メインメニューを開く

渉成園(しょうせいえん)は、京都府京都市下京区にある真宗大谷派の本山・真宗本廟(東本願寺)の飛地境内地。東本願寺の東方約150メートルに位置し、ほぼ200メートル四方の正方形をなす。面積3.4ヘクタール。西は間之町通、東は河原町通、北は上珠数屋町通、南は下珠数屋町通に接する。

渉成園
SyoseienBoukakaku.jpg
「傍花閣」
所在地 京都府京都市下京区下数珠屋町通間之町東入東玉水町
位置 北緯34度59分29秒
東経135度45分47.6秒
宗旨 浄土真宗
宗派 真宗大谷派
寺格真宗本廟」飛地境内地
創建年 承応2年(1653年
別称 枳殻邸
公式HP 東本願寺・参拝のご案内「渉成園」
渉成園の位置(京都市内)
渉成園
渉成園
東本願寺
東本願寺
京都駅
京都駅
京都盆地における位置
テンプレートを表示
侵雪橋

名称は、中国六朝時代の詩人陶淵明の「園日渉而成趣」の詞にちなむ。また、周囲に枳殻(カラタチ)が植えてあったことから、「枳殻邸」(きこくてい)とも通称される。

昭和11年(1936年)12月、国の名勝に指定される。

概要編集

9世紀末に嵯峨天皇の第12子・源融が奥州・塩釜の風景を模して作庭した六条河原院の故地とされる。付近に今ものこる塩竈町や塩小路通などの地名は、その名残りという。

寛永18年(1641年)、徳川家光から東本願寺に寄進される。

承応2年(1653年)、石川丈山によって書院式回遊庭園として作庭される。

以後、近世・近代を通じて門首の隠退所や外賓の接遇所として用いられるなど、東本願寺の飛地境内地として重要な機能を果たした。また、延宝6年(1678年)から宝暦4年(1754年)の間は、西隣に接して東本願寺の学寮大谷大学の淵源)が置かれた。

園内には、全敷地の6分の1を占める広大な印月池をはじめとする頼山陽撰の十三景が広がり、大書院の閬風亭や、漱枕居・縮遠亭・代笠席の3茶室、第二十一代嚴如(大谷光勝)[1]の持仏堂であった園林堂等、瀟洒な諸殿舎が点在する。殿舎内部には、石川丈山や狩野永納、棟方志功等の作品が残る。

庭園は作庭時の姿を残すが、安政5年(1858年)・元治元年(1864年)の2度の罹災により焼失する。現在の殿舎は、慶応元年(1865年)から明治初期までに再建されたもの。7000㎡を超える広い池は「印月池」といい、古くは高瀬川の水が引かれていた。明治に入り琵琶湖疏水が開通すると、東本願寺の火防噴水用に蹴上から専用の鉄管で疎水の水がひかれ、この水が渉成園にも引き込まれた[2]

年間を通じて一般に公開されており、東本願寺で行われる諸行事等の際には、種々の催しの会場として用いられている。

参観料編集

「参観協力寄付金」として、500円以上の懇志を募る。

志納した参観者には、『渉成園ガイドブック』が贈呈される。

開園時間編集

【3月〜10月】9:00~17:00(参観受付は、16:30まで)

【11月〜2月】9:00〜16:00(参観受付は、15:30まで)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 嚴如…旧字体が正式表記。「厳如」と新字体で表記する場合もある。
  2. ^ 「渉成園の歴史」『造園の歴史と文化』86-128ページ

参考文献編集

  • 中村一『造園の歴史と文化』(京都大学造園学研究室編) 養賢堂 昭和62年

関連項目編集

外部リンク編集