の一部とともに清里村は前橋市へ編入する。その際、清里村の「清」と旧村名で清里村の大字だった野良犬の「野」を合わせ前橋市清野町となる。

地名の由来編集

現在の地名の由来は前述のとおりだが、1955年以前の野良犬という地名は、狼が多くの字を分けて野良犬と称したという。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)8月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
清野町 207世帯 516人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校
全域 前橋市立清里小学校 前橋市立第六中学校

交通編集

鉄道編集

鉄道駅がない。

バス編集

道路編集

国道はなく、県道群馬県道25号高崎渋川線群馬県道161号南新井前橋線が同町を通っている。

施設編集

出典編集

  1. ^ a b 人口及び世帯数 - 町別住民基本台帳人口表”. 前橋市 (2017年9月5日). 2017年9月15日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 第2章 人口 - 前橋市 2016年02月15日閲覧。
  5. ^ 前橋市立小学校・中学校通学区域”. 前橋市 (2017年4月24日). 2017年9月16日閲覧。

参考文献編集

  • 角川日本地名大辞典 10 群馬県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1988年7月8日(日本語)。ISBN 4-04-001100-7