メインメニューを開く

渋川 直頼(しぶかわ ただより)は、南北朝時代武将渋川氏5代当主。

 
渋川直頼
時代 南北朝時代
生誕 建武2年(1335年
死没 正平11年/延文元年7月17日1356年8月13日
改名 幸王丸(幼名)→直頼
別名 通称:太郎
官位 中務大輔
幕府 室町幕府
主君 足利直義尊氏義詮
氏族 渋川氏
父母 父:渋川義季、母:北条朝房[1]
兄弟 幸子足利義詮正室)、直頼
正室:高師直
義行
養子:尊頼(義宗)吉見氏からの養子)

略歴編集

建武2年(1335年)、4代当主・渋川義季の長男として誕生。同年、父・義季が中先代の乱で戦死したため、幼児の身で渋川家当主となった。元服の際は足利直義偏諱を受けて直頼と名乗る。

中務大輔に任官すると足利方の武将として従軍した。やがて幕府内部の抗争である観応の擾乱が勃発すると、直義方からその兄・足利尊氏方の武将に転ずる。その後は観音寺城で直義方と合戦を行ったり、一時は京都守護になるなど尊氏方の武将として活躍したようだが、間もなく記録から姿を消す。

系図纂要』によると正平11年7月17日に没したとされる。享年22。跡を嫡男・義行が継いだ。備後国御調郡に所領を得たとされ、これが子孫の備後守護へと繋がっていく。

脚注編集

出典編集