メインメニューを開く

清野 茂樹(きよの しげき、1973年8月6日 - )は、日本のフリーアナウンサーである。主にプロレス総合格闘技など様々な格闘技の実況アナウンサーとして活動している。

きよの しげき
清野 茂樹
プロフィール
愛称 キヨアナ
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
生年月日 (1973-08-06) 1973年8月6日(46歳)
最終学歴 青山学院大学文学部教育学科
勤務局広島エフエム放送アナウンサー
活動期間 1996年 -
ジャンル スポーツ実況・バラエティ番組
出演番組・活動
出演中 真夜中のハーリー&レイス

来歴・人物編集

兵庫県神戸市出身。古舘伊知郎の実況に憧れ、実況アナウンサーを志し、青山学院大学を卒業した1996年広島エフエム放送(HFM)に入社。当時のあだ名は「シゲ」「シゲッツ」など。

プロレス好きが高じて、1998年には大槻ケンヂを迎えた『プロレスワンダーランド』で日本民間放送連盟の優秀賞を受賞。[1]2003年4月23日には広島サンプラザ新日本プロレスのFM実況を務めると、本格的にプロレスの実況へ進むため、2005年12月31日をもってHFMを退社。[2]退社直前にはTHE HIGH-LOWSの活動を休止したばかりの甲本ヒロトを迎えて、特別番組『プロレスワンダーランド2005』を放送している。

HFM退社後は上京し、フリーアナウンサーとなる。

2006年4月よりFIGHTING TV サムライ新日本プロレスの実況のほか、DEEP、パンクラスなど総合格闘技の実況、2010年にはスカパー!ペイ・パー・ビューK-1DREAMの全12大会で実況を始める。2013年6月よりFOXスポーツ&エンタテインメント(FOX bs238)で生中継が始まったUFCを、2015年7月5日にはJ SPORTSで生中継されたWWE日本公演を実況し、メジャー3団体を実況した最初のアナウンサーとなった。キックボクシングや総合格闘技のほかにボクシング大相撲空手まであらゆる格闘技をひとりで実況し、日本一格闘技を実況するアナウンサーとも言われている。2016年にAbemaTVの格闘チャンネルがサービス開始すると、ONE ChampionshipRISEシュートボクシングを実況している。特に那須川天心の試合を数多く実況しており、2019年6月22日にはボクシングルールで実現した那須川天心VS亀田興毅の試合を実況した。

ラジオパーソナリティーとしては、2010年4月より、アール・エフ・ラジオ日本のトーク番組『真夜中のハーリー&レイス』のパーソナリティを務めている。

プロレス格闘技の入場テーマにも造詣が深く、2006年10月に発売された入場テーマ曲を集めたコンピレーションCD「格闘魂 バーニングハート〜アンセム・フォー・ファイターズ」(BMG JAPAN)を担当。また、2009年10月にNHK-FMで放送された『今日は一日プロレス・格闘技テーマ曲三昧』の楽曲監修も務めた。その知識とコレクションをまとめた著書に『1000のプロレスレコードを持つ男』がある。バラエティ番組での実況も多く、TBSテレビ水曜日のダウンタウン』では、ミックスルール対決など人気企画の実況で登場する。古舘伊知郎のトーキングブルースからの影響もあり、2016年10月6日に講談師神田松之丞と共演したのをきっかけに実況を演芸として表現する「実況芸」を開始している[3]

エピソード編集

  • フリーアナウンサーにもかかわらず、地上波で実況することが多い。
  • 小学生の頃から古舘伊知郎の実況をラジカセに録音し、ノートに書いて暗唱していた。中学時代はヤンキーの自宅で開催されるプロレスで実況役だったという。[4]
  • 青山学院大学在学中はプロレス研究会を作ってトークショーの司会で活躍。校内で最も大きな教室を満員にした。[6]
  • プロレスの実況をやろうとして何も仕事が決まっていないまま広島エフエム放送(HFM)を退職して上京したため、フリーアナウンサーになった直後は無職だった[7]
  • プ女子ブームに早くから目をつけて、2014年8月に新日本プロレスと共同で女性向けのプロレスガイドブック『もえプロ♡』を出版している。真壁刀義とスイーツを食べる会やオカダ・カズチカとちゃんこを食べる会など女子会イベントを企画した[9]

