メインメニューを開く

済北郡

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

済北郡(濟北郡、せいほく-ぐん)は、中国にかつて存在した漢代以前から隋代にかけて、現在の山東省北西部と河北省南東部にまたがる地域に設置された。

概要編集

済北郡はの三十六郡に含まれていないが、姚鼐王国維が秦代に済北郡が置かれていたとする説を唱えており、譚其驤がこれを批判している[1]

紀元前206年項羽により田安が済北王に封じられ、済北国が置かれた[2]紀元前201年高帝6年)、前漢により劉肥が斉王に封じられ、膠東郡膠西郡臨菑郡・済北郡・博陽郡城陽郡の73県を封邑とされた[3]紀元前178年文帝前2年)、東牟侯劉興居が済北王に封じられ、済北国が置かれた。紀元前177年(文帝前3年)、済北王劉興居が反乱を起こして敗死すると、済北国は廃止されて、済北郡にもどされた[4]紀元前164年(文帝前16年)、安都侯劉志が済北王に封じられ、済北国が置かれた[5]紀元前86年始元元年)、済北王劉寛が呪詛の罪で自殺すると、済北国が廃止され、泰山郡に編入された[6]

90年後漢永光2年)、和帝の弟の劉寿が済北王に封じられ、泰山郡が分割されて、済北国が置かれた[7]。済北国は兗州に属し、蛇丘肥成茌平の5県を管轄した[8]

曹魏のとき、陳王曹植の子の曹志が済北王に封じられ、済北国が置かれた[9]

西晋のとき、済北国は盧・臨邑・東阿・穀城・蛇丘の5県を管轄した[10]

五胡十六国前燕のとき、慕容泓が済北王に封じられた[11]前秦のとき、苻昶が済北王に封じられた[12]

南朝宋のとき、済北郡は蛇丘・盧・穀城の3県を管轄した[13]

北魏のとき、済北郡は済州に属し、臨邑・東阿・盧の3県を管轄した[14]

583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、済北郡は廃止されて、済州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、済州は済北郡と改称された。盧・范・陽穀・東阿・平陰・長清・済北・寿張・肥城の9県を管轄した[15]

621年武徳4年)、徐円朗を平定すると、済北郡は済州と改称され、済北郡の呼称は姿を消した[16]

脚注編集

  1. ^ 辛徳勇「秦始皇三十六郡新考」
  2. ^ 史記』項羽本紀
  3. ^ 漢書』高帝紀下
  4. ^ 『史記』孝文本紀
  5. ^ 『漢書』諸侯王表
  6. ^ 『漢書』淮南衡山済北王伝
  7. ^ 『後漢書』孝和孝殤帝紀
  8. ^ 後漢書』郡国志三
  9. ^ 三国志』任城陳蕭王伝
  10. ^ 晋書』地理志上
  11. ^ 『晋書』慕容儁載記
  12. ^ 『晋書』苻登載記
  13. ^ 宋書』州郡志一
  14. ^ 魏書』地形志二中
  15. ^ 隋書』地理志中
  16. ^ 旧唐書』地理志一