メインメニューを開く

渋川流(しぶかわりゅう)は、渋川伴五郎義方が開いた柔術の流派である。系統によって異なるが、柔術以外居合剣術、その他の武器術も含む系統もある。

渋川流
しぶかわりゅう
発生国 日本の旗 日本
発生年 江戸時代
創始者 渋川伴五郎義方
源流 関口新心流
派生流派 広島藩伝澁川流、渋川一流
  

概論編集

母体である関口流(関口新心流)とともに江戸時代に最も広まった柔術流派のひとつである。義方自身は渋川流を称せず「関口流」を名乗っていたこともあって、母体である関口流と混同されることもある。(「関口正統渋川流」等とも名乗った。また初期の江戸の渋川家の渋川流は、関口新心流と内容の多くが共通する)

関口流同様、この流派から分かれた流派は多い。主なものに井澤長秀が開いた関口流抜刀術(肥後流居合)、岩本儀兵衛が開いた転心流平山行蔵が開いた忠孝心貫流などがある。

渋川家の最後の伝承者(第9代)である渋川英元が昭和20年(1945年)に伝承を断念したため、渋川家の系統は失伝している。

系譜編集

本家渋川流

  • 渋川伴五郎義方
    • 渋川友衛門胤親/弓場弾右衛門政賢
      • 渋川伴五郎資矩
        • 渋川伴五郎時英
          • 渋川伴五郎輔元/加藤浜次郎
            • 渋川伴五郎英中/岩堀浜次郎
              • 渋川伴五郎英實
                • 渋川伴五郎玉吉
                  • 渋川英元
              • 後藤清兵衛
              • 野村綱
          • 宮崎儀右衛門儀満(渋川一流
          • 山口志兵衛
          • 平山行蔵
    • 井澤長秀 (関口流抜刀術)

現存する支流編集

広島に幕末に浅山一伝流難波一甫流を学んだ首藤藏之進満時が創始された渋川一流井澤長秀が開いた関口流抜刀術などがある

広島藩伝澁川流編集

広島藩伝澁川流
発生国   日本
発生年 江戸時代
創始者 森島求馬勝豊
源流 澁川流
主要技術 柔術、棒術、剣術、居合、薙刀術、
小太刀、十手、鉄扇、鎖鎌、乱捕
公式サイト

澁川流柔術誠心館道場

澁川流躰術立禅会
伝承地 大阪府
  

広島藩伝澁川流とは、渋川伴五郎の弟子森島求馬勝豊が渋川流に他流の技術を研究し取り入れたものなので、名称は同じだが内容は異なる。 概論で記載したように渋川本家では失伝した。渋川流として活動しているのは広島藩で伝えられた系統のみであるが、この系統は難波一甫流などの広島で伝えられていた他流の影響を受け、独自の内容に変化している。

歴史編集

森島求馬勝豊は、渋川伴五郎から渋川流を学び、さらに他流の技術を研究し取り入れて創始した。

そのため、名は澁川流だが本家の関口正統渋川流から派生した全く異なる流儀である。

明治時代に、大山善太郎正勝大阪の柴島に誠心館道場を開いたことにより、現在は大阪で伝承されている。

この系統では、柔術以外に剣術居合薙刀術棒術十手術鎖鎌術など数多くの武器術を伝承し、独自の乱捕稽古を伝承している事でも知られる。
現在、この系統の渋川流は大阪府兵庫県で伝承されている。大阪府警察の逮捕術の教官や機動隊の教官は、この系統の渋川流を研修している。

全国に広まった流儀であり、昭和中ごろまで各地で道場があった記録があるので、この系統以外に渋川流の伝承はまだ存在する可能性がある。

広島藩伝の系譜編集

  • 森島求馬勝豊
  • 森島愛之助勝与
  • 新見基次郎範延
  • 川村多久蔵知之
  • 大山善太郎正勝
  • 住永清親清澄
  • 住永為次郎教勝
  • 住永博武継
    • 古川鉄美国幸
      • 水田益男武幸
        • 吉野明嗣
    • 佐竹俊典

その他編集

脚注編集

  1. ^ 中里介山 『日本武術神妙記』 角川ソフィア文庫 2016年 p.305.

関連項目編集

外部リンク編集