渋川 政実(しぶかわ まさざね)は、室町時代中期から後期にかけての武士

 
渋川政実
時代 室町時代中期 - 後期
生誕 宝徳元年(1449年
死没 文明7年(1475年
戒名 永林寺春渓宗芳
官位 相模
氏族 渋川氏
父母 父:渋川教直
兄弟 政実万寿丸尹繁和是
テンプレートを表示

略歴編集

宝徳元年(1449年)、室町幕府九州探題渋川教直の嫡男として誕生。の「政」の字は、8代将軍足利義政より偏諱を受けたものである。応仁年間に父・教直が筑後国犬塚城を築城するとそこを居城として筑後の動向を見守ったが、教直に先立って文明7年(1475年)に同城で没する。享年27。

一説に天文年間に姪浜で戦死した渋川尭顕の父とも祖父ともされる。

出典編集