メインメニューを開く

済信(さいじん・せいじん、天暦8年1月30日954年3月7日) - 長元3年6月11日1030年7月14日))は、平安時代中期の真言宗。父は左大臣源雅信敦実親王という説もある)。真言院僧正・北院大僧正・仁和寺僧正・観音院僧正とも称される。

雅慶に師事して真言密教を学び、法相教学も兼習している。989年永祚元年)寛朝灌頂を受け、権律師に任じられた。以後、東大寺別当勧修寺長吏東寺長者法務を歴任している。1019年寛仁3年)大僧正に至り翌1020年(寛仁4年)として初めての牛車宣旨をうけた。灌頂大会や修法の導師を多くつとめ、1027年万寿4年)には藤原道長の葬儀における導師を勤めた。弟子(付法)に延尋性信入道親王念縁賢尋永照らがいる。