メインメニューを開く

渋川 万寿丸(しぶかわ まんじゅまる)は、室町時代後期の武士。実名は不明。

 
渋川万寿丸
時代 室町時代後期
生誕 応仁2年(1468年
死没 長享元年(1487年
墓所 福岡県那珂川市市ノ瀬
氏族 渋川氏
父母 父:渋川教直
兄弟 政実万寿丸尹繁和是
テンプレートを表示

室町幕府九州探題渋川教直の子として誕生。文明11年(1479年)、父・教直が死去し、既に兄・政実も没していたため、家督を継ぐ。

長享元年(1487年)、少弐政資によって居城の肥前国綾部館を攻められて、筑前国亀尾城へ逃亡するが、そこで家臣に裏切られて殺害された。享年20。

出典編集

  • 『阿蘇家文書』( 第26巻-1 刊本285号 渋川万寿丸書状)
先代:
渋川教直
九州探題
1479年 - 1487年
次代:
渋川尹繁