フリー転向後の出演番組編集

テレビ編集

インターネットテレビ編集

WEBドラマ・動画編集

  • ももドラ momo+dra (第5話 2011年12月24日、テレ朝動画、2012年2月4日劇場公開)DJ役
  • ジョシデカ!-女子刑事-ウェビソード(2007年、TBS BooBo BOX)-ニュースキャスター役

BS編集

CS編集

ラジオ編集

ウェブラジオ編集

  • オトナの自由時間 銀座BODYSLAM BOYS(2013年6月15日 - 2016年8月26日、sora×niwa銀座)不定期レギュラー

映画編集

  • 亜人(2017年、監督:本広克行)-レポーター役
  • トーナメント(2012/08/10、監督:西冬彦)- DVD特典試合実況


HFM在職時の出演番組編集

書籍編集

  • 「真夜中のハーリー&レイス (大人のプロレス入門)(2012/12/15、河出書房新社)
  • 「もえプロ 女子のための"萌える"プロレスガイドブック」(2014/8/22、パルコ)- イラスト・能町みね子
  • 「もえプロ♡スペシャル オカダ・カズチカ(2015/4/13、パルコ)- イラスト・能町みね子[10]
  • 「もえプロ♡スペシャル 中邑真輔」(2015/8/24、パルコ)- イラスト・能町みね子[11]
  • 「もえプロスペシャル 棚橋弘至」(2016/2/25、パルコ)- イラスト・能町みね子
  • 「1000のプロレスレコードを持つ男」(2017/3/24、リットーミュージック[12]
  • 「コブラツイストに愛をこめて 実況アナが見たプロレスの不思議な世界」(2018/8/24、立東舎)

脚注編集

  1. ^ 清野茂樹 (2017年3月24日). 1000のプロレスレコードを持つ男 清野茂樹のプロレス音楽館. 立東舎. 
  2. ^ 清野茂樹 (2018年8月24日). コブラツイストに愛をこめて 実況アナが見たプロレスの不思議な世界. 立東舎. 
  3. ^ 実況王・清野茂樹さんに、訊いてみた。後編「清野さん、実況を演芸に、その野望は?」”. 神田松之丞オフィシャルサイト. 2018年11月15日閲覧。
  4. ^ 「週刊文春」編集部. “プロレス実況・清野茂樹「古舘伊知郎さんの実況を暗記していたあの頃」”. 文春オンライン. 2019年1月9日閲覧。
  5. ^ 清野茂樹 (2012年12月14日). 真夜中のハーリー&レイス 大人のプロレス入門. 東京キララ社. 
  6. ^ ラジカセで録音、暗記した古舘節…「コブラツイストに愛をこめて」著者・清野茂樹アナに聞く【前編】”. 2018年11月13日閲覧。
  7. ^ ハローワークから3大メジャー実況へ…「コブラツイストに愛をこめて」著者・清野茂樹アナに聞く【後編】”. スポーツ報知. 2018年11月15日閲覧。
  8. ^ フリーアナウンサー・清野茂樹先生に学ぶ「プロレスで覚える暗記学」!”. 2016年1月24日閲覧。
  9. ^ 吉祥寺キチムにて『第3回もえプロ♡女子会〜オカダ・カズチカと塩ちゃんこを食べる会〜』が開催!! オカダ選手のエプロン姿に大興奮!?”. 新日本プロレスオフィシャルサイト. 2015年6月13日閲覧。
  10. ^ “女性向けプロレスガイドブック「もえプロ」にオカダ・カズチカ選手の特別版”. マイナビ (マイナビニュース). (2015年3月25日). http://news.mynavi.jp/news/2015/03/25/032/ 2017年3月19日閲覧。 
  11. ^ “プロレスは萌えの領域へ 『もえプロ♡スペシャル 中邑真輔』がヤバい”. カイユウ (KAI-YOU). ( 2015.08.26). http://kai-you.net/article/20304 2017年3月19日閲覧。 
  12. ^ “あなたのプロレス愛が賞品に換わるッ!『1000のプロレスレコードを持つ男』Twitterキャンペーン”. 耳マン (リットーミュージック). (2017年3月17日). https://33man.jp/article/002779.html 2017年3月19日閲覧。 

外部リンク編